月別: 2017年9月

『「タッキー&翼」活動休止正式発表 2人が希望「成長して戻ってきたい」解散はせず』 ~ ヤフーユーザーの意見まとめ

 ジャニーズ事務所は3日、スポニチ本紙既報通り、アイドルユニット「タッキー&翼」がデビュー15周年を迎えた今月から活動を一時休止することをファクスで正式発表した。期間は明かされなかったが、理由は前向きで、それぞれがスキルアップし「成長してタッキー&翼に戻ってきたい」という2人の希望を事務所サイドが受け入れた形。解散はしないという。滝沢秀明(35)は「この判断が間違っていなかったと後に思えるように今後も頑張りたいと思います」、今井翼(35)は「この節目を新たな契機として、初心にかえる様な気持ちで芸道と向き合いたいと思います」と直筆メッセージで心境を明かした。

 デビュー15周年イヤーにあたる今年、タキツバとしての活動は極端に少なかった。8月にフジテレビの歌番組「FNSうたの夏まつり」に揃って出演したが、コンサートは昨年1月の正月公演以来、行っていない。CDは一昨年12月のミニアルバム「TRIP&TREASURE TWO」以降、リリースしていなかった。

 この日のファクスでも、ジャニーズ事務所は「この数年はタッキー&翼として良いパフォーマンスをご披露できず、どのように活動することが良いか話し合いを重ねて参りました」と活動方針を模索していたことを明かし「最終的に2人でこのまま継続するよりも、一度グループ活動を休止し、それぞれがスキルアップを目指した個人活動に専念することで成長してタッキー&翼に戻っていきたいという本人たちからの希望を受け入れることといたしました」と今回の決断に至った理由と経緯を説明した。

 ファンには「この休止期間は2人が成長するために必要だとご理解いただき、引き続き、温かく見守っていただけましたら幸いでございます」と呼び掛けた。

 2人は1995年の同じ日にジャニーズ事務所に入った同期。ジャニーズJr.時代、ともにリーダー格として活躍したが、ジャニー喜多川社長は滝沢のソロデビューを検討。滝沢が「2人でやりたい」と今井を指名し、タキツバが結成された。

 2014年に今井がメニエール病でコンサートを休演した際には、1人で出演した滝沢が照明や立ち位置を今井ありきで敢行。あくまで2人の公演にこだわる演出を貫いた。お互いの誕生日にはパーティーを開き合うこともあるなど、仲のいいコンビとして知られた。

続きを読む

「タッキー&翼」今月から活動休止、方向性の違い 解散はせず 《解散、理由、方向性》

 ジャニーズ事務所のアイドルユニット「タッキー&翼」が今月から活動を休止することが2日、分かった。期間は不明。ユニット活動に対する方向性の違いなどが理由だ。解散はないという。今月11日に迎えるデビュー15周年を前に、2人でじっくりと話し合った末に結論を出した。

 タキツバが重大な決断を下した。

 活動休止に入るのは今月。期間は不明だが、解散については「ないと聞いている」(テレビ局関係者)。活動再開も視野に入れた前向きな選択のようだ。期間中も個々の活動は続ける。

 決断の背景にあるのは「2人の間にユニット活動に対する方向性の違いが出てきたこと」(同関係者)という。滝沢秀明(35)は歌手、俳優、タレントとしてだけでなく、演出家としても活躍。後輩の育成を手掛けるプロデューサー的な一面もあり、エンターテイナーとしてマルチな才能を発揮している。一方、今井翼(35)は運動神経抜群でジャニーズの中でもダンスを得意とする一人。海外で修業を積むなど、ダンスへのこだわりは強い。

 テレビ局関係者は「才能あふれる2人だけに、ユニット活動に対する意見や考え方もいろいろとあったのでしょう」と指摘。少なくとも3カ月以上前からタキツバの将来について話し合った末に、活動休止という結論に至った。

 デビュー15周年イヤーにあたる今年、タキツバとしての活動は極端に少なかった。8月にフジテレビの歌番組「FNSうたの夏まつり」にそろって出演したが、コンサートは昨年1月の正月公演以来、行っていない。CDは一昨年12月のミニアルバム「TRIP&TREASURE TWO」以降、リリースしていなかった。

 一方でソロ活動は充実。滝沢は6月公開の「こどもつかい」で映画初主演。今井は山田洋次監督が脚本・演出を手掛けた音楽劇「マリウス」(3月)に主演。フジテレビ系ドラマ「屋根裏の恋人」(6~7月)での熱演も話題になった。

 2人は95年の同じ日にジャニーズ事務所に入った同期。ジャニーズJr.時代、ともにリーダー格として活躍したが、ジャニー喜多川社長は滝沢のソロデビューを検討。滝沢が「2人でやりたい」と今井を指名し、タキツバが結成された。

 14年に今井がメニエール病でコンサートを休演した際には、1人で出演した滝沢が、照明や立ち位置を今井ありきで敢行。あくまで2人の公演にこだわる演出を貫いた。互いの誕生日にはパーティーを開き合うこともあるなど、仲のいいコンビとして知られた。

 ◆滝沢 秀明(たきざわ・ひであき)1982年(昭57)3月29日、東京都生まれ。95年、フジテレビ「木曜の怪談」で主演を務める。99年に松嶋菜々子とダブル主演したTBS「魔女の条件」で高視聴率を記録。05年にNHK大河ドラマ「義経」に史上最年少で主演。血液型A。

 ◆今井 翼(いまい・つばさ)1981年(昭56)10月17日、神奈川県藤沢市生まれ。04年に初のソロコンサートを開催。13年4月には、日本大学国際関係学部でジャニーズ初となる大学の特別講義を行った。野球やサッカーなどスポーツ好きとして知られる。血液型A。

続きを読む

『松本人志がツイート再開の“便乗タレント”宮迫を批判「腹立つ」』 ~ みんなの感想まとめ

 お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志(53)が3日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・0)に出演。お笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(47)がツイートを再開したことについて「腹立つ」と批判した。

 番組ではサッカー日本代表が8月31日のW杯アジア最終予選の豪州戦に勝利し、6大会連続6度目の本戦出場を決めたニュースを取り上げた。

 しかしサッカーにあまり興味のなさそうな様子の松本は、「僕が腹立つのはこういうサッカーで勝った時に便乗タレントがいるでしょ」と切り出すと、続けて「流れに乗っかって、このタイミングで宮迫がツイート再開するっていう。家族で見てたっていらんことまで、たぶん(家族で)見てないくせに」と猛批判。そこへ番組MCを務める東野幸治(50)が「松本警察の出動が早すぎるんですよ」とツッコミ、笑いを誘った。

 宮迫は8月31日、自身のツイッターに「ヤッターヤッタヤッタヤッタヤッタヤッタヤッタヤッタヤッタヤッターーーーサッカー日本代表全ての選手に、ありがとうーーーーーーーーーー」と投稿し、日本代表を祝福。松本は8月12日に「なんでやろ? 久しく宮迫のつぶやきがないなぁ~ なんかあったん… あーっ!」などと、宮迫の不倫騒動をイジるツイートを投稿していた。

続きを読む

ビートたけし 明大同期の星野仙一氏に後輩と勘違いされていた過去明かす 《時代、ボクら、フジテレビ系》

 明治大学OBのビートたけし(70)、星野仙一氏(70)、松尾雄治氏(63)の3人が3日、フジテレビ系「ボクらの時代」(日曜、前7・00)に出演し、同窓生トークを繰り広げた。

 たけしはかつて星野氏が、同期生のたけしを後輩だと勘違いしていたエピソードを披露。それを星野氏が知ってから呼び名が「たけし」から「たけしくん」に変わったと明かした。

 たけしは「星野さんは俺のことを後輩だと思っていたんだよ」と話題を振ると、現在は楽天野球団取締役副会長を務める星野氏は、「そうなんだよ、俺は1つ下だと思って“たけし”と呼んでいたんだよ。“おい、たけし”って呼んでいたんだけど、よう調べたら同級生だった」と振り返った。

 「そうしたらいきなり“たけしくん”になっちゃった」と笑ったたけしだが、実際は2人とも1947年1月生まれの同い年。たけしは「俺は昭和21年の早生まれなんだけど、星野さんは22年で後輩と思ったらしいんだけど、星野さんも21年の早生まれなんだよ」といきさつを説明していた。

 たけしは工学部機械工学科出身、星野氏は野球部、松尾氏はラグビー部で活躍した。

続きを読む

『阪神・横田、脳腫瘍が回復し帰寮 「必ず復活して、甲子園で走り回る姿をみせたい」』 ~ ヤフーユーザーの意見まとめ

 阪神は3日、横田慎太郎外野手(22)が脳腫瘍による入院および加療を行い、順調に回復したため前日2日に鳴尾浜に帰寮したことを発表した。

 2月の沖縄・宜野座キャンプ中に頭痛を訴えて帰阪し、チーム本体を離脱していた。同日、横田は鳴尾浜寮内で取材に応じ、「これからの私の野球人生が、同じ病気を持つ人たちに、夢、感動を与えられるようなものにできるよう、がんばっていきたいと思います。少しずつ力をつけ、必ず復活して、甲子園で走り回る姿をみせたいと思いますので、これからもご声援お願いいたします」と力を込めた。

 昨季の3月25日、中日戦(京セラ)で「2番・中堅」でプロデビューを果たし、38試合に出場して打率・190、4打点の成績を残した。高い身体能力の持ち主で、将来の中軸候補として高い期待をかけられていた大器が病魔に打ち克ち、ようやくグラウンドに帰ってきた。今後は2軍本隊には合流せず、徐々に体を動かして状態をあげていく予定だ。

続きを読む

『【マクラーレン・ホンダ】モンツァで予選Q3進出も、アタック中にパワーを失う/F1イタリアGP』 ~ ヤフーユーザーの意見まとめ

マクラーレン・ホンダは、F1第13戦イタリアGPの2日目を次のように振り返った。

■フリー走行3回目:待つしかない状況

午前中にモンツァで行われたFP3は雨天となり、フリー走行というよりも、予選を前にマシンでコースの状況を確認するだけにとどまった。大雨による遅れが生じたため、予定終了時刻の15分前にようやくセッションが開始。それまではチームもドライバーも、コンディションを把握するためにコースに出て、最低1周は走行したいと思いながらも、コース上の雨水が引くのを待つしかない状況だった。

セッション開始後に、両ドライバーは状況確認のための走行を行った。必要なインストールチェックの前に、フェルナンド・アロンソはウエットタイヤで1周、ストフェル・バンドーンは2周を走行したものの、いずれのドライバーもラップタイムの計測は行わなかった。

■予選:長い中断・・・

予選を迎えるころには、雨は一層激しくなる。予定通り午後2時にセッションが始まったものの、すぐに走行不可能なほどのウエットコンディションとなり、開始から5分後には赤旗が出された。長い中断を挟んだあと、最終的に現地時間午後4時40分に予選が再開。その後は中断もなく3回のセッションを無事実施することができた。

■Q1:完ぺきな走行プラン

Q1では、両ドライバーが完ぺきな走行プランを実行し、路面が乾き始めると、ウエットタイヤからインターミディエイトタイヤに履き替える。バンドーンは10番手、アロンソは12番手に入り、2人そろってQ2に進出した。

■Q2:最後にすばらしい走行でQ3進出

アロンソは、グリッド降格ペナルティーにより、今日の予選結果にかかわらず、決勝のスターティングポジションがすでに決まっているため、Q2では終了間際に一度のみの走行を行った。アロンソは13番手だったが、明日は最後尾からスタートする。

一方のバンドーンは、コースのコンディションが変化した場合にそれを活かせるよう、それぞれ5周の長めのアタックを2回行い、最後にすばらしいラップを走行。Q3進出を果たした。

■Q3:速いタイムで走行中にパワーを失う

Q3では、バンドーンが再度トラックの状況をうまく読み取り、ウエットタイヤで同セッション唯一となり得る走行を開始した。Q2と同様に、コース上で走行を続け、コースのコンディションやポジションを活かす計画だった。

雨脚が強まるにつれて、コース上のマシンが増えて混雑していたにもかかわらず、バンドーンはいいリズムで走行。ただ残念ながら、1回目より速いラップを走行している際にパワーを失い、そのままピットインを余儀なくされ、そこでセッションを終えるかたちになった。

バンドーンの予選結果は10番手だったものの、レッドブルのマックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドがペナルティーを受けるため、決勝は8番手からスタートする。

続きを読む

【U-18野球W杯】米国に完敗の侍小枝監督、投手陣評価「あとは攻撃陣」 清宮「自分で崩れた」 『完封、0-4、米国代表』

 侍ジャパンU-18代表は2日(日本時間3日)、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のオープニングラウンド第2戦で前回王者の米国代表と対戦し、0-4と完封負けを喫した。これでオープニングラウンドは1勝1敗。小枝守監督は試合後、米国に対して「チーム力を上げている印象」と話し、黒星からの巻き返しを誓った。

 日本はこの日、先発の川端健斗(秀岳館)が2回に先制2ランを浴びるなど6回途中6安打6四球4失点ながら15三振を奪う力投。2番手の田浦文丸(秀岳館)も2回1/3を1安打5奪三振無失点、3番手の磯村峻平(中京大中京)も1回を無安打無失点3奪三振と好投を見せ、3投手で圧巻の23三振を奪った。

 一方、打線は相手投手陣の前に沈黙。初回1死一、二塁で4番の清宮幸太郎(早稲田実業)が二塁への併殺打に倒れると、9回を2安打無得点に封じられた。

 試合後、小枝監督は「点差以上に収穫があった」と振り返り、投手陣の力投を称えた。一方、「あとは攻撃陣がどういう風にするか。2年生の1本ずつ(藤原恭大=大阪桐蔭、小園海斗=報徳学園)では難しい」とした。また、前回大会で決勝で敗れている米国については「例年より投手陣がコントロールも良かった」と評し、「制球がいいし球威もある」、「チーム力を上げている印象」と警戒した。「ボールを打たないということ。ストライクヒットを徹底しないと。追い込まれてからだときつい」とも話した。

 4打数無安打に終わった主将の清宮は「完敗だった」、「自分でストライクゾーンを崩してしまっている。自分から崩れている」と振り返り、「自分たちの弱さ、何が足りないか、世界のトップがどれくらいなのか、今日でわかった。まだ試合は続く、もう1回1つずつ勝っていくしかない」と力を込めた。

続きを読む

平愛梨が妊娠、長友パパに!年明けイタリアで出産へ 「暮、おめでた、婚姻届」

 サッカー日本代表DF長友佑都(30=インテルミラノ)の妻でタレントの平愛梨(32)が妊娠していることが2日、分かった。今年1月29日に婚姻届を提出して約7カ月で、おめでたが明らかになった。長友と暮らすイタリアで出産するとみられる。日本代表は、W杯アジア最終予選試合地、サウジアラビアのジッダに到着した。

 関係者によると、平は妊娠5カ月前後で、すでにおなかがふっくらしているという。夫婦は初の子宝を授かったことを喜び、親しい人たちには妊娠を報告。出産予定日は来年1~2月ごろとみられる。日本ではなく、イタリアの病院で産む予定という。

 長友は2日夜、公式ブログを更新し、平のおなかを左手でやさしくなでている幸せオーラに満ちたツーショット写真をアップし、妻の妊娠を発表した。連名で「この度、W杯出場に続き、嬉しい報告があります! 妻である愛梨のお腹に愛すべき大切な命を授かりました。お腹の子供が無事に産まれて来てくれるように妻をサポートしていきます!」とした。そして「これからは今まで以上に責任と喜びを胸に、そして産まれてくる子供に会える期待を抱き歩んでいきます」と決意を記した。

 昨年6月に交際が一部で報じられた後、長友は、平のことを「アモーレです。イタリア語で『愛する人』という意味」と語り話題に。同12月の結婚会見で長友は、平のことを「何をやらせても早くて身体能力が高い。子ども(の誕生)も楽しみ」とベビーを待ちわびていた。子どもの人数を聞かれると「11人。サッカーチームができるくらいほしい」。平もすぐに「大歓迎です!」と応じていた。

 先月31日、日本がサッカーW杯本大会出場を決め、長友がFW浅野拓磨の先制点をアシストする活躍をみせたオーストラリア戦を、平は埼玉スタジアムの観客席から、おなかの赤ちゃんと一緒に見つめていたことになる。

続きを読む

世界柔道、最重量級の2人が早々と敗退 原沢は初戦で【小野寺五典、日本、日本の核武装論】

 柔道の世界選手権第6日は2日、ブダペストで男女3階級があり、男子100キロ超級でリオデジャネイロ五輪銀メダルの原沢久喜(日本中央競馬会)が初戦の2回戦で敗退した。同級の王子谷剛志(旭化成)も3回戦で敗退。最重量級の2人が早々に姿を消した。男子100キロ級は2連覇を目指した羽賀龍之介(同)が2回戦負け。初出場のウルフ・アロン(東海大)は決勝に進み、銀メダル以上が確定した。女子78キロ超級の朝比奈沙羅(東海大)も準決勝に進出。

 1日の第5日は女子70キロ級で新井千鶴(三井住友海上)が優勝した。女子78キロ級で2連覇を狙った梅木真美(ALSOK)は決勝に進んだが、銀メダル。4回目の出場となる佐藤瑠香(コマツ)は準決勝で敗れ、3位決定戦でも負けた。

続きを読む

「ひよっこ」でも存在感 島崎遥香が引っ張りだこの理由 「ひよっこ、朝ドラ、放送中」

 アイドルっぽくなく、やる気のなさが売りのAKB48の元メンバー、島崎遥香(23)がなぜかモテモテ――。

 ぱるるは現在、放送中の朝ドラ「ひよっこ」では有村架純演じるヒロインみね子が勤めるレストラン「すずふり亭」の娘を演じている。また、先月まで放送されていたNHKドラマ10「ブランケット・キャッツ」でも動物病院の看護師役を演じていた。さらに「ひよっこ」終了後の10月からはディーン・フジオカ、武井咲共演の「今からあなたを脅迫します」(日本テレビ系)に出演が決まっている。

 AKB48時代、握手会などでのそっけない対応を“塩対応”と呼ばれてきたが、ドラマではその“不思議キャラ”をいかんなく発揮し、女優として開花しそうだ。ぱるるが受けるのはなぜなのか。

「一部でぱるるの演技をヘタとか、ふてくされ過ぎと酷評する向きもありますが、本人にしてみれば狙い通りでしょう。そもそも役者は存在感が重要な要素。言い方を変えれば目立ってナンボです。最近は若手に演技派が多いから、ぱるるのような個性派はむしろ貴重。ドラマのプロデューサーがオファーするのも納得です」(ドラマウオッチャー)

 ちなみに、元AKB48では川栄李奈も貧乏やけなげな女の子の役、やさぐれた役を演じるとピカイチ。どちらも正統派にはない“いいもの”を持っている。

続きを読む