ヤクルト・山田の心つかんだ究極グラブ 社員1人のドナイヤは創業8年で売り上げ45倍超 「村田裕信、代表取締役社長、ドナ」

 【業界の匠/ザ・ミュージアム】 各界屈指の技術を持つプロを取り上げる『業界の匠』の第3回は、野球のグラブ専門メーカー「ドナイヤ」の代表取締役社長・村田裕信氏(44)が登場。営業? モデルチェンジ? 「いたしません!!」。プロ野球選手にも既製品を「買ってもらう」という超強気の戦略を貫き、創業から売り上げが45倍以上となった今も社員は社長1人だ。人気テレビドラマ「ドクターX」の大門先生も顔負けの“一匹おおかみ”を貫く「マイスターX」の哲学に迫った。

 昨年の12月初旬-。東大阪市のドナイヤ本社に姿を現したヤクルト・山田は、段ボール箱の中から次々とグラブを取り出し、左手にはめた。「今年は豊作やな!!」。革の質やフィット感などミクロの差にこだわり、約1時間かけて今季使用する2個を選び出した。

 これらのグラブは山田のために作ったものではない。すべて全国の小売店に卸し、一般に流通する「商品」だ。プロが使う究極のグラブをスポーツ店に-。逆にプロ野球選手にも無償提供はせず、既製品を購入してもらう。山田も2016年1月にアドバイザリー契約を結ぶ以前は、定価(現在は税抜き4万5000円~4万7000円)を払い愛用していた。

 『ドナイヤ』-。脱サラした村田氏が、関西弁を由来とする奇抜な名前のグラブ専門メーカーを起業したのは10年9月。口コミで評判は広がり、8年間で売り上げは初年度の45倍になった。「ありがたいことに常に予約オーバーの状態です」と村田社長。15年8月から現在まで、1品番も「在庫」があったためしがないという。

 会社立ち上げ当初、独自で金型から作ったグラブは投手用2品番、内野手用4品番、外野手用2品番。捕手や一塁手用などを徐々に開発し昨季から10品番に増えたが、モデルチェンジはしていない。「最初に完璧な型を作っているから、変える必要がないんです」。売り上げを増やすためのモデルチェンジはしない。グラブ専門メーカーの矜持(きょうじ)だ。

 「究極の一品」は、村田氏が米野球用具メーカー・ウィルソンなど、勤務経験のなかでほれ込んだ牛革が生命線だ。「しっとりしていて耐久性がある。業界で一番いいものを使っている」と高級素革を極秘ルートで確保し、鹿児島県内の工場で製作している。

 「型」にもこだわる。ウィルソン時代に担当していた池山隆寛氏(現楽天2軍監督)らトップ選手に意見を求める一方、高校球児にも聞き取り調査。「どんな人でも必ず3つに分類される」という“黄金比率”を見つけた。内野手用なら捕球する際の『ポケット』位置が、(1)網の下、(2)手のひら、(3)薬指の下、に分類される、といった具合。「最少品番で最強品番を作った」という。

 実は、ドナイヤのカタログには連絡先が掲載されていない。ホームページもなく、広告も打たない。「営業は会社立ち上げから5日間しかしていないですね」。販売店のつてをたどって来た依頼も、100社以上は断っている。大手スポーツチェーン店からの大量注文を受けない一方で、老夫婦が営む地方の小さなスポーツ店に卸すこともある。

 「チェーン店の店員はグラブの扱いが分からないことも多い。お金もうけしたいわけじゃない。この商品が本当にいいと思ってくれる人と仕事をしたいんです」

 “上から目線”に見える営業戦略だが、これがネットなどでの安売りを防ぎブランドイメージを守ることにつながっている。

 今後も社員を増やす予定はなく、事業拡大も「いたしません」。グラブ業界の一匹おおかみは、たたき上げのスキルと究極の一品で、野球人を魅了し続ける。

■村田 裕信(むらた・ひろのぶ)

 1973(昭和48)年1月20日生まれ、44歳。東大阪市出身。大阪産業大卒業後、関電興業(現関電プラント)に入社も25歳で退社し、渡豪。飲食店に務めながら英語を学び、西豪州大の留学生となる。1年間の“武者修行”を終え、帰国。米野球用具メーカー、ウィルソンに入社した。2010年9月に野球グラブ専門の個人会社ドナイヤを設立。16年1月、ヤクルト・山田哲人内野手とアドバイザリー契約。同年7月に株式会社へ移行した。

みんなの意見

  1. 東大阪やったら会社の近くやわ。

    +13-4

  2. やはり高いんだろうな

    +1-1

  3. 極めてる人ってカッコイイな。

    +864-87

  4. どないや!

    +8-1

  5. 関西にもこういうこだわりの一品を製作する会社があるのは、いいことですね!

    +24-5

  6. 安売りをすると品質が落ちるし管理も難しくなる。
    良い物は高いと世間に知らせる為にもこれからも安売りをせずに1個ずつ手作りで頑張って欲しいですね。

    +2-2

  7. この話って古いよ。

    +4-0

  8. 山田クラスだと大手メーカーのグラブを使えば超高額な契約金がもらえるのに、それを捨ててまでドナイヤのグラブを使い続ける山田も凄い。それだけグラブの質も高いんだろうけどね。

    +2-0

  9. 作り手 使い手…気持ちの通う仕事が理想です!

    +1-0

  10. たしかウィルソンが契約してる阿久根工場で作ってたはず。
    阿久根工場では多くのメジャーリーガーのグローブも作っている。
    中韓で生産して高額で販売する国内王手メーカー品より良いのは当然。

    +94-11

  11. 最近はグラブを見た事がないから、ドナイヤと云うメーカーは知らない…。
    俺達の時代はローリングスが流行っていたのを思い出す…。

    +83-17

  12. 量産や金儲けはしなくて良いから、その技術や知識は後にも継承してもらいたいですね。

    +15-1

  13. 物作りの職人をしてますが
    どんな良い商品を作っていてもチャンスがないと世の中には認められない
    逆に何回チャンスが巡ってきても良い商品を作っていないと認められない
    いつか来るチャンスの為に毎日腐らず仕事頑張ろうと改めて思った

    +65-8

  14. 素直にカッコいいと思う
    こう在りたい

    +158-11

  15. 求められてる規模を実現するのも企業の宿題。せっかく良いもの作って求められてるならしっかり普及させて世に貢献して欲しい。興味持ったけど入手しにくい状況だと確かめようもない。

    +5-5

  16. 陸王みたい。

    +22-3

  17. 社員1人っていうけど製造は外注なわけでしょ?
    モデルチェンジもしないのだから開発もしない?
    それなら1人で十分な気がする。

    +14-2

  18. 私もそうですが、社員が多いからいい会社だとは限らない!一人でもいい会社はある!頑張りましょう!

    +88-8

  19. これからの時代、職人が機械に勝つにはこれくらいの人しか生き残れないんだろうな。と肌で感じて焦っている自分は職人です。

    +3-0

  20. サンスポの取材を受けている時点で半分は営業になってないか?

    +15-1

  21. 45倍って、幾らが幾ら何だ?

    +3-0

  22. 『ドナイヤ』とか『コラントッテ』とか、
    関西丸出しのネーミングは東京の人間にはダサくて抵抗感しかない。

    +6-7

  23. ドナイヤ欲しいわー

    +4-0

  24. 今年はゴールデングラブ賞欲しいね!開幕が楽しみです

    +91-14

  25. 名付け親は池山氏です。

    +2-0

  26. 社員は少ないほうが社長は儲かるよね

    +28-9

  27. かっこいい。

    +1-0

  28. 村田社長は自ら山田が所属するヤクルトの遠征地まで行ってグラブの手入れをするほか、常に複数のグラブを持ち歩いて山田好みの状態に育てているそう。
    手厚すぎるほどのアフターサービスが売りでもあったメーカーなわけだけど、45倍って大丈夫なのか。

    +5-1

  29. 会社は太るだけが全てでは無いのがこれからのトレンド。
    良い企業。見習いたいもの。

    +46-4

  30. これからの時代は
    こういう稼ぎ方が主流になると思うよ
    機会が平等になればなるほど格差は開く当たり前の世の中が早く来て欲しい

    +0-0

  31. 自分の作ったものに対する自信というか信念を感じる。哲人はそんな野球用具の作り手に出会えてよかったと思う。今年も、その想いに恥じないプレーを期待します。

    +19-6

  32. 最近ドナイヤのグローブ購入しました。
    最高のグローブです。
    皮もいいし軽い。
    子供用もできればいいのですが。

    +1-1

  33. 本物の天才は道具にはこだわらない。
    あの長嶋茂雄は他の選手のバットを借りて使いながらもヒットを打っていました。信じられないような事だが、本当の話。

    +13-12

  34. ちょー尊敬する笑

    +5-3

  35. 密かな人気って所がいいですね!
    メジャーなグローブは質が悪いメーカーも多いです…

    +2-0

  36. 今の志を貫ければいい。
    でも、ほぼ100%の人が欲を出して、事業拡大をして失敗する。
    生き残れるのは1%以下だからね。
    もっとも、会社である限り、事業の発展は存続の条件。
    いつまでも一人で、顧客を待たせる形態では、事業とか会社とは言わないよ。

    +0-0

  37. こんな社長のような、男になりたいよ。

    +0-2

  38. どこで買えるんだろうか

    +3-0

  39. 本当に、「仕事もいろいろ」だなぁ……。

    でも、こうしてせいかを挙げたと言うのは凄い事だ。
    今後の、更なる発展を願いたいね。

    +83-7

  40. 僕も起業してドヤサでいこうかな

    +64-5

  41. それだけクオリティーに拘っているのに5万円以下なら安い。

    +0-0

  42. 守備力のない山田を真似ても上手くならないから、子供たちは菊池のグラブメーカーを調べる方が良いね。

    +5-18

  43. 陸王のグローブ版

    +88-11

  44. どんなグラブか気になる。

    +6-1

  45. 昔気質の職人って感じだね。
    技術を持っている人間は強い。

    +3-2

  46. 面白い。
    こういう商売ができたら面白いだろうな。

    +5-0

  47. 頑張る人は素敵だ

    +3-0

  48. これは使ってみたい!

    +6-1

  49. やりたい事を極めるのに妥協は許さないということを、この短い文章でも十分に伝わりました。

    +2-2

  50. 一度、使ってみたいとは思うが、今使っているタマザワの外野用グローブが使い慣れてて替えられないわ。

    +4-1

  51. こんな職人がちゃんと利益が出て商売が軌道にのってほしい。
    そんな商品を支持する消費者になりたい

    +1-0

  52. 俺のドナイヤどないや?

    +32-7

  53. 山田選手に合わせて特注品作った後で「山田モデル」として売り出したら注文殺到すると思う

    +1-4

  54. カッコいい、しかし裏には相当な苦労をしたんだろう。

    +0-0

  55. どないやっちゅうねん!

    カッコイイ

    +0-1

  56. ちと高い。

    +7-17

  57. 菊池いなけりゃゴールデングラブ間違いないのにな。

    +5-5

  58. 自分の仕事に誇りがあるからこそ、職人気質がまかり通る!
    自分に出来ないことを実施する、こういった姿勢は清々しく憧れる!

    +1-1

  59. 江川や上杉達也のアディダスに憧れた時期があった。

    +0-0

  60. すんまへん、ワイには菊池選手のグラブくだはい!

    +27-8

  61. ドンナンヤ

    +15-3

  62. ミ○ノの中国製と同じような値段だね。

    +1-0

  63. グラブに対する情熱が凄いよね素直に。中々こんな心意気を持つことは出来ないよ…。突然でなおかつ私事で申し訳ないですけど自分もドナイヤのグラブを使っております。良いと言うのは言わずもがなですがこういう気持ちを背負ってこれからもプレーしたいです( ੭˙꒳ ˙)੭

    +100-9

  64. そのうち飽きられます。山田選手のお陰です。

    +3-6

  65. グラブもある程度までいくと好みだしね。
    実際こんなグラブ使ってるのかって選手もたくさん
    いるぞ

    +114-8

  66. すごいですねー。口コミ広がったら大手に卸しそうなものを。不思議とこういうモノは人を惹きつける。

    +4-2

  67. 1人じゃ何もできない現代人には真似できない事だね

    でも、こうやって自分の仕事にプライド持ってやってる大人はかっこいい

    +6-2

  68. 社員1人の心意気や良しなんだけど、逆にこの人に何かあったら、商品の供給が止まってしまう。ドナイヤのグラブを楽しみにしてる野球少年や、それこそヤクルトの山田選手まで。後継者を早く作り、長く愛されるブランドになって欲しい。

    +121-12

  69. 何かあったら 生産中止やん

    +28-3

  70. 日本のものづくりの鏡だわ

    +17-3

  71. 『どないや』と言うネーミングは斬新やな。

    もう野球を辞めてから20年以上グローブもスパイクもバットも見に行く事も無ければ、手に取る事が無かったけど、ついに娘に待望の男の子が生まれたからな。

    数年後、孫を連れてそのこだわりのグローブを見に行かせてもらいます。

    +4-3

  72. なんだ、コマーシャルか。

    +9-8

  73. 事業拡張しないなら、なぜ株式会社にしたんだ?
    なんか胡散臭いな。

    +9-7

  74. 山田と同じグローブがお年玉で買えるくらいの金額なら学生も欲しいだろうね。夢のあるいい話だね。

    +1106-115

  75. 事業拡大って要は人を雇うって事だから人件費を含む経費が跳ね上がる。
    1人でやってるからこそ今の価格で利益が上がってる訳なので利益確保のために価格が上がるかもしれない。
    そこを理解してるからこそしないといい切ってるのだと思う。

    +15-7

  76. 知り合いのショップにあり、なんちゃってかなって思って手を入れた瞬間からなんやこれ~って!
    シンプルだがポイント掴んだいいグラブです。
    息子が使ってますが かなりのお気に入りです。

    +13-5

  77. 経営のスタイルは様々あっていいと思うが、万が一のことがあった時はどうなるのか。。。使い手側にそこまで加味してということ?折角いい物を作ってると自負があるなら作り手側のキャパをもう少し広がらないものか。

    +8-3

  78. トクサンもドナイヤ愛用してるな
    ZETTと併用みたいだけど

    +0-1

  79. NHKからプロフェッショナル仕事の流儀のオファーが来そうな人やね

    +16-7

  80. 足が痛い

    +3-1

  81. 金額見ると全然高くないよ

    +25-4

  82. ポケットの位置ね。
    確かにその三点だよな~
    後はグローブの形にも癖があるんだよな

    +6-1

  83. 凄い技術と信念
    そんなグラブをちゃんと見抜いて使った山田もさすがというべきか

    +14-2

  84. 確かに自分と家族が普通に生きる分には
    お金なんてそんなに必要無いからな

    +3-2

  85. 陸王みたいだけど陸王と違うのはどこまでも一人でやろうとしてることと、名前を広めることを目的にしてないこと。良さをわかってくれる人と仕事がしたい。そんな言葉言ってみたいね。

    +1055-97

  86. めっちゃカッコいいな!
    無茶な事業拡大もしないそうだし、長く愛されそう。
    でも一代でやめちゃうのかな?

    +5-2

  87. バットならまだしも、山田自体が守備名手じゃないし…

    +17-54

  88. これからの時代何にしても専門店が流行る

    +72-11