高木美帆、クールな装い捨てた背景と羽生結弦の存在 《取材、スピードスケート担当、日体大助手》

 人間は変われる。平昌五輪スピードスケート女子1500メートル銀、1000メートル銅メダルを得た高木美帆(23=日体大助手)を見て、そう感じた。

 スピードスケート担当として、14年ソチ五輪前から取材してきた。10年バンクーバー五輪に、最年少の中学生で出場した天才。「武器はマイペース。他人と戦うより対自分」と話すなど、クールな印象を持った。勝利への執着心を見せずに勝つ。それはそれで格好いいし、高木なりの美学なのだなと思っていた。

 ところが13年12月のソチ五輪選考会で落選。高木はその後、当時のことを、こう振り返った。「ちょっと手を抜いてもできる自分が格好いいと。クールぶるところを見せたり、一生懸命やる選手を否定したり。熱くなれなかった」。そしてソチ五輪選考会前に「スケートに懸ける思いで(他選手に)負けている」ことを痛感し、ある意味、落選を受け止める自分がいたという。

 幼少期から秀でてきたスケートで負けるべくして負けた。挫折というより情けなさでいっぱいとなった。変わらなきゃいけない。人生観は180度転換した。ソチ五輪落選から3年。16年11月W杯長野大会で、久しぶりに高木を取材する機会があった。1000メートルで同走の小平奈緒に最後に差されて0秒14差で敗北。レース後の高木には、どこか俯瞰(ふかん)したような、かつての姿はなかった。「(小平)奈緒さんに負けたことが悔しい。負け方が悔しい。次は勝てるようにしたい。闘志はメラメラしています」と気迫をあふれさせた。

 レース後の熱い言葉は、高木の家族をも驚かせた。母美佐子さん(55)からは「“負けて悔しい”と言えるようになったんだ」と言われた。「昔から勝負意欲がわいてこないことが悩みというか、勝ちたいと思えないところがあった」と高木。ソチ五輪落選を経て、トップアスリートに備わっているべきの闘争心がやっと芽生えた。そして高木は変わり、平昌五輪のメダルに結び付いた。

 ソチ五輪前、日刊スポーツ紙上で、同じ94年生まれでフィギュアスケート男子シングル連覇の羽生結弦と対談した(13年7月22日付)。ソチ五輪本番では自らが代表から落選する一方で、羽生は世界の頂点に立った。「競技に対する姿勢がすごい。レジェンド。対談したことが恥ずかしい」。その後は気兼ねするばかりだったが、平昌五輪ではメダリストの仲間入りを果たした。クールな装いを捨て、体面を気にせず、しゃにむに競技に打ち込んだ天才。同学年のレジェンドに近づいたことは間違いない。【田口潤】

 ◆田口潤 72年、東京都生まれ。94年に入社して取材記者一筋。五輪、相撲、サッカー、ボクシング、プロレス、ゴルフ担当を経て現在は五輪担当。

みんなの意見

  1. 団体パシュート、金、期待してます。
    みんな頑張って\(^o^)/

    +23-2

  2. 悩んで挫折して、自分が気付けば、人はいくらでも変われる!
    高木さん、あと少し、全力で頑張ってください!
    応援してます!

    +11-0

  3. 若くして成功と挫折を味わった選手談を聞く度にスノボ平野選手の修羅場潜って来た感がハンパない顔つき言動と行動に圧倒される

    +43-2

  4. 高木美帆は典型的な「習得型」タイプ。自分の記録を更新できれば勝負に負けても満足し、1番になっても自分の記録を更新できなければ喜ばない。

    それが、代表落ちを経験することで、勝負にも執着する、「証明型」タイプの要素も加わってきた。これは成長の証だ。

    長期的には「習得型」であり続け、目先の競技では「証明型」に変身して、人よりも優れていることを勝負に勝つことで証明することに集中する。

    まだまだ伸びしろはあるように感じる。

    +15-1

  5. 小さい頃からスケートもサッカーも全国クラスで身体能力はすごかったからのことなんでしょうね。世の中にはすごく身体能力私持ってるけど、心の問題で埋もれてるアスリートがまだまだいるってことですかね。

    +30-0

  6. よく心技体というが、トップには才能と技体があればなれる。心は人としてどうなのか、他人が評価するものでもあり、技と体が伴って始めて滲み出てくるものだと思う。

    +13-2

  7. 中学生で代表になり、天才ともてはやされる一方で、競争心や向上心が芽生えず、結果伸び悩む選手は数え切れないほどいる。かつて彼女も伸び悩み、挫折を味わった。
    しかし、今となっては天才が頂点を目指して努力することを覚えた。そしてまだ23才。未来が楽しみでしょうがないよ^ ^

    +5-0

  8. この間のテレビでは、自分が変われたのはお姉ちゃんの影響が
    大きかったって言ってたぞ。

    +57-15

  9. 転落しないで、気付けて良かった。
    まだ競技人生は終わっていないはずなので、これからも頑張ってほしい。

    +71-1

  10. 94年生まれのアスリートは本当に凄い人揃いですね。高木選手も立派に仲間入りですよ!

    +59-2

  11. 初出場の時に先輩方からメダルをかけてもらっていた時はこれからのスケート界を引っ張ってもらいたいとの意味もあったと思うよ。そして前回の五輪は出場できなかったけど悔しさは相当あっただろうなぁ。テレビで五輪を観戦していたしね。今回はまだパシュートが残っているけど1500メートル、1000メートルとメダルを取った。先輩方も必ず見ていると思うのでいい報告ができると思うね。あと1種目頑張って下さい。

    +40-3

  12. バンクーバーの最下位からよくぞここまで強くなったものだ。

    +12-2

  13. 高木選手と小平選手のスタート前にスーッと集中の中に沈んでいく感じがすごくかっこいい。

    パシュート準々決勝のオランダのタイムと世界記録にはだいぶ差があるけど、低地であることを考えると油断はできないと思う。
    最高のチームワークで優勝して、高木選手の最高の笑顔を見せて欲しいです。

    +42-3

  14. いい経験をしたし、経験を糧にできた。
    そして、今やスーパーエース。
    みんな応援してるぞ。

    +35-3

  15. 高木選手は羽生選手と同学年だったんですね。
    すごい世代。
    羽生選手に刺激を受けて頑張るというアスリートの人達が多いですね。
    羽生選手と同学年ということであれば尚更なのかなとも納得。
    「対談した事が恥ずかしい」と書いてありますが、今は胸を張って羽生選手とお話が出来そうですね。

    +167-6

  16. 以前に少し絡みがあったからと言って、なんでも羽生選手に結びつける記事はやめて欲しい。高木選手がきちんと自己を見つめて練習を重ねて今の姿がある。羽生選手の影響は全く無い訳では無いかもしれないけど、記事の〆やタイトルに意図を感じる。

    +26-26

  17. 天然キャラで売り出してるどこぞの銀メダリストもこの話しを聞いて人間として競技者として成長されメダリストに相応しい選手になられる事を願います。

    +38-16

  18. 高木、羽生、大谷、萩野、瀬戸等々
    強者揃いの世代

    +146-6

  19. 韓国人スターターの嫌がらせに負けないでほしい。
    あと朝日新聞も日本選手のホテルにアポなしで
    夜中に取材に行くことが無いようにお願いします。

    +6-3

  20. 勉強でもスポーツでも、まずは向上したいという強い気待ちが必要。才能がある人は、そこからの伸びが違う。

    +28-1

  21. 頂点に立つには才能だけなく、まさしく「心・技・体」なんだね。

    +517-23

  22. クールがカッコいいという時があったというのは、年頃だったということもあるでしょうし。

    +23-1

  23. アスリートとして高いレベルの話のようだけど
    10代の頃に自分への過信から少し勘違いして、挫折して自分を見つめ直しそこから這い上がって行く
    ってのは普通の人にも頷ける話なのかもしれないわね

    +570-23

  24. クールだなと感じたけど。。

    +16-1

  25. 環境や身体には恵まれていても精神、心が付いてこない天才はたくさんいるらしい。時間が経って、ライバルなどの巡り合わせがあって、いろいろ成長があってタイミングが合うその時がやって来るのだろう。一つのことに懸けられることに感謝して頑張ってほしい。

    +331-19

  26. パシュート頑張れ
    しかし、世界で活躍する世代だな
    大谷翔平も同じ年

    +47-1

  27. 1500で銀メダルとった直後の涙にもらい泣きしてしまった。15歳で天才少女として華々しくオリンピックデビューを果たすがその後低迷してソチでは代表落ちという挫折を乗り越えての今大会という背景を知っているだけにね。パシュートでも応援してますよ。

    +54-3

  28. 成長過程で、
    何が格好いいのかを、
    真似したくなる様な、素晴らしい人達に恵まれたのね。
    これからは、高木さんが、その仲間入りです。

    +4-0

Related Post