『藤井六段、慢心なし「さらに活躍していかねば」対局後は師匠となごやかな感想戦』 ~ みんなの感想まとめ

 中学生棋士の藤井聡太六段(15)が8日、大阪市内の関西将棋会館で指された第68期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)の1次予選2回戦で、師匠の杉本昌隆七段(49)と公式戦初の師弟対決に臨み、111手で勝利を収めた。

 杉本の先手で始まった対局は、59手目で千日手に。指し直し局では、四間飛車に構えた杉本に対し、居飛車の藤井は王を穴熊に囲う。杉本の端攻めをかわした藤井は、相手の攻め駒を巧に封じながらカウンターで徐々にリードを広げ、反撃を狙う杉本を封じ込めた。

 対局後は両者ともに穏やかな表情に。どんな心構えで臨んだのかと聞かれた藤井は「楽しみにしていた。対局については、いつもどおりの気持ちで臨んだ。とてもいい経験になったと思う」と振り返った。

 敗れた杉本も「藤井六段とこういう場で指せるのはいい記念になった。勝負としては残念だが、素晴らしい1日になり(藤井に)お礼を言いたい」と感無量の面持ち。指し直し局の展開については「こういう形にしたことはあまりなかったです。あまりなかったよね?」と笑顔で藤井に聞くような場面も。インタビュー終了後は、師弟による普段の指導対局のようななごやかな感想戦が進められた。

 藤井は「こうして公式戦で対局することができて嬉しい。これからもさらに活躍していかねばと思う」とおごることなく、師匠の前でさらなる成長を誓った。

みんなの意見

  1. 久保王将の師匠の淡路九段の言葉。

    「弟子が師匠に勝つことを恩返しと言うが、それは違うと思う。真の恩返しとは、師匠が勝てなかった相手に勝つことだ」

    藤井六段も、こう声をかけられたら、きっとそうだと思うだろう。

    頑張れ!!!!

    +205-19

  2. 俺だったら、弟子のさらなる成長を願い今宵は一人酒ですね。

    +72-7

  3. 師匠は素晴らしい弟子を持ち、弟子は素晴らしい師匠を持ち、本当に羨ましく思います。

    +73-3

  4. 囲碁で国内無敵の井山七冠は、中韓に更なる強敵が居る。
    藤井六段はいくら精進しても、それを全てぶつけるだけの相手が居ない。
    相手が居ないのは、不幸。

    他のプロ棋士は、ぬるま湯に浸かってないで死ぬほど頑張ってほしい。それでも勝てないけど。

    +36-19

  5. 負けた方は悔しいに決まっている。
    直後に何が何でもという姿勢でコメントを求めるCBCの取材が、いけずだと思った。

    +24-8

  6. まだだ、まだ、終わらんよ!!

    +7-2

  7. 師匠と同じ7段間近?

    +2-0

  8. いい師匠、そしていい弟子だなと思います(^_^)(^^)

    +64-1

  9. 実るほどこうべを垂れる稲穂かな。とは藤井6段の為に
    ある言葉やなぁ。勝っても驕る事のない姿勢は師匠や親御さん
    の躾が行き届いている証拠。見習わなあかん…

    +46-2

  10. これで15歳だもんな?生涯収入は幾らになることやら。

    +19-17

  11. 師匠のあたたかいお人柄がよくわかる。人格者だ。

    厳しくも愛情ある指導で、藤井さんは才能を伸ばしたのですね。

    +93-1

  12. 藤井総太は俺が育てた!
    たぶん!

    by 師匠

    +17-3

  13. 和やかな感想戦見たいよ…
    見ててほっこりするじゃん

    +59-4

  14. 師匠もここからまた頑張って一皮向けるかもね。

    +104-2

  15. 師弟で愛知から大阪まで行って対局って少し不思議な感じしますね。

    +122-22

Related Post