作者別: abel

二宮和也 主演ドラマに竹内涼真&葵わかな“朝ドラ”コンビ 豪華布陣で新伝説だ【2018年平昌オリンピック冬季競技大会、広瀬すず、中川 翔子】

 嵐の二宮和也(34)が主演する4月スタートのTBS系連続ドラマ「ブラックペアン」(日曜、後9・00)に、俳優・竹内涼真(24)と女優・葵わかな(19)の“朝ドラコンビ”が出演することが20日、分かった。「半沢直樹」「下町ロケット」「陸王」などヒットを連発している『日曜劇場』が、NHK連続テレビ小説で全国区となった2人が脇を固めるぜいたくな布陣で、新たな伝説を作り出す。

 現在放送中の「99.9-刑事専門弁護士-SEASON 2」の松本潤(34)から二宮へ、主演の“嵐リレー”で話題となった「ブラックペアン」に、新たなフレッシュコンビが加わった。

 竹内は17年度前期の「ひよっこ」で、女優・有村架純(25)演じるヒロインの相手役を好演。同年10月期の日曜劇場「陸王」にも出演し、昨年最もブレークした俳優となった。

 葵は放送中の朝ドラ「わろてんか」でヒロインを務めている。同作は3月31日まで放送されるため、放送終了直後に民放で新作(ドラマ)に出演するという異例の展開となる。

 二宮演じる天才外科医と対立する研修医役の竹内は「実は、医療ドラマに出演したい!と心の中でひそかに思っていたので、その願いがかない、とてもうれしく思います」と気合十分。手術室看護師を演じる葵は「お話を読んだ時に、命を扱うお医者さんにも色々な種類があるんだ、と思ったのを覚えています」と役柄への思いを前向きに語った。

 同局の伊與田英徳プロデューサーは「竹内さんは、一生懸命で真っすぐな研修医にぴったりだと思い、お願いさせていただきました。葵さんは『わろてんか』での芯の強い笑顔が魅力的だなと思っています」と2人の起用理由を説明した。

 二宮の母親役には、10年の映画「大奥」でも母親役を演じた倍賞美津子(71)、“神の手”を持つ外科医役には内野聖陽(49)、新任のエリート講師役には小泉孝太郎(39)がそれぞれ起用される。

続きを読む

『カーリング男子、デンマーク振り切り4強に望みつなぐ 準決勝進出かけ21日韓国戦』 ~ ヤフーユーザーの意見まとめ

◆平昌五輪第12日 カーリング男子1次リーグ 日本6―4デンマーク(20日、江陵カーリングセンター)

 決勝トーナメント進出へもう1敗もできない男子日本代表「SC軽井沢ク」は、デンマークに6―4で勝利した。

 0―1で迎えた後攻の第3エンド(E)は、スキップの2投ずつを残してハウス内に両チーム4つずつのストーンが密集する状態に。日本は最終投をハウス中心に入れて3点を獲得。第6Eにも2点を加点し5―2とリードを広げる。第8Eに2点を返されたが、後攻の最終10Eに再び1点を加えた。

 21日午後2時5分から、1次リーグ最終戦で韓国と対戦する。

続きを読む

(朝鮮日報日本語版) 平昌五輪:内紛の「生中継」、スケート女子に国民の怒り沸騰【鉄道人身障害事故、船橋法典駅、チェルシーFC】

 19日に行われた平昌冬季五輪のスピードスケート女子団体追い抜き(チームパシュート)で、韓国は8チーム中7位で準決勝進出を逃した。このレースをめぐって韓国国民の怒りが噴出している。レースは終盤でメンバーのキム・ボルムとパク・チウが先行し、最後尾の盧善英(ノ・ソンヨン)は大きく遅れた。これについて、キム・ボルムはインタビューで「3分ぐらいなら満足していた。(パク)チウと私は(2分)59秒だった。思ったよりタイムが良かったが…」と言った。この発言をめぐって「最後尾の選手のタイムで順位が決まる『チームパシュート』の基本を忘れた発言だ」との指摘が出た。

 女子団体追い抜きのチームワークの崩壊は予想されたことだった。メンバーの盧善英は今年1月、メディアに対し「代表チームで一度も一緒に練習していない」と話した。大韓スケート連盟と代表チームが自らチームの融和を図る姿勢は見られなかった。チームの不和は最悪の形で五輪の舞台で表出した。韓国大統領府(青瓦台)のウェブサイトの請願コーナーには「キム・ボルムとパク・チウの国家代表資格を剥奪せよ」という投稿があり、1日で30万人以上が賛同した。代表チームで何があったのか分からないにもかかわらず、集団での批判・報復が始まってしまったのだ。代表チームのペク・チョルギ監督とキム・ボルムは事態を収拾するために20日に記者会見を開いた。

 今回の問題は「内部の問題の自力解決に失敗→外部に明るみに→社会問題化→集団的報復→遅れて事態収拾」とチーム内外の摩擦がどんどん増幅していった。韓国社会の根深い問題を象徴的に示しているといわれている。

■メンバーの不和を解決しなかった代表チーム

 盧善英とスケート連盟の対立が明るみに出たのは先月、連盟の手違いによって盧善英の平昌五輪出場がかなわなくなった直後だった。連盟が五輪出場規定をよく理解せず、盧善英は個人種目での出場権を逃したが、その後団体追い抜きにも出場できないということが発覚した。盧善英は選手村を追われる羽目になり、自身のインスタグラム(写真共有サイト)で連盟を非難した。

 その後盧善英は、ロシア選手がドーピング問題で出場できなくなったことで、1500メートルへの出場権を獲得して代表チームに復帰したが、歓迎はされなかった。対立を解消してチームをつくり上げるという雰囲気はなかった。ある実業団の指導者は「メダルの可能性がなくとも、体系的な練習をさせ、選手たちが再び仲良くやれるようサポートすべきなのに、連盟やコーチ陣はその役割を果たさなかった」と指摘した。

 その間、チームの不和はさらに拡大した。キム・ボルムはマススタートという五輪新種目の候補として別途練習に取り組んでいた。盧善英が自分について、まるで特別扱いの選手のように表現したことについて、不快な思いをしていたという。

 レース後も「チームワーク」は見られなかった。盧善英はゴールすると座り込んでうなだれ、涙を流し続けた。しかし、他の二人は遠く離れたところに立っていた。オランダ人のコーチだけがそばで盧善英をねぎらった。

続きを読む

『衣装破壊!! 平昌オリンピック、アイスダンスでハプニング連続発生』 ~ 皆さんの反応まとめ

事件が起きたのは2月19日(月)に行われたフィギュアスケートのアイスダンスのショートプログラム。フランスのガブリエラ・パパダキスとギヨーム・シゼロン組の演技の序盤で、ガブリエラの衣装の首のホックが外れてしまうというハプニングが発生! ギヨームがリフトしたとき、ホックが外れてしまったと見られている。

衣装がはだけそうになりながら、2人はパフォーマンスを続行。ガブリエラは何度も落ちそうになるトップスを押さえつつ滑り続けたけれど、胸が見えてしまう場面も……。試合後「とても気が散った」と語ったガブリエラ。「最もひどい悪夢がオリンピックで起きてしまった。自分に『選択肢はないんだ。滑り続けなくては』って言い聞かせ、その通りやったの。こんな事故が起きてしまったのに素晴らしいパフォーマンスができた自分たちを誇りに思える」。ちなみに衣装を着てリハーサルをしたときには何の問題もなかったそう。ガブリエラ曰く、衣装にハプニングが起きたのは「すぐにわかった。祈ることしかできなかった」。

続きを読む

青年座・大家仁志さん 大腸がんで死去、53歳 舞台に立ち続けるも急変 《東京都内、大腸がん、おおや》

 青年座所属の俳優、大家仁志(おおや・ひとし)さんが、大腸がんのため19日午前に東京都内の病院で亡くなったことが分かった。53歳。20日に青年座が公表した。

 青年座によると、大家さんは病気治療と並行して俳優活動を続け、今春以降も舞台出演が決まっていたが、急に体調が悪化し、帰らぬ人となった。

 長野県出身。青年座研究所を卒業(14期)した後は、青年座公演「MOTHER」「断罪」をはじめ、外部公演も含めて多数の舞台に出演。テレビでもTBS「サラリーマン金太郎」など、多くのドラマに出演していた。

 昨年5月ごろに体調がすぐれず、治療の過程でがんを患っていることが分かったという。医師からは、治療と並行して俳優活動を続けることに問題はないと診断され、昨年も青年座公演に出演。今年も1月に上演された舞台「アスファルト・キス」に出演していた。

 周囲に深刻な様子はみせず、今年の春や秋の舞台出演も決まっていたという。

 通夜・告別式は26、27日に渋谷区の「代々幡斎場」で営まれる。喪主は姉の大家睦子(おおや・むつこ)さん。

続きを読む

青年座・大家仁志さん 大腸がんで死去、53歳 舞台に立ち続けるも急変 『東京都内、大腸がん、おおや』

 青年座所属の俳優、大家仁志(おおや・ひとし)さんが、大腸がんのため19日午前に東京都内の病院で亡くなったことが分かった。53歳。20日に青年座が公表した。

 青年座によると、大家さんは病気治療と並行して俳優活動を続け、今春以降も舞台出演が決まっていたが、急に体調が悪化し、帰らぬ人となった。

 長野県出身。青年座研究所を卒業(14期)した後は、青年座公演「MOTHER」「断罪」をはじめ、外部公演も含めて多数の舞台に出演。テレビでもTBS「サラリーマン金太郎」など、多くのドラマに出演していた。

 昨年5月ごろに体調がすぐれず、治療の過程でがんを患っていることが分かったという。医師からは、治療と並行して俳優活動を続けることに問題はないと診断され、昨年も青年座公演に出演。今年も1月に上演された舞台「アスファルト・キス」に出演していた。

 周囲に深刻な様子はみせず、今年の春や秋の舞台出演も決まっていたという。

 通夜・告別式は26、27日に渋谷区の「代々幡斎場」で営まれる。喪主は姉の大家睦子(おおや・むつこ)さん。

続きを読む

カー娘、絶対4強に!英国に完敗も…運命のスイス戦「私たちが歴史を変える」(サッカー・ブンデスリーガ、古坂大魔王、野村周平)

 「平昌五輪・カーリング女子・1次リーグ、日本6-8英国」(20日、江陵カーリングセンター)

 女子1次リーグでLS北見の日本は、ソチ五輪3位の英国に6-8で敗れて5勝3敗となり、日本勢初の準決勝進出は持ち越しとなった。日本はいずれも有利な後攻だった3-3の第6エンドに3点、第9エンドに1点のスチールを許した。21日の最終戦でスイスと対戦し、勝てば4強入りが決まる。韓国が6勝目を挙げて4強入りした。

 自分たちで首を絞めた一戦だった。序盤は日本ペースで、後攻の第2エンドに相手のミスショットもあり3点を奪取。話題となっている5エンド終わりの休憩時間は、チーム全員が車座になってリンゴをモグモグ食べた。リフレッシュして作戦について話し合った。

 しかし、それ以上の見せ場は作れなかった。「中盤以降にアイスが変化したことに気づけなかった」と吉田知。会場はほぼ満席。地元韓国を応援する多くの観客の熱気などもあり、石の進み方が前半とは変わったが、対応できず。勝負どころで手前のガードストーンに当てるなど、流れをつかめなかった。

 「誰かのミスではない。氷に上がる4人が1つのショットを決める気持ちでコミュニケーションを取らないと、いつも『当たり前』なことが少しずつずれてしまう」と吉田知。リザーブの本橋も「さっちゃん(藤沢)にいくまでに情報が途絶えたり、足りないところがあった」と課題を挙げた。

 長所であるはずの“おしゃべり”がうまくいかず、痛恨の敗戦。スキップ藤沢は「決めないといけないショットをミスしてしまった。イギリスは『ここぞ』を決めてきた。我慢しきれなかった」と唇をかんだ。

 かつて天才スキップと言われた藤沢だが、ここという局面に弱かった。「すごく責任があるし、負けた試合はほとんど私のミス」と語ったこともある。しかし、本橋に「カーリングはチームで戦うチームスポーツ」と言われ、考えを変えた。「チームをいかに信頼できるかが、最終的に大事な大会で勝つか負けるかになる。私はチームで戦いたい」。夢に描いた初めての五輪の舞台。歴史的勝利で“ガラスのエース”卒業を証明する。

 次戦で勝てば、日本カーリング史上初の準決勝進出が決定。負けても、他国の結果次第で進出の可能性を残している。「勝敗を気にせず、自分たちらしい試合を最後までしたい」と藤沢。日本カーリング界に新たな風を吹かせてみせる。

続きを読む

渡部暁「少し足らなかった」 前半飛躍で首位もドイツ勢の猛追に屈す【上白石萌音、日本放送協会、宮下ともみ】

 ◇平昌冬季五輪 ノルディックスキー複合個人ラージヒル

 前半飛躍(ヒルサイズ=HS142メートル)をトップに立った渡部暁斗(29=北野建設)。「正直、厳しい戦いになると思います。向こう(ドイツ勢)はチームでしっかり追い上げてくると思いますから」の“予想”が当たってしまった。

 後半距離(10キロ)。ノーマルヒルを制した4位のフレンツェルには24秒差をつけたが、5位にルゼック、6位にリースレとドイツ勢3人が並びで、一人で引っ張る形になった渡部暁に対し、3人まとまっての追撃。3周目の途中で追いつかれ、ラスト4周目、勝負どころの最後の上りを前に後退し、5位に終わった。

 ルゼックが金、リースレが銀、フレンツェルが銅とドイツ勢がメダルを独占。悲願の金メダルどころか、メダルを逃す結果に渡部暁は「厳しかったですね。前半、とりあえず逃げてみて…ハイペースで入ったので、そこで力を使ってしまった。自分で仕掛けようと思っていたところで残っていた力を使っていったんですけど、少し足らなかったですね」と肩を落とした。

続きを読む

【一問一答】渡部暁斗「はっきり言って展開としては最悪」(団体戦、国歌斉唱、野村周平)

 「平昌五輪・スキー複合個人ラージヒル」(20日、アルペンシア・ジャンプセンター、アルペンシア距離センター)

 複合個人ノーマルヒルで2大会連続銀メダルの渡部暁斗(29)=北野建設=が前半のジャンプで134メートルを飛びトップに立ったが、後半の距離(10キロ)では果敢な逃げに打って出たが、3人が協力して追ってきたドイツ勢に飲み込まれ、最後は失速。5位に終わった。1位ルゼック、2位リースレ、3位フレンツェルとドイツ勢が表彰台を独占した。

 -距離では積極的に飛ばした。

 「前半からかなり飛ばして、最初は引き離したぐらいだと思う。ただ、彼ら(ドイツ勢3人)が合流してからは一気にスピードが上がってガッと詰められた。飛ばした分、余力が残ってなかった。(力を)使いすぎたなと。ドイツの3人も追いつくのに力を使ったのに、追いついてから意外と休んでいた。はっきりいって展開としては最悪でした。全然僕の思ったようにいかなかった」

 -残り1・5キロで一度スパート。

 「コーチとも金メダルを取るなら、いつもと違うことをしないと、と話していた。予想外のことをしないとチャンスはないと思っていたので。でもそこぐらいですね。悔いがないのは。仕掛けどころはよかった。あれで最後まで持つような走力が必要」

 -終盤バランスを崩した。

 「あそこで結構限界だったので、バランスを崩さなかったとしても、5位が4位に変わったぐらい」

 -もどかしい。

 「頂上は見えてるんですけど、なかなか登り方が分からない。本当のことをいえば、こういう展開でも勝てるようにならないと。本物のチャンピオンにはなれない。まだまだということ」

 -ソチ五輪の時と比べて。

 「ソチの時は結構当時でいえば、ベストを出し切っていて、ラージ6位で悔しかったけど、ある意味出し切ってスッキリしていた。今回はあまりスッキリ感が残っていない。かといって金メダルも遠かった。若干、これからどうしようかなというところもある」

 -団体戦に向けて。

 「いいジャンプはしていると思うので、それを(団体で)もう1本飛んで、今日の反省を生かして、次はいいレースをしたい」

続きを読む

八田亜矢子 銀行で大学生の母親と間違われる悲劇…まだ33歳…一生口座作らない 《銀行、振り込み、学校関係》

 東大出身の“インテリタレント”八田亜矢子(33)が20日、ブログを更新し、夫の学校関係の振り込みのために1人で銀行に行ったところ、行員から「お母様ですねー」と言われたことにショックを受けたと明かした。八田はこの銀行では「一生口座を作らない」と決意したことも明かした。

 八田は、行員が「なんの迷いもなく お母様ですねー」と呼んだことをあげ、「けっこうショックを受けましたいや…確かに、本人には見えないだろうし 大学の振込だからじゃぁ母親だろうと思われたんだけど 大学生の息子がいるような40~50代に見えたってことかと帰り道、かなり凹んでしまいました」と、しょげかえった自身の写真を掲載した。

 八田は「昔から老け顔だったから 年上に見られるのは慣れてたはずだけど なんか今日のは…久しぶりに大ダメージを受けたよ」と10歳から20歳も老けて見られたことに相当傷ついた様子。

 八田は「今日はせっかくお気に入りのフルーツサンドが買えてわくわくしてたのになぁ…ぐぬぬ…もう一生、あの銀行では口座つくらない!!いちごサンド食べながらモンハンやって忘れてしまおう!!そうしよう!!!やけ酒でも飲もうかな!!!笑」と、締めくくった。

続きを読む