エンタメ

「ほんと神々しい」 石原さとみ、“素顔”を捉えた秘蔵ショットが崇めたくなる美しさ 『公開、Instagram、秘蔵ショット』

 俳優の村上虹郎さんが4月19日、舞台「密やかな結晶」で共演した女優の石原さとみさんの秘蔵ショットをInstagramで公開。自然体な笑顔にあふれた写真の数々に反響が寄せられています。女神様や……。

 石原さん4年ぶりの舞台出演で話題となり、3月18日には福岡の久留米で千秋楽を迎えた同舞台。村上さんは「密やかな結晶シリーズ」とハッシュタグを添えて、思い出を振り返るように自らが撮影した共演者の姿を公開しており、19日には「とっても人間的だけど神々しいひと。石原さま」と石原さんの素顔を捉えた魅力的な写真の数々をアップしました。村上さん本当にありがとう。

 打ち上げ会場のような場所でくしゃくしゃな笑顔を浮かべた1枚や、大きな笑い声が聞こえてきそうな車内での様子など、カメラを意識していない自然体な姿は村上さんが“石原さま”と崇めたくなるのも納得の女神っぷり。カメラ目線の写真は言わずもがなの美しさで、控え室の床にちょこんと座った1枚では、大人メイクの石原さんがとろけそうなほほ笑みを向けてくれています。これ5時間は見てられるな。

 ファンからは、「美しすぎる…かわいすぎる……」「石原さま~! お綺麗すぎます」「ほんと神々しい」「心臓がギュイーンってなりました」など胸を鷲掴みにされたコメントが続々。村上さんの超ファインプレーに、「超ステキなお写真ありがとうございます」「幸せになる写真をありがとう!」など感謝の言葉も届いていました。

続きを読む

ハツラツ笑顔! 石田ゆり子、板谷由夏、戸田菜穂ら“オーバー40美女”5ショットが理想の歳の取り方(島ぜんぶでおーきな祭 沖縄国際映画祭、タイタニック、隅田川)

 女優の石田ゆり子さんが4月21日、同じく女優の板谷由夏さん、戸田菜穂さんらとの笑顔はじける5ショットをInstagramで公開。“オーバー40美女”のハツラツとした姿に大きな反響が寄せられています。みなさん美しすぎる。

 親友である板谷さんの初舞台「PHOTOGRAPH 51」を観劇したという石田さんは、同じく舞台観劇に訪れた女優の戸田菜穂さん、浜島直子さん、モデルの亜希さん、そして主役である板谷さんを含めた5ショットをアップ。板谷さんの楽屋前に集まった同世代の美女たちが、お腹の底から湧き出た元気いっぱいの笑顔を浮かべており、自然体ながらも美しいその姿は理想の歳の重ね方を体現しているようです。ステキでしかない。

 板谷さんの初舞台には多くの著名人が訪れており、同じく“オーバー40美女”である女優の吉瀬美智子さん、井川遥さんの姿も。石田さんに関しては今回が2度目の観劇で、1度目には板谷さんと楽屋の暖簾から顔を出したおちゃめな2ショットでファンを楽しませていました。

 ファンからは、「皆さん最高の笑顔ですね」「美人さんがいっぱい」「ステキ女子大集合」「本当にすごい面々ですね」「大好きな人たちが集まってて大興奮しました」など美女ぞろいの5ショットに歓喜のコメントが続々。中には、「いつかゆり子さんの舞台も観に行きたいです」「ゆり子さんの舞台出演も楽しみに待ってます」など、板谷さんに続いて石田さんの舞台出演を期待する声も届いています。

続きを読む

「人間将棋」甲冑姿で駒に…5万4000人観戦 《熱戦、女流棋士同士、県内外》

 将棋駒の生産量日本一を誇る山形県天童市の舞鶴山で21日、人間を駒に見立てた「人間将棋」が行われた。

 県内外から約5万4000人が訪れ、女流棋士同士の熱戦を見守った。

 63回目の今年は、香川愛生(まなお)女流三段と、ポーランド出身で史上初の外国人女流棋士、カロリーナ・ステチェンスカ女流1級が対局。縦約17メートル、横約14メートルの盤上で、甲冑(かっちゅう)姿の高校生40人が駒に扮(ふん)し、2人が高さ約2メートルのやぐらの上から出す指し手通りに動いた。

 対局は、92手で香川女流三段が勝利。さいたま市南区から訪れた小学4年の男児(9)は「甲冑を着た人が格好良かったし、プロの戦いを見られて勉強になった」と話した。

 22日は屋敷伸之九段と山崎隆之八段が対局し、加藤一二三九段らのトークショーも行われる。

続きを読む

長澤まさみ、11年ぶり「月9」主演 視聴率は気にしない「いい意味でのんき」(サーキット・オブ・ジ・アメリカズ、豊田章男、雅山 哲士)

 女優の長澤まさみ(30)が、フジテレビ系月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」(月曜・後9時)でコンフィデンスマン(信用詐欺師)の主人公を好演している。同局系ドラマ「リーガル・ハイ」などで人気の脚本家・古沢(こさわ)良太氏(44)によるオリジナル作品で、3人の信用詐欺師による奇想天外なコメディー。2007年の「プロポーズ大作戦」以来、11年ぶりに月9に主演した長澤が、今作への思い、この先の女優人生などを語った。

続きを読む

囲碁界の天才、19歳の女流棋士 昨年の年収は2000万円超え! 『神ギ問、フジテレビ、藤沢里菜三段』

 囲碁の女流棋士・藤沢里菜三段(19)が21日、フジテレビで放送された「さまぁ~ずの神ギ問」に出演。4冠を達成した2017年の年収が2000万円を超えたことを告白した。

 藤沢三段は2010年入段。11歳6カ月での入段は女流棋士特別採用最年少記録だった。13年二段、15年三段と順調に昇段し、17年には女流4冠(女流本因坊、女流立葵杯、女流名人、扇興杯)を達成した。現在は3冠(女流立葵杯、女流名人、扇興杯)。

 年収を質問されると、「去年は一応、2000万超えました」とはにかみながら告白。賞金は「基本的に貯金」しているという。

 囲碁の日本棋院が発表している年間賞金ランキングでは、史上初の7冠を2度達成している井山裕太九段が7年連続で首位を独走。2017年は1億5981万、16年が1億3494万円、15年が1億7212万円を獲得した。

 17年は藤沢三段も囲碁界全体で4位にランクイン。2404万円を獲得した。16年は1175万円だった。

 なお、将棋界の17年の賞金ランキングは(1)渡辺明棋王 7534万円 (2)佐藤天彦名人 7255万円 (3)羽生善治竜王 5070万円 (4)久保利明王将 3019万円 (5)丸山忠久九段 2908万円--となっている。

続きを読む

<機動戦士ガンダムNT>話題の新作のUCガンダム3号機がガンプラに ナラティブガンダム、シナンジュ・スタインも(人気、決勝戦、セリエA)

 人気アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズの劇場版最新作「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」(吉沢俊一監督、11月公開)に登場するユニコーンガンダム3号機フェネクスのプラモデル「HGUC 1/144 ユニコーンガンダム3号機フェネクス(デストロイモード)(ナラティブVer.)」が、バンダイから6月に発売されることが分かった。価格は3024円。

続きを読む

複数の仕事をキャンセル…江頭2:50に気になる「休養情報」 《テレビ、みなおか、めちゃイケ》

 4月改編で江頭2:50(52)が比較的よく出演していたバラエティー番組が立て続けに終了。江頭は「オレ、4月から『ぷっすま』も『めちゃイケ』も『みなおか』も、全部なくなるから、テレビ出ない人になるんだよ」とこぼしていたが、気になる近況が伝わってきた。体調を崩してあまり元気がないらしい。

「パチンコ営業など、江頭さんが出演するはずだった複数のイベントの仕事がキャンセルになったことが分かりました。準レギュラー扱いの番組が次々と最終回を迎えたことがよほどショックだったらしく、いつものハイテンションを維持できなくなっているようです。知人たちは心配しています」(イベント関係者)

 江頭は04年にも過労による体調不良でダウンしたことがある。トレードマークの黒いタイツ姿で、これまで数多くの“伝説”を残してきたが、本人の性格はいたってマジメ。だからこそ、ギョッとするような過激な芸でファンをおおいに沸かせてこれたのだろう。

 エガちゃんは大丈夫なのか――。所属事務所の大川興業に聞いた。

「立て込んでいた仕事が一段落したため、現在は一時的に休養していますが、病気療養とか入院ではありません。今後予定している仕事もありますし、ニュースになるような大げさな話ではありませんよ」(担当者)

 実際、テレビに居場所がなくなったとしても、江頭には仕事のオファーがひっきりなしだ。パチンコ営業などイベントの仕事で1年先までスケジュールが埋まっているという。

「大量にお客さまを呼べる江頭さんの営業料金は“大物並み”。夏からはフェスなど野外イベントの仕事もたくさん入ってきます。今は繁忙期に備えた江頭さんの充電期間なのかもしれません」(前出のイベント関係者)

 布袋寅泰の「スリル」とともにハイテンションで登場する江頭を早く見たいものだ。

続きを読む

葵わかな『わろてんか』に呼ばれた 久しぶりの大阪「胸がキュっとなった」 《来場者、出演、舞台裏》

 女優の葵わかなが21日、NHK大阪放送局内で開催された、連続テレビ小説『わろてんか』の関連イベント『オフラインミーティング~舞台裏しゃべりまっせ!~』に出演。来場者には告知されていなかったため、ヒロインの帰還にファンは大喜びだった。

 21日は、『わろてんか』のスピンオフドラマ『ラブ&マンザイ~LOVE and MANZAI~』(BSプレミアムで午後8時から)の放送日。葵は「きょう、ここに来られるとは思っていなかったんですが、たまたまスケジュールがここだけ空き、『わろてんか』に呼ばれているな、運命なんだなと思いました。新大阪駅から大阪局に向かう間、見慣れた道を見ると、懐かしい反面、もう私の場所じゃないんだなと、胸がキュっとなる思いでした。それぐらい濃い時間を過ごせました」と感慨もひとしお。

 イベントは、葵のほかに、枝元萌(歌子役、スピンオフ全4話にわたって登場するキーパーソン)、畦田ひとみ(安来節乙女組の勝部なつ役)、制作統括の後藤高久氏(NHK大阪)が出演し、撮影の裏話などをクロストーク。

 葵は「ヒロイン・てんを演じることが決まったとき、本当にたくさんの人から『ヒロインは大変だよ!』とばかり言われたんですが、それならば逆に『大変じゃない』と思えるようにしようと思いました。『大変だ』と言わないようにしようと。そういう気持ちで入ったら本当に大変じゃなくなった」と話し、観客の関心を引いた。

 枝元は「撮影で一番苦労したのは、夫の吉蔵を演じる藤井隆さんを叩いたりどついたりするシーンでした。一度思いっきりやってみたら、スタッフの方から『視聴者の人がひかないように叩いてほしい』と言われてしまって。藤井さん本人は痛くないって言ってるんですけど(笑)。それからは(亀井役の)内場勝則さんに『痛くないけど面白い叩き方はないですかね?』と相談したり、『この時代にはどういう叩き方をしていたのか』という時代考証までしたりしました」と、意外な苦労を明かした。

 畦田は「私が演じたなつは、少し意地悪な役だったんですが、踊りが苦手な小豆沢とわを演じた辻凪子さんの無意識の顔芸にいつも笑わされていました。感動するシーンでも、隣の立ち位置のとわちゃんが不思議な顔をしていて、私は嫌なやつを演じなきゃいけない上に真面目なシーンなのでずっと笑いをこらえていました。私は13週と14週の登場で、撮影が終わってから寂しかったのですが、きょう皆さんにお会いできてうれしかったです」と話していた。

 最後に葵は「難しいことも苦悩もあったけど、いま振り返って本当にいい経験をさせてもらったなと。役者としてだけでなく、一人の人間としていい出会い、いい経験をさせてもらいました。ですから笑うことは大事だと本当に思っています。きょうまで本当にありがとうございました」と、思いを伝えていた。

■今後の関連番組
連続テレビ小説『わろてんか』スピンオフ『ラブ&マンザイ』
BSプレミアム:4月21日 後8:00~8:59

連続テレビ小説『わろてんか』総集編
総合テレビ:5月4日
前編 前8:15~9:43[再]
後編 前9:50~11:18

続きを読む

『アヴィーチーへの追悼、後を絶たず』 ~ ヤフーユーザーの意見まとめ

アヴィーチーの突然の訃報は、EDMシーンはもちろん音楽界に大きな衝撃を与え、ミュージシャンやファンは深い悲しみに包まれた。

多くのミュージシャンから追悼の言葉が上がっている。

マドンナ「すごく悲しい…本当に痛ましい。さようなら 親愛なるスウィート・ティム 早すぎる」

カルヴィン・ハリス「アヴィーチーのこと、ショックだ。美しいソウル、情熱的で、もっともっとやることがあった傑出した才能。神の御加護を、ティム」

デヴィッド・ゲッタ「本当に悲惨なことが起きた。僕らはとても美しい心を持つ友人を失い、世界は素晴らしい才能を持つミュージシャンを失った。君の美しいメロディー、スタジオで僕らが共有した時間、DJとしての共演、そして友人として人生を楽しんだこと、ありがとう」

アダム・ランバート「RIP ティム。君は素晴らしい作曲家で優しい心の持ち主だった」

ナイル・ロジャース「#RIPAVICII 親愛なるティム 君の家族へ心からお悔やみを。君は僕のリトル・ブラザーだった。愛してる」

チャーリー・プース「いつか彼のような作品を作りたいって、僕を開眼させた人を追悼する時間を持ちたい。@Aviciiは天才で音楽の革新者だった。彼がもう僕らと一緒にいないなんて信じられない」

イマジン・ドラゴンズ「アヴィーチーの訃報にショックを受けている。彼との仕事は僕の大好きなコラボレーション・モーメントの1つだった。若過ぎる。彼の存在とアートは、世界をよりハッピーで豊かな場所にしていた。彼の友人と家族に僕の愛全てを」

このほか、スクリレックス、Zedd、Marshmello、マーティン・ギャリックス、スティーヴ・アオキ、Kaskade、Aloe Blacc、デュア・リパ、リタ・オラ、リアム・ペイン、エリー・ゴールディング、クレイグ・デイヴィッド、DJ Snake、ワンリパブリックのライアン・テダーら多くのアーティストがその早すぎる死を偲んだ。

Ako Suzuki

続きを読む

『仲代達矢『白い巨塔』オファー断っていた』 ~ 皆さんの反応まとめ

 俳優の仲代達矢が21日、東京・角川シネマ新宿で開催中の特集上映「大映男優祭」の記念トークイベントに出席。市川崑監督の『炎上』(1958年)や『鍵』(1959年)で大映作品に出演した仲代が、市川監督との撮影秘話や、市川雷蔵、勝新太郎、田宮二郎ら大映の看板俳優たちとの交遊を生き生きと語った。

 『炎上』上映後にイベントに登壇した仲代は、開口一番「うしろの席でみなさんと一緒に作品を観ましたが、『炎上』は私が26歳のときのもの。今85歳なので約60年前ですが、すごく新しい映画に出ていたなと思いました」とあいさつ。三島由紀夫の小説「金閣寺」を市川監督が映画化した本作は、主人公の青年僧を雷蔵が主演し、仲代が青年僧の友人役で共演している。

続きを読む