まさか

『長友“運転手”はまさかの元ブラジル代表レジェンド「恐れ多い。苦笑」』 ~ ヤフーユーザーの意見まとめ

 サッカー日本代表でトルコのガラタサライ所属のDF長友佑都(31)が21日、ツイッターを更新。元ブラジル代表GKのレジェンド、クラウディオ・タファレル氏(51)に送迎してもらっていることを明かし、「こんな凄いレジェンドに恐れ多い。苦笑」とつづった。

 長友はタファレル氏について「W杯、90年準優勝、94年優勝、98年準優勝の輝かしい成績を持つレジェンド」と紹介。タファレル氏は現在ガラタサライのGKコーチを務めている。長友は車が届いていないため、同じマンションに住むタファレル氏が送迎をしてくれているようだ。

 長友は「選手よりも早く練習場に来て、準備をしている超プロフェッショナル」とタファレル氏を評し、「こんな凄いレジェンドに恐れ多い。苦笑」と心境をつづった。

 タファレル氏は1984年にSCインテルナシオナルでプロデビュー。88年には代表デビューも果たし、W杯には合計18試合出場。GKとしては最多の出場記録を誇る。94年のW杯決勝、ブラジル-イタリアでPKを外したロベルト・バッジョ氏(51)に「それでもあなたは偉大な選手だ」と声をかけたことなどで知られる。

続きを読む

V候補ネーサン・チェンがまさかのミス連発 羽生の演技直後で「正直ひどかった」 《米国、ネーサン・チェン、優勝候補》

 「平昌五輪・フィギュアスケート男子・SP」(16日、江陵アイスアリーナ)

 今季のGPファイナルを制し、優勝候補の1人として乗り込んできたネーサン・チェン(18)=米国=は、羽生の完ぺきな演技の後の滑りとなったが、すべてのジャンプでミスが出て82・27点で17位に沈んだ。

 演技後は得点を見る視線も虚ろ。「何が起こったか分からない。ちょっと時間が必要だ。正直ひどかった」と、うなだれた。

 米国の期待を担う18歳。メダル争いは厳しい状況となったが「フリーでベストを尽くして、巻き返せるように頑張るよ」と、必死に前を向いた。

続きを読む

瀬戸朝香の子育てトーク中にまさかの衝撃告白が!?「A-Studio」 《女優、2月9日放送回、A-Studio》

ゲストの友人や関係者への徹底取材からその素顔に迫るバラエティ「A-Studio」の2月9日放送回に、女優の瀬戸朝香がゲスト出演。番組では瀬戸さんと家族ぐるみの付き合いだという「HOME MADE 家族」のMICROからの“驚きの告白”もあり、ネットには多くの投稿が溢れている。

中学生のとき、美少女がいるといううわさを聞きつけ自宅にスカウトが訪ねてきたことがきっかけで芸能界入りした瀬戸さん。当初は芸能界入りを拒んでいたという瀬戸さんだが、半年以上にわたる説得に応じ上京したという。芸名も愛知県瀬戸市出身だから「瀬戸朝香でいいよね」というノリで決まったそうで、「瀬戸出身で瀬戸って恥ずかしかった」と当時をふり返る。また所属事務所も立ち上がったばかりで、事務所もスカウトのアパートだったそう。芸能界のことをよく知らなかった瀬戸さんは「こんなボロアパートが事務所なんだ…」と怪しんでいたのだとか。

そんな瀬戸さんだがいまや一男一女の母親として仕事と子育てを両立。今回MCの笑福亭鶴瓶とモデル・emmaは瀬戸さんの“ママ友”にインタビューしたほか、家族ぐるみの付き合いがあるというHIPHOPユニット「HOME MADE 家族」のラッパー・MICROさんも取材、“ママ”としての瀬戸さんの実像に迫ったのだが、実はMICROさん、これまで子どもがいることを公表していなかったが、今回の取材をきっかけに発表することにしたそう。

予想外の展開に「MICROに子供二人がいるってA-Studioで瀬戸朝香がゲストの時言うっていうwww」「16年くらいファンなのにいま知る。いま発表される。まさかすぎる。笑」などMICROさんのファンからのツイートが一斉にSNSのタイムラインに並ぶ事態に。

また、お風呂で子どもに自らアキラ100%の“お盆芸”を教えていることも告白。これには「瀬戸朝香が子供にアキラ100%ネタを実際に見せて教えるってのを聞いてちょっと燃えた。」「イメージしたら可愛すぎて萌え死ぬ」などの声が多数寄せられたほか、「アキラ100%やるの笑笑 てことはいのっちも…?」「イノッチいい奥さん選んだなぁ」と夫の「V6」井ノ原快彦の存在を想像しての投稿も多数。

「さっぱりした性格でいい」「サバサバしてる姉御な感じ好きだなー」などその人間性も好感を呼んだ模様。息子さんはボクシングを習っているイケメン少年だということで、「息子がイケメンと聞いてさすがDNAだな」という反応も投稿されていた。

続きを読む

『小林潤志郎、強風で「たたき落とされる感じ」 W杯ランク8位がまさかの31位/ジャンプ』 ~ ヤフーユーザーの意見まとめ

 平昌五輪第2日(10日、アルペンシア・ジャンプセンター)ノルディックスキー・ジャンプ男子ノーマルヒル(ヒルサイズ=HS109メートル)で、冬季五輪史上最多の8度目の出場となる葛西紀明(45)=土屋ホーム=は1回目に104・5メートルを飛び、113・9点の16位で2回目に進んだ。小林陵侑(21)=土屋ホーム=は108メートルの120・2点で9位、伊東大貴(32)=雪印メグミルク=は103メートルの110・3点で19位だったが、小林潤志郎(26)=雪印メグミルク=は93メートルの98・8点で31位にとどまり、上位30人に入れず2回目に進めなかった。

 W杯ランキング8位の小林潤志郎は98メートルのK点にも届かず、着地後は両手を広げて首をかしげた。「運も味方にできず、距離も出せなかった。納得いかない試合だった」とガックリ。強風の影響を受け、「たたき落とされる感じで、最後に風をもらったので距離を伸ばせなかった」と不運を嘆きつつ、「この悔しさをばねに、ラージヒルで悔いのないジャンプをしたい」と気持ちを切り替えた。

続きを読む

今夜放送『ホリデイラブ』、サレ妻・仲里依紗がまさかの相手とベットイン!?【男子スロープスタイル、鹿島アントラーズ、日本】

 浮気されてしまう妻を主人公に据え、“正妻と夫婦愛の正義”を描く『ホリデイラブ』から、衝撃のシーン写真が到着した。公開された写真は、サレ妻こと主人公・高森杏寿を演じる仲が、夫・純平(塚本高史)ではなく、イケメン経営者・黒井由伸(山田裕貴)と、何だが言い逃れできないほど“いい雰囲気”で密着している。

 本作は、ずっと信じていた夫・順平(塚本)が浮気をしていたという裏切りにひどく傷つけられた杏樹(仲)、純平の浮気相手・里奈(松本まりか)、そしてその夫・渡(中村倫也)とその周辺を取り巻く人々の「愛と再構築」がテーマの夫婦恋愛サスペンスドラマ。原作はマンガ雑誌アプリ「マンガボックス」で好評連載中の『ホリデイラブ~夫婦間恋愛~』。

 最初から何もかもがドロドロすぎる!と話題を呼んでいる本作だが、なんと9日放送の第3話で、主人公・杏寿を演じる仲の、誰がどう見ても“訳アリなショット”…に見えてしまう衝撃のシーン写真が公開された。気になるお相手はまさかの夫・純平(塚本)ではなく、イケメン経営者・黒井(山田裕貴)。写真では双方、肌を大胆に露出し、言い逃れの出来ない雰囲気を漂わせている。“サレ妻”(夫に不倫される妻)の杏樹は一体どうなってしまうのか…?

 第1話から衝撃展開が続くドラマ『ホリデイラブ』はテレビ朝日系列にて毎週金曜23時15分から24時15分放送。

続きを読む

葛西 8度目五輪出場の偉業ジャンプでまさかのミス「ファスナー閉め忘れて…」【2018年平昌オリンピック冬季競技大会、大韓民国、情報プレゼンター とくダネ!】

 「平昌五輪・スキージャンプ男子ノーマルヒル」(8日、アルペンシア・ジャンプセンター)

 開幕を前に、男子ノーマルヒル予選が行われ、日本史上最多8度目の五輪となった葛西紀明(45)=土屋ホーム=は98メートルを飛び、117・7点の20位で予選を通過。これで8大会連続五輪出場が正式に公認された。日本勢は小林潤志郎(26)=雪印メグミルク=の18位が最上位。小林陵侑(21)=土屋ホーム=が21位、伊東大貴(32)=雪印メグミルク=が31位で、4人全員が予選を通過し、10日の本戦に進んだ。

 偉大な記録が懸かる1本のジャンプに、百戦錬磨の“レジェンド”といえども重圧を感じていた。しっかりと飛んで着地さえ決めれば、日本歴代単独最多、世界でも夏冬合わせて歴代最多タイとなる8度目の五輪出場記録が公認される。

 低い飛び出しから、距離を伸ばしきれずに、平凡な98メートル。ホッとしたと同時に、あるミスに気付いた。

 「予選通ったんですか、僕?緊張のあまり(スーツのファスナーを)閉め忘れて。飛び終わって、(小林)陵侑に言われて、“うそ~”って」。

 スーツチェックの規定はなんとかクリアし、記録、順位は公認。「風が入って抵抗があったから、5メートルぐらい伸びなかったかな」と安堵しながら、饒舌に振り返った。

続きを読む