ホンダ

レッドブル首脳「ホンダと手を切ったのはマクラーレンのミス」 《ルノー、今季、限り》

レッドブル首脳のひとりであるヘルムート・マルコが、マクラーレンがホンダとの関係を解消するという決断をしたのは大失敗だったと語った。

昨年限りでホンダとの関係を解消したマクラーレンは、今季はルノーから購入したPU(パワーユニット)を搭載してシーズンに臨んでいる。

先週末に行われた今季の第2戦バーレーンGPには3強チームと呼ばれるメルセデス、フェラーリ、レッドブルとの差を縮めることが目標だとして乗り込んだものの、予選も決勝もトロロッソ・ホンダのペースにすら及ばないという残念な結果に終わってしまった。

■マクラーレンが遅かったのはホンダだけのせいではなかった

「“アロンソさん”はレッドブルと戦いたかったのだが、トロロッソの後ろになってしまった」

ドイツの『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』にそう語ったマルコは次のように続けた。

「マクラーレンのクルマはそれほどいいものではないし、彼らが遅かったのは単にホンダエンジンだけのせいではなかったんだ。ルノーを積んでからも彼らはストレートで一番遅いんだからね」

■ホンダを見限ったのはマクラーレンのミス

今年も開幕戦オーストラリアGPでは問題を抱えてしまったものの、ホンダPUは第2戦バーレーンではかなりのパフォーマンスと信頼性を発揮。予選6番手となったトロロッソのピエール・ガスリーは決勝でも2つ順位を上げ、2015年にエンジンサプライヤーとしてF1に復帰したホンダにとって最上位となる4位フィニッシュを達成している。

最近のうわさでは、レッドブルも来季からルノーに替えてホンダPUを搭載することになる可能性がかなり大きくなったと考えられている。

マルコは、マクラーレンがホンダを見限ったのは間違いだったと次のように付け加えた。

「彼らはこれからどんどんよくなるエンジンを失ったばかりでなく、大金を失うことにもなってしまったんだ」

続きを読む

『【マクラーレン】アロンソ、ホンダとの別れを「後悔してない」 バンドーン「捉えられる」』 ~ ヤフーユーザーの意見まとめ

F1第2戦バーレーンGP決勝レースで4位入賞という素晴らしい結果を残したトロロッソ・ホンダ。世界中がこの結果に驚き、称賛している。

一方、そのホンダと別れてから2戦目のマクラーレンは、ルノーパワーに切り替えても苦闘を続けている。

しかし、マクラーレンはこのような状況でもバーレーンGPで7位と8位に入賞した。

マクラーレンのストフェル・バンドーンは、バーレーンGPで4位になったピエール・ガスリーについて聞かれると次のように述べた。

「彼ら(ホンダ)は良い仕事をしていて、大きな前進を遂げたね」

「今の僕たちは彼らを捉えることができるよ」

一方、フェルナンド・アロンソは、ホンダを捨てた決定を後悔し始めているかと尋ねられると「ノー」と答えている。

続きを読む

『F1 Topic:トロロッソと組んだホンダがPUの信頼性向上を徹底させた理由』 ~ ヤフーユーザーの意見まとめ

 合同テストでマクラーレンが何度もトラブルに見舞われる中、今年からトロロッソとタッグを組んだホンダは、F1に復帰して以来、最長の距離となる3825kmを走り込んだ。

 なぜ今年、ホンダのPUは信頼性が大きく向上したのか? 

 最大の理由は、栃木県にある技術研究所『HRDさくら』のエンジニアたちの努力だ。テスト後、山本雅史ホンダモータースポーツ部長は次のように語った。

「オフシーズンの間に、研究所(HRDさくら)で見直せることは全部、見直しました。目に見えない積み重ねが、バルセロナでの結果に反映されたのだと思います」

 現在のF1は年間に使用できるPUが制限されているため、開幕戦に投入するPUを少しでも進化させようと、オフシーズンの間の開発は性能向上を目指すことを優先しがちである。

 しかし、今年ホンダはあえて信頼性向上を徹底させたのだ。それはホンダが自分たちのことだけを考えて下した決断ではない。新しいパートナーとなるトロロッソのことも考えて判断した結論だった。

「ピエール(ガスリー)もブレンドン(ハートレー)も、今季が初めてのフルシーズン。クルマに慣れるためには、実走に敵うものはない。だから1回目のテストではコース上でしっかりと走ってもらうために、パフォーマンスよりも信頼性に振ったパワーユニットを準備しました」と山本MS部長。

 パートナーを思いやる気持ちを持っていたのは、ホンダだけではない。トロロッソもまたホンダをリスペクトし、ホンダと仕事するうえで日本の文化を学ぶ必要があったと、チーム代表のフランツ・トストは語る。

「私はかつて日本で生活していたことがあるから、日本がヨーロッパの文化と違うことはわかっているが、ファクトリーで働いている人たちはそれを知らない。だから、彼らがホンダと仕事するうえで、誤解を招かないよう、日本の人たちがどういう風な考え方をしているかを学んでもらう必要があると思ったんだ」

 トストがスタッフに理解してもらいかったのは、日本人とのコミュニケーションで起きるちょっとしたズレだ。

「例えば、日本人はイエス、ノーをはっきりと言わないところがあるから、メールで返事では『できない』と書かないようにしなければならないんだ。日本人をがっかりさせちゃうからね。反対に、日本人から『できるかもしれません』とメールが来たら、あまり期待しちゃいけない。だいたいできないということを理解しないといけないんだ」

 こうしたトロロッソ側を意識してか、ホンダも相手に変な期待を持たせるような発言は極力控えているように見受ける。

 期待を上回る出来で合同テストを終えても、開幕へ向けて山本モータースポーツ部長から出る言葉は慎重だ。

「この世界では、いきなり奇跡が起きるわけではない。地道にひとつずつステップを踏んでやっていくしかありません。レースという長丁場をしっかり戦うこと。そして最終戦までの21戦をどう戦っていくかも考えておかなければならない。それをキッチリとこなしていくことがいまのホンダには必要です」

 本音で付き合えるパートナーと組んだことで、ホンダも背伸びをすることなく、足元を見つめ直すことができたのかもしれない。
 

[オートスポーツweb ]

続きを読む

『ホンダと組むことに備えて「日本語の勉強も始めた」レッドブル首脳』 ~ 皆さんの反応まとめ

レッドブルが2019年からホンダと組むことを真剣に、それもかなり前向きに検討しているのは間違いないようだ。

これまで長年にわたってルノーからエンジン供給を受けていたレッドブルだが、2019年以降もルノーとの関係を維持するのか、あるいはホンダに移行するのか、2018年シーズン前半の状況を見て決定することになると言われている。

今年は前年限りでマクラーレンとの関係が解消されたホンダをジュニアチームのトロロッソのパートナーに迎えており、ホンダPU(パワーユニット)の将来性を精査するには絶好の機会となる。

■ホンダの説明に納得できたとレッドブル首脳

レッドブル首脳の1人であり、チームオーナーの右腕的存在として知られるヘルムート・マルコはドイツの『Bild(ビルト)』紙に次のように語った。

「我々はホンダに今年に向けて何を変えたいと望んでいるのかすべて説明してもらった。それは我々を納得させるものだった」

「私は少しばかり日本語の勉強さえしているんだよ。そうすれば、夜に彼らと一緒に夕食をとることもできるだろうしね」

■今年のルノーPUにも期待感

天才F1カー設計者とも言われるエイドリアン・ニューイが最高技術責任者を務めるレッドブルだが、シャシー性能に関しては現在のF1でもトップレベルにあると考えられている。そして、そのレッドブルがメルセデスAMGやフェラーリに後れをとっている最大の原因は現在搭載しているルノーPUのパフォーマンス不足によるものだというのが定説とさえなっている。

だが、2月末から合計8日間にわたってバルセロナで行われた公式シーズン前テストではルノーPUを搭載したレッドブルがかなりの戦闘力を持っていることが明らかになり、今年は2013年以来となるF1タイトル獲得のチャンスもあるのではないかという期待感も高まっているようだ。

■ルノーとの関係継続には懐疑的な声も

だが、現在レッドブルのドライバーを務めるマックス・フェルスタッペンが下位カテゴリー時代に所属していたファン・アメルスフォールト・レーシングのオーナー、フリッツ・ファン・アメルスフォールトはあまり楽観的に考えてはいないようだ。

「レッドブルも前進は果たした。だが、メルセデスと戦おうとすれば多くの資金とエネルギーが必要となるだろう」

「ルノーと、そしてそのエンジンで何ができるのかということがカギになるわけだが、私はかなり懐疑的だよ。私はバルセロナでのテスト(シーズン前公式テスト)の後に生じた高揚感を信じてはいないよ」

『Het Laatste Nieuws(ヘト・ラーツテ・ニュース)』にそう語ったファン・アメルスフォールトは次のように付け加えた。

「1,600万人のオランダ人がマックスは世界チャンピオンになるだろうと考えている。しかし、それ(望みがあるのかどうか)はオーストラリア(開幕戦/25日決勝)に行くまで分からないよ」

ともあれ、ホンダがトロロッソやレッドブルの期待に応えられるようなパフォーマンスと信頼性を発揮することができ、レッドブルが自信を持って来季からホンダをパートナーに迎えることができるようになるのかどうか、とりわけ2018年F1シーズン前半が重要な意味を持つことになりそうだ。

続きを読む

「ホンダとの提携で新しい可能性を得た」とトロロッソF1代表。テストでのペースと信頼性に満足 「いい形、パートナーシップ、ホンダ」

 2018年F1プレシーズンテストが終了し、スクーデリア・トロロッソのチーム代表フランツ・トストは、8日間のなかでパッケージが示した速さと信頼性を喜び、ホンダとのパートナーシップをいい形でスタートすることができたと語った。

 ホンダを新しいパワーユニットパートナーに迎えたトロロッソは、テスト期間、高い信頼性のもと、ほとんどの日を順調に走り、トラブルに悩まされる場面は少なかった。8日間においてメルセデス、フェラーリに次ぐ走行距離を記録、タイムに関しては、チーム別で6位に当たるタイムをピエール・ガスリーが記録した。

「先週のテストは天候に恵まれなかったが、2回目のテストでは好転し、気温は20度、路面温度も37度前後という絶好のコンディションの下で、走行することができた。これによって、チームはマシンやタイヤ、セットアップについて多くを学べたと思う。だが私としては将来は(天候の問題が少ない)バーレーンでテストが開催されることを願っている」とトストはテスト終了後に語った。

「私は、ホンダとのパートナーシップは我々のチームにとって非常に重要であると常々申し上げている。このパートナーシップのもと、ホンダという非常に強力なエンジンマニュファクチャラーと緊密に協力し合うことで、新しいやり方で今季の新しいマシンを設計し開発する可能性が得られたのだ。今は、パッケージ全体を向上させるため、連携して効率的に作業を進めている」

「ここバルセロナでの2回のプレシーズンテストを終え、8日間で3826kmを走りきることができ、とても満足している。テストができたのは悪天候により実質7日間だったが、それを考えるとより一層良い結果だと思う。スピードにおいても信頼性においも、まずまずのレベルのパフォーマンスを発揮できたのは素晴らしいことだ」

「ホンダが素晴らしい仕事をしてくれたと同時に、私たちチーム側もドライバーたちが扱いやすいマシンを作り上げることができた。ブレンドン(・ハートレー)とピエールが、テスト期間中、有効かつ的確なフィードバックをしてくれて、たくさんのデータを集めることができた。それをメルボルンでの開幕戦に向けて分析していく。まだまだやることはたくさんあるので、楽観的でありつつ、慎重に考えてもいる」

「ホンダ、チーム、そしてドライバーたちにとても感謝している。皆が協力し合って、とてもいい仕事ができた。レースをするのが楽しみだよ」

[オートスポーツweb ]

続きを読む

【F1テスト2・4日目】ホンダは速さと安定感を備えた フェラーリ、マクラーレン、ルノーが速さを見せる(竜星涼、横浜F・マリノス、J1リーグ)

スペイン・バルセロナサーキットでの第2回プレシーズンテスト最終日となる4日目、連日トップタイムを記録したのはフェラーリだった。

フェラーリはキミ・ライコネンが157周を走行。ランチ前にハイパーソフト(ピンク)を履いて、17秒台となる1分17.221秒を記録した。速さも信頼性も十分な準備ができたようだ。

■残り15分でドラマ・・・フェルナンド・アロンソが17秒台

午前中、マクラーレン・ルノーのフェルナンド・アロンソはわずか7周でターボのトラブルに見舞われてしまい、ガレージの中で過ごすことになってしまった。

しかしパワーユニットを積み替えた後は距離を稼ぎ、計8日間のテストも残り15分となった時にドラマが起こった。

ハイパーソフトタイヤを装着したフェルナンド・アロンソが1分17.784秒というタイムを叩きだしたのだ。17秒台に入ったのはフェラーリとマクラーレン・ルノーだけだ。フェラーリとの差はわずか0.5秒。マクラーレン・ルノーは速さがあることを示し、93周で最終日を終えている。

■ルノーはギアボックストラブルも3番手

午前中、ルノーはまた困難に直面した。カルロス・サインツのマシンにギアボックスの不具合が見つかったのだ。修復された後、チームはニコ・ヒュルケンベルグが事前の計画どおりに引き継ぐのではなく、失った時間を補うためにサインツを走らせるという決定を下した。

そのサインツはハイパーソフトを装着して、ライコネンのベストラップから約0.9秒落ちという3番手タイムを記録した。

■ウィリアムズはクビサがシートを譲る

ウィリアムズでは、この日ドライブする予定だったロバート・クビサは、レースドライバーのランス・ストロールとセルゲイ・シロトキンの若いレギュラードライバー2人に新シーズンに向けて経験値を上げさせるために自らの走行時間を譲る決断をした。

メルセデスは、ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスがラップタイムを狙うのではなく、より硬いタイヤコンパウンドで走ることに重点を置いており、2人で201周を走行した。

■トロロッソ・ホンダ、156周で信頼性十分

トロロッソ・ホンダはこの日、2レース分以上にあたる156周を走行して7番手タイムでテストを終えた。スピードとしては中団を争う上で十分な速さを持っており、ホンダのパワーユニットは年間3基という厳しいパワーユニット使用制限にも耐えられるだけの信頼性の高さを示した。

F1開幕戦オーストラリアGPは2週間後に迫っており、各チームはテストで得られたデータを基にクルマを微調整してくることだろう。

続きを読む

『「ホンダはトロロッソ史上最も信頼性が高いパワーユニットを作ってくれた」とチーム首脳』 ~ 皆さんの反応まとめ

 スクーデリア・トロロッソのテクニカルディレクター、ジェームズ・キーは、ホンダのパワーユニットが示す高い信頼性に非常に満足していると語り、この状態を維持できればパッケージの開発を効率的に進めていけると大きな期待を示した。

 第2回F1プレシーズンテスト3日目、トロロッソ・ホンダはトラブルなく作業を進め、ピエール・ガスリーが169周を走った。この周回数は、パワーユニット時代に入ってからのテスト1日の周回数としては、トロロッソにとって最多の記録であるという。

「ピエールにとってもチームにとってもタフな一日だったと思うが、169周を走り切ることができてよかった。この周回数は、我々チームにとって、現在のパワーユニット・レギュレーションになって以降、プレシーズンテスト1日の走行距離としては最多記録になる」

「午前中はその時のコンディションでの最適なバランスを見つける作業に少し手こずった。これについてはさらに調べる必要があるが、午後にはうまくいき始めた。午前中は、少ない燃料でよりソフトなタイヤを使い、ショートランのテスト、そして、午後はさまざまなレースランのテストを行った。燃料を多く積んでのロングランでは、マシンバランスの面で大きく進歩することができ、ピエールにとっても得るものが多かったと思う」

「午後のセッション終盤には、午前中に得た情報からマシンバランスが改善した状態で再びショートランを行った。シーズン開幕に向けてピットストップの練習を行えたことも、ピットクルーにとっては重要だった」

「ピエールにとってのテスト最終日は、予定していた周回やプログラムをこなすことができて非常に実りあるものだったし、テスト結果から多くのことを学ぶことができた。明日のブレンドン(・ハートレー)の走行も同じように充実したものにしたい」

 キーは、ここまでの7日間のテストを通して、ホンダのパワーユニットには一切トラブルが起きていないと語り、トロロッソがこれまで使用したパワーユニットのなかで最も信頼性が高いと称賛した。

「ホンダについては何の問題もない。とてもポジティブな状況だ」とキーはSky F1に対して語った。

「我々が契約した際にはその決断を疑問視する者もいたが、我々は彼らを信頼していた。彼らにはここまでのテストで全く問題が起きていない。素晴らしいことだ」

「ここまで3基のエンジンを使用したが、それが必要だったからではなく、1回目のテストでそれらを使うプランだったからに過ぎない。2回目のテストでは1基のみを使っている」

「今のところ非常に高い信頼性を示している。今の状態が続くことを願っているよ。PU時代が始まってから我々が使用したもののなかで信頼性が最も高いPUだ。だからとても満足している」

「去年の彼らにとって信頼性は大きな問題だった。だから彼らは信じられないほど懸命に対策に当たった。我々にとってはメルボルンでのパフォーマンスより、今は信頼性が必要だ。信頼性さえあれば、開発を進めることができるからね」

「彼らは去年終盤には困難な時期を抜け出し、そしてエンジンを進化させていたと思う。彼らが今の開発ペースを維持するとともに、信頼性に関して必要なすべての情報を学び続けてくれることを、我々としては願っている。今のところ、それができていると思う」

[オートスポーツweb ]

続きを読む

ホンダ、すでにPUアップデート実行。トロロッソのハートレー「これまでは完璧。期待に答えてくれている」 「仕事、ブレンドン・ハートレー、トロロッソ・ホンダ」

 バルセロナのカタルニア・サーキットで行なわれているオフシーズンテストで、順調に走行を重ねているトロロッソ・ホンダ。ブレンドン・ハートレーは、ホンダとのこれまでの仕事は順調に行っており、すでにいくつかアップデートも持ち込まれていると明かした。

 計8日間のオフシーズンテストもすでに残すところあと2日となっているが、これまでホンダ製のパワーユニットには目立ったトラブルもなく、計497周を走破している。

 ハートレーは、今までのところ、ホンダとの仕事は完璧だと強調した。

「彼ら(ホンダ)はすでにいくつかのアップデートを持ち込んだ。彼らは懸命に働いており、これまでのところ信頼性の問題は全く起きていない」

「ホンダのパワーユニットについて言えば、順調だ。それは本当にポジティブだ」

 ハートレーはテストの開始前から、ホンダについてネガティブな予想は全くしていなかったと主張し、ホンダが過去に苦戦していたことを気にしてはいないと語った。

「ここ(バルセロナ)に来る前から、僕は本当に前向きだったし、安心していた。マシンに乗る前から悪い予想をしても仕方ないしね」

「3週間か4週間前にファクトリーに行った時に、チームの誰もが静かに自信を持っているのを感じた。特に拠点のファエンツァで行ったここ何回かのミーティングで、みんながホンダについて良い兆候を感じていたんだ」

「僕はテストの前から本当に高い期待を持っていた。そしてホンダは、間違いなくそれに応えてくれた」

続きを読む

【F1テスト3・3日目午前】ベッテル、コースレコードを塗り替える17秒台へ!ホンダも18秒台で好調(香川 真司、アーセナルFC、エー・ティー・エックス)

スペイン・バルセロナサーキットでの第2回プレシーズンテスト3日目が行われているが、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が1分17秒台に突入するコースレコードを記録した。

■ベッテル、17秒台連発!まだまだいける?

フェラーリのセバスチャン・ベッテルが現地時間12時を過ぎた頃、最も軟らかいハイパーソフトタイヤ(ピンク)を装着してアタック。テストということもあり非公式タイムながら1分17.913秒を記録。とうとう17秒台に突入した。

さらにその後、クール・オフ・ラップを挟んだ後すぐに1分17.644秒という自身の記録を上回ってみせた。しかし、このタイムを記録した際のセクター1のタイムは、先のタイムを上回っていなかったため、理論的にはさらに良いタイムが出せるということにもなる。

そして13時前、ベッテルはさらにタイムを更新し続けており、1分17.297秒を記録したかと思えば、すぐに1分17.182秒を記録し、1分16秒台も見えてきた。

■トロロッソ・ホンダも18秒台へ!

各車はベッテルに続けと言わんばかりに、タイムアタックをしている。

18秒台には、ケビン・マグヌッセン(ハース、スーパーソフト)、ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー、ハイパーソフト)、ピエール・ガスリー(トロロッソ)、ストフェル・バンドーン(マクラーレン・ルノー、ハイパーソフト)の4台が入った。

ランチタイム直前にはベッテルに続きガスリーも17秒台に飛び込んで驚かせたが、シケインをショートカットしたためタイム抹消となっている。

6番手マーカス・エリクソン(アルファロメオ・ザウバー)から10番手マックス・フェルスタッペン(レッドブル)まで全員が19秒台に入れている。

続きを読む

【トロロッソ・ホンダ】ジェームス・キー「ホンダに“自由”を与える」マクラーレン?知らないよ 「低い信頼性、3年間、マクラーレン」

改善の自由。トロロッソのテクニカルディレクターであるジェームス・キーによると、これはトロロッソがホンダとのパートナーシップを構築した基盤だという。

マクラーレンとの3年間は、ホンダの低い信頼性とパフォーマンスによって終焉を迎えた。

ジェームス・キーは、マクラーレンとホンダがどのような協力体制を敷いてきたかよく知らないというが、トロロッソとしてはホンダとの関係を構築するにあたり、できるだけ要求は少なくしたという。

「マクラーレンとの仕事がどのような関係だったのか本当に知らないし、正直なところそれについて話したこともないんだ」

「それは我々がやっている仕事の一部ではないし、我々は自分たちの仕事を楽しみにしているんだ」

「確かに我々のアプローチは、ホンダが改善するために必要な自由を全て与えようとすることだ。非常に短期間のうちに2018年のエンジンについて協力しなければならなく、我々が対処しようとしたことのいくつかは小さな妥協点もあったが、基本的には、実際に仕事に携わっていくために彼らが必要とするサポートと自由をすべて彼らに与えたかったんだ」

「彼らは試したかったことがいくつかあったんだけど、彼らがシャシーにとって特に難しいことをしようと押し付けなかったから、私たちは支持したし、彼らは正しく理解していると私はそう感じているよ」

続きを読む