ミス

レッドブル首脳「ホンダと手を切ったのはマクラーレンのミス」 《ルノー、今季、限り》

レッドブル首脳のひとりであるヘルムート・マルコが、マクラーレンがホンダとの関係を解消するという決断をしたのは大失敗だったと語った。

昨年限りでホンダとの関係を解消したマクラーレンは、今季はルノーから購入したPU(パワーユニット)を搭載してシーズンに臨んでいる。

先週末に行われた今季の第2戦バーレーンGPには3強チームと呼ばれるメルセデス、フェラーリ、レッドブルとの差を縮めることが目標だとして乗り込んだものの、予選も決勝もトロロッソ・ホンダのペースにすら及ばないという残念な結果に終わってしまった。

■マクラーレンが遅かったのはホンダだけのせいではなかった

「“アロンソさん”はレッドブルと戦いたかったのだが、トロロッソの後ろになってしまった」

ドイツの『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』にそう語ったマルコは次のように続けた。

「マクラーレンのクルマはそれほどいいものではないし、彼らが遅かったのは単にホンダエンジンだけのせいではなかったんだ。ルノーを積んでからも彼らはストレートで一番遅いんだからね」

■ホンダを見限ったのはマクラーレンのミス

今年も開幕戦オーストラリアGPでは問題を抱えてしまったものの、ホンダPUは第2戦バーレーンではかなりのパフォーマンスと信頼性を発揮。予選6番手となったトロロッソのピエール・ガスリーは決勝でも2つ順位を上げ、2015年にエンジンサプライヤーとしてF1に復帰したホンダにとって最上位となる4位フィニッシュを達成している。

最近のうわさでは、レッドブルも来季からルノーに替えてホンダPUを搭載することになる可能性がかなり大きくなったと考えられている。

マルコは、マクラーレンがホンダを見限ったのは間違いだったと次のように付け加えた。

「彼らはこれからどんどんよくなるエンジンを失ったばかりでなく、大金を失うことにもなってしまったんだ」

続きを読む

『【MLB】異次元投球の大谷、無安打阻止の敵打者も脱帽「ミスないならあがくしかない」』 ~ ヤフーユーザーの意見まとめ

 8日(日本時間9日)のアスレチックス戦で本拠地初先発登板に臨み、2勝目を手にしたエンゼルスの大谷翔平。7回1死まで完全投球という圧巻の内容で、7回1安打1四球12奪三振を記録した。先頭から19者連続斬り。20人目にヒットを放ったアスレチックスの2番打者マーカス・セミエンが大谷との対決について語っている。アスレチックスの球団公式サイトが伝えている。

 打者として3試合連発で度肝を抜いた二刀流右腕が今度は投手として全米を驚愕させた。初回3者連続三振に仕留める圧巻の立ち上がりを見せると、最速99.6マイル(約160キロ)のファストボールと切れ味抜群のスプリットを軸に7回まで毎回の12三振をすべて空振りで奪った。味方打線が序盤から得点を重ねる中、敵打者をねじ伏せ、7回1死一、二塁のピンチを迎えても4番デービスを投ゴロ、5番オルソンをスプリットで空振り三振と崩れなかった。

 一時は完全試合かと思わせる圧巻のピッチングに、初ヒットの場面では本拠地から拍手が沸き起こったほど。球場には試合後、「オオタニ・コール」も響いた。

 エンゼルスが6-1で勝利した試合後、相手球団の公式サイトもこの一戦をレポート。大谷の無安打投球を阻止したセミエンらのコメントを伝えた。

続きを読む

【トロロッソ・ホンダ】ハートレー「Q2へ進むだけの速さはあったけどミスが重なった。ロングランは強みだ」(八ヶ岳、TBSテレビ、破局)

F1開幕戦オーストラリアGP予選を終えて、ブレンドン・ハートレー(トロロッソ・ホンダ)は次のように述べた。

■トロロッソ・ホンダの結果
ブレンドン・ハートレー
FP3:1分35秒438 12番手 16周
予選:1分24秒532 16番手

ピエール・ガスリー
FP3:1分34秒990 11番手 16周
予選:1分25秒295 20番手

■ブレンドン・ハートレー(STR13-03、カーナンバー28)

「今日は少しフラストレーションの溜まる日だった。0.1秒でもタイムを上げられたら、いくつか上のポジションにつけられたと考えているし、マシンにはそのポテンシャルがあったと思う。

最終ラップで小さなエラーがいくつか重なり、わずかな差でQ2進出を逃してしまったのは残念だ。セッションの間にトラックコンディションが好転するのは分かっていたけれど、僕たちは他チームに先駆けて走ることを選んだ。

不利になる可能性はあったけれど、うまくいけば終盤に2周走れる可能性もあった。選択自体は正しかったと思うけれど、Q2に進出することはできなかった。ただ、マシンはQ2に進出できるだけのスピードを持っていたんだ。

今日のFP3のようにコンディションが変わり続ける状況や、昨日のロングランでもいい走行ができたし、ロングランで僕たちの強さが発揮されると思っている。

ここは今シーズンのカレンダーの中でも、特に攻略が難しいサーキットだろう。タイヤにとってタフなサーキットなので、タイヤマネジメントと優れた戦略が勝敗を分けると思う。僕たちは中団で争っているし、明日の決勝でそこから抜け出すためにはハードに戦う必要がある。ベストを尽くすので見てて欲しい」。

続きを読む

<五輪フィギュア>宮原、坂本にミス許されず 21日SP 《関大、宮原知子、日本》

 平昌冬季五輪のフィギュアスケート女子は21日、ショートプログラム(SP)が行われる。日本からは宮原知子(関大)、坂本花織(シスメックス)が出場する。

 2人は20日、競技会場の江陵アイスアリーナの練習リンクで行われた公式練習の後に取材に応じた。2人は団体の後、一時帰国して調整してきた。この日の練習では連続3回転ジャンプなどを入念に確認し、宮原は「やるべきことはやってきた。それをここで出さなくていつ出すんだという感じ」と決意を示した。坂本は「団体の時ほど緊張もないと思う。思い切っていきたい」と意気込んだ。

 だが、日本勢がメダル争いに加わるのは厳しい。世界女王のエフゲニア・メドベージェワ、今季グランプリ(GP)ファイナル優勝のアリーナ・ザギトワの「ロシアからの五輪選手(OAR)」勢2強の力が突出し、金メダルと銀メダルはこの2人で占められる公算が大きい。

 銅メダル争いは昨季世界選手権2位のケイトリン・オズモンド(カナダ)、2014年ソチ五輪銅メダルのカロリナ・コストナー(イタリア)が中心となる。他に合計210点台の自己ベストを持つ今季GPファイナル2位のマリア・ソツコワ(OAR)、昨季世界選手権3位のガブリエル・デールマン(カナダ)も候補で、210点台の自己ベストを持つ日本勢の2人もこの争いに加わりたい。

 そのためには、ミスは許されない。宮原は課題のジャンプの回転不足をなくせるか。坂本は高さと幅のあるジャンプを決めて出来栄え評価(GOE)で多く加点を得たい。【福田智沙】

続きを読む

『団体 悲願のメダル獲得狙う日本は総合5位で最終日へ ペアFS須崎・木原組はミス相次ぎ「悔しい」』 ~ みんなの感想まとめ

 ◇平昌冬季五輪 フィギュアスケート団体戦 ペア・フリースケーティング(2018年2月11日)

 平昌五輪は11日、フィギュアスケート団体のペア・フリースケーティング(FS)が行われ、日本からは須崎海羽(18)・木原龍一(25)組が出場。スロージャンプでミスが続き、97・67点の5組中5位に終わった。悲願の団体メダルに期待がかかる日本は総合5位で12日の団体演技の最終日を迎えることが決定した。

 ショートプログラム(SP)では自己ベストをマークした須崎・木原組だが、FSではミスが相次いだ。「チームジャパンの勢いをつけよう」と意気込んだが、木原は「練習でやってきたものを出せなかった」と唇を噛んだ。須崎も「ミスが多かったので、そこがすごく悔しいです」と悔しがったが、「団体戦は初めてだったので、ミスをしても温かく迎えてくれてうれしかったです」と笑顔も見せていた。

 日本は9日に行われた男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨(20=トヨタ自動車)がトップで10点を獲得。続くペアSPで、須崎海羽(18)・木原龍一(25)組が8位と健闘した。この日行われたアイスダンスショートダンスでは村元哉中(かな、24)&クリス・リード(28=ともに木下グループ)組が5位、女子ショートプログラム(SP)で宮原知子(19=関大)が4位。前半4種目を終えて合計26点で総合4位につけ、上位5チームに入ったため、フリーの演技に進出した。

 総合トップを快走するカナダのミーガン・デュアメルとエリック・ラドフォードのペアが148・51点で1位。イタリア、OAR、アメリカと続き、日本は5位だった。その結果、3種目を残し、総合ポイントではカナダが45点で1位。以下、OAR(39点)、アメリカ(36点)、イタリア(35点)、日本(32点)と続いている。メダル圏内を争うアメリカとは現状で4点差となった。

 残りの3種目は12日に開催予定。日本時間午前10時から男子FS、女子FS、アイスダンス・フリーダンスの順に行われる。

続きを読む

葛西 8度目五輪出場の偉業ジャンプでまさかのミス「ファスナー閉め忘れて…」【2018年平昌オリンピック冬季競技大会、大韓民国、情報プレゼンター とくダネ!】

 「平昌五輪・スキージャンプ男子ノーマルヒル」(8日、アルペンシア・ジャンプセンター)

 開幕を前に、男子ノーマルヒル予選が行われ、日本史上最多8度目の五輪となった葛西紀明(45)=土屋ホーム=は98メートルを飛び、117・7点の20位で予選を通過。これで8大会連続五輪出場が正式に公認された。日本勢は小林潤志郎(26)=雪印メグミルク=の18位が最上位。小林陵侑(21)=土屋ホーム=が21位、伊東大貴(32)=雪印メグミルク=が31位で、4人全員が予選を通過し、10日の本戦に進んだ。

 偉大な記録が懸かる1本のジャンプに、百戦錬磨の“レジェンド”といえども重圧を感じていた。しっかりと飛んで着地さえ決めれば、日本歴代単独最多、世界でも夏冬合わせて歴代最多タイとなる8度目の五輪出場記録が公認される。

 低い飛び出しから、距離を伸ばしきれずに、平凡な98メートル。ホッとしたと同時に、あるミスに気付いた。

 「予選通ったんですか、僕?緊張のあまり(スーツのファスナーを)閉め忘れて。飛び終わって、(小林)陵侑に言われて、“うそ~”って」。

 スーツチェックの規定はなんとかクリアし、記録、順位は公認。「風が入って抵抗があったから、5メートルぐらい伸びなかったかな」と安堵しながら、饒舌に振り返った。

続きを読む