レッドブル首脳

レッドブル首脳「ホンダと手を切ったのはマクラーレンのミス」 《ルノー、今季、限り》

レッドブル首脳のひとりであるヘルムート・マルコが、マクラーレンがホンダとの関係を解消するという決断をしたのは大失敗だったと語った。

昨年限りでホンダとの関係を解消したマクラーレンは、今季はルノーから購入したPU(パワーユニット)を搭載してシーズンに臨んでいる。

先週末に行われた今季の第2戦バーレーンGPには3強チームと呼ばれるメルセデス、フェラーリ、レッドブルとの差を縮めることが目標だとして乗り込んだものの、予選も決勝もトロロッソ・ホンダのペースにすら及ばないという残念な結果に終わってしまった。

■マクラーレンが遅かったのはホンダだけのせいではなかった

「“アロンソさん”はレッドブルと戦いたかったのだが、トロロッソの後ろになってしまった」

ドイツの『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』にそう語ったマルコは次のように続けた。

「マクラーレンのクルマはそれほどいいものではないし、彼らが遅かったのは単にホンダエンジンだけのせいではなかったんだ。ルノーを積んでからも彼らはストレートで一番遅いんだからね」

■ホンダを見限ったのはマクラーレンのミス

今年も開幕戦オーストラリアGPでは問題を抱えてしまったものの、ホンダPUは第2戦バーレーンではかなりのパフォーマンスと信頼性を発揮。予選6番手となったトロロッソのピエール・ガスリーは決勝でも2つ順位を上げ、2015年にエンジンサプライヤーとしてF1に復帰したホンダにとって最上位となる4位フィニッシュを達成している。

最近のうわさでは、レッドブルも来季からルノーに替えてホンダPUを搭載することになる可能性がかなり大きくなったと考えられている。

マルコは、マクラーレンがホンダを見限ったのは間違いだったと次のように付け加えた。

「彼らはこれからどんどんよくなるエンジンを失ったばかりでなく、大金を失うことにもなってしまったんだ」

続きを読む

『ホンダと組むことに備えて「日本語の勉強も始めた」レッドブル首脳』 ~ 皆さんの反応まとめ

レッドブルが2019年からホンダと組むことを真剣に、それもかなり前向きに検討しているのは間違いないようだ。

これまで長年にわたってルノーからエンジン供給を受けていたレッドブルだが、2019年以降もルノーとの関係を維持するのか、あるいはホンダに移行するのか、2018年シーズン前半の状況を見て決定することになると言われている。

今年は前年限りでマクラーレンとの関係が解消されたホンダをジュニアチームのトロロッソのパートナーに迎えており、ホンダPU(パワーユニット)の将来性を精査するには絶好の機会となる。

■ホンダの説明に納得できたとレッドブル首脳

レッドブル首脳の1人であり、チームオーナーの右腕的存在として知られるヘルムート・マルコはドイツの『Bild(ビルト)』紙に次のように語った。

「我々はホンダに今年に向けて何を変えたいと望んでいるのかすべて説明してもらった。それは我々を納得させるものだった」

「私は少しばかり日本語の勉強さえしているんだよ。そうすれば、夜に彼らと一緒に夕食をとることもできるだろうしね」

■今年のルノーPUにも期待感

天才F1カー設計者とも言われるエイドリアン・ニューイが最高技術責任者を務めるレッドブルだが、シャシー性能に関しては現在のF1でもトップレベルにあると考えられている。そして、そのレッドブルがメルセデスAMGやフェラーリに後れをとっている最大の原因は現在搭載しているルノーPUのパフォーマンス不足によるものだというのが定説とさえなっている。

だが、2月末から合計8日間にわたってバルセロナで行われた公式シーズン前テストではルノーPUを搭載したレッドブルがかなりの戦闘力を持っていることが明らかになり、今年は2013年以来となるF1タイトル獲得のチャンスもあるのではないかという期待感も高まっているようだ。

■ルノーとの関係継続には懐疑的な声も

だが、現在レッドブルのドライバーを務めるマックス・フェルスタッペンが下位カテゴリー時代に所属していたファン・アメルスフォールト・レーシングのオーナー、フリッツ・ファン・アメルスフォールトはあまり楽観的に考えてはいないようだ。

「レッドブルも前進は果たした。だが、メルセデスと戦おうとすれば多くの資金とエネルギーが必要となるだろう」

「ルノーと、そしてそのエンジンで何ができるのかということがカギになるわけだが、私はかなり懐疑的だよ。私はバルセロナでのテスト(シーズン前公式テスト)の後に生じた高揚感を信じてはいないよ」

『Het Laatste Nieuws(ヘト・ラーツテ・ニュース)』にそう語ったファン・アメルスフォールトは次のように付け加えた。

「1,600万人のオランダ人がマックスは世界チャンピオンになるだろうと考えている。しかし、それ(望みがあるのかどうか)はオーストラリア(開幕戦/25日決勝)に行くまで分からないよ」

ともあれ、ホンダがトロロッソやレッドブルの期待に応えられるようなパフォーマンスと信頼性を発揮することができ、レッドブルが自信を持って来季からホンダをパートナーに迎えることができるようになるのかどうか、とりわけ2018年F1シーズン前半が重要な意味を持つことになりそうだ。

続きを読む

レッドブル首脳「ガスリーがF1の前に日本に行って経験を積むことは必要不可欠だった」と語る。トロロッソ・ホンダで真価を発揮するか!? 《経験、スーパーフォーミュラ、日本》

 レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、ピエール・ガスリーがF1でデビューするためには、日本でスーパーフォーミュラに参戦して経験を積むことが必要不可欠だったと語った。

 ガスリーは2016年にGP2(現在のFIA F2)のタイトルを獲得したものの、レッドブル首脳陣は完全には彼の実力に納得することができなかった。そのため彼のF1シートを見つけるのではなく、日本で1シーズン過ごさせることを選択した。

 彼はスーパーフォーミュラで2勝を挙げ、0.5ポイント差でランキング2位とタイトル獲得に近づいたが、マルコはその活躍をF1デビューには不可欠なステップであったと考えている。

「ガスリーは参戦2年目でGP2のタイトルを獲得した。少し不運もあったものの、彼自身もミスを犯していた。そして彼は日本で成長したが、その経験は絶対に欠かせないものだった」とマルコはmotorsport.comに話した。

「彼は自分で自分の面倒を見るということを学ばなければならなかったのだが、日本ではそれが可能だった。というのも、誰も彼と同じ言語を話さなかったからだ。彼は自分のやり方を見つけ、実際にそれをやり通した。最終的には台風のせいでレースが中止になり、タイトルを獲得することはできなかったが、チームをトップの座まで押し上げた。彼は疑う余地もない勝者だった」

「彼に(スーパーフォーミュラへ参戦するための)時間を与えたことは正しい決断だった。またブレンドン・ハートレーも改善を見せた。今や彼には経験がある。我々は彼らふたりが今年は一貫してポイント圏内に入るれるよう期待している」

続きを読む