二刀流

【MLB】大谷翔平、チーム大敗もマルチ安打 敵地メディア称賛「真の二刀流の脅威」(マツコ・デラックス、モンテカルロ・マスターズ、野村周平)

 エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地ジャイアンツ戦で4打数2安打と今季4度目のマルチ安打をマーク。主砲トラウトのソロ本塁打による1点のみに終わり、1-8で4試合連続の大敗とチームが苦しむ中、気を吐いた。開幕から投打で存在感を見せる23歳について、敵地メディアは「真の二刀流の脅威」と、その実力を認めている。

 前日のレッドソックス戦で4打数無安打3三振に終わっていた大谷は、2試合連続で「6番・DH」でスタメン出場。最初の打席は、1点ビハインドの2回2死走者なしの場面で回ってきた。

 この時点で、大谷は打者として打率.324、3本塁打、12打点。投手としても、17日(同18日)の本拠地レッドソックス戦は右手中指のマメの影響で2回3失点と初黒星を喫したものの、8日(同9日)のアスレチックス戦では7回途中まで完全投球を見せるなど2勝1敗、防御率3.60の成績。投打で躍動する二刀流とジャイアンツが対峙したのは初めて。サンフランシスコで試合を中継していたテレビ局「NBCスポーツ・ベイエリア」では当然、大谷のここまでの活躍が話題となった。

 その中で、メジャー通算124勝の実績を誇る解説者のマイク・クルーコウ氏は、「彼はセンセーションとなっています。真の二刀流の脅威です」と絶賛。投打の両方で実力を誇ることを認めた。さらに、実況は大谷の走力についても言及。「オオタニに関して注目すべき点は非常に足が速いということです。彼のサイズを見てください。彼はスプリングトレーニングでみんなを騙そうと決めたのでしょう」と、オープン戦で成績が上がらなかったことも冗談交じりに紹介しつつ、その運動能力を称えた。

 この打席、大谷は相手先発サマージャのナックルカーブを完ぺきに捉え、鮮やかにセンター前にはじき返した。チーム初ヒットとなったが、続くシモンズは凡退して得点にはつながらず。ただ、前日に3三振を喫していた大谷の打撃について、地元ロサンゼルスで試合を中継していた「FOXスポーツ・ウエスト」の解説者、マーク・グビザー氏は「素晴らしい適応を見せました」と感心していた。

 大谷は2、3打席目は左飛に倒れたものの、9回の第4打席は右前打をマーク。打者としてのスタメン9試合で4度目のマルチ安打として、打率は.342に上昇した。チームは大敗続きで4連敗を喫し、首位陥落となったものの、まだ13勝7敗と貯金は「6」ある。チームを再び波に乗せるため、大谷はこの先も投打で相手に脅威を与えたいところだ。

続きを読む

『二刀流も可能だった? 桑田真澄の驚異の打撃成績を振り返る【平成死亡遊戯】』 ~ みんなの感想まとめ

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平がメジャーリーグを席巻している。

 投げては7回1安打無失点12Kの快投、打っては3試合連続アーチ。野茂英雄のトルネード旋風以来の、ニトウリュウ革命である。そう遠くない未来、逸材の二刀流挑戦が世界の野球界のスタンダードになるかもしれない。

 投げて、打って、試合に勝つ。一昔前の日本球界でも、そんな“エースは強打者”的な風潮があり、投手の通算打撃成績を見ると上位には昭和の大エースたちが並んでいる(もちろん圧倒的に先発登板数が多かったという時代的背景もあるが)。400勝投手の金田正一が通算38本塁打、310勝の別所毅彦が通算500安打、巨人V9時代のエース堀内恒夫は2年目の67年10月10日に「ノーヒットノーラン達成と3打席連続本塁打」という離れ業をやってのけた。

 ならば中5~6日ローテや分業制が確立しつつあった平成球界で“打撃のいい投手”と言えば誰を思い出すだろうか? 91年5月29日の近鉄戦でDH制を導入以来はじめて投手として本塁打を放ったドン・シュルジー(オリックス)、97年シーズンに3本塁打を放った圧倒的な飛距離を誇るバルビーノ・ガルベス(巨人)と、飲み屋で語ったら3時間はいけそうな懐かしの助っ人選手たちも捨てがたいが、やはり真っ先に名前が挙がるのは桑田真澄(巨人)だろう。

 PL学園時代は甲子園で清原和博の13本塁打に次ぐ、歴代2位タイの6本塁打を放った桑田はドラフト1位でプロ入り後、あまりの野球センスに野手転向が検討されるも投手に専念。三本柱の一角として通算173勝を記録したが、打者としても890打数192安打の打率.216、7本塁打、79打点という成績を残している。2年目の87年7月8日の広島戦ではプロ初完封勝利に自身のスリーランアーチで花を添えた19歳は、最優秀防御率のタイトルと沢村賞を受賞。以降、時代が平成に突入しても桑田は打てる投手として存在感を発揮していく。

 平成元年の89年はキャリアハイの17勝、年間20完投、249イニングと投げまくり、打っては86打数21安打の打率.244でチームの日本一に貢献(ちなみにこの年20勝を挙げたチームメイトの斎藤雅樹も打撃には定評があった)。自身でもピークと公言する94年は14勝を挙げ、“10.8決戦”の胴上げ投手となりMVPにも輝き、73打数21安打の打率.288、OPS.689という、今の巨人打線なら普通に6番打者も務まりそうな強打者ぶりである。

続きを読む

【MLB】大谷、強豪Rソックスで先発へ 米屈指左腕セールが二刀流に敬意「脱帽すべき」 《先発登板、メジャー3度目、同試合》

 15日(日本時間16日)に予定されていたロイヤルズ-エンゼルスの一戦が悪天候で中止となった。同試合でメジャー3度目の先発登板に臨む予定だったエンゼルスの大谷翔平は17日(同18日)の本拠地レッドソックス戦でスライドで先発することに。これを受け、レッドソックスの地元紙「ボストン・グローブ」電子版が「ロード初戦の相手はショウヘイ・オオタニだ」と特集を組んでいる。

 ロイヤルズ-エンゼルス戦の中止で色めき立ったのはボストンメディアだった。レッドソックスは開幕直後に9連勝を記録するなど、ここまでメジャー最高の勝率.867(13勝2敗)と圧倒的な強さを見せている。対するエンゼルスも同西地区首位をキープ。両軍が激突する3連戦の初戦に大谷が先発登板することになった。

 これを受け、レッドソックスの地元紙は大谷との対戦を特集。「今、彼ら(レッドソックス)は二刀流と出会うことになる」とレポートした。

 記事ではレッドソックスに所属する昨季奪三振王のクリス・セール投手が二刀流の活躍ぶりを高く評価。「そう、確かに印象的だね。5日ごとに投げるだけでもどれだけ大変か自分は分かっているからね。彼には打席に立つことに関して、やらなければならないことが色々あるんだ」と、二刀流の実現がいかに困難かを説明。さらに「自分がやりたいかどうかはわからないけれど、印象的なことだよ。100マイル(約160キロ)のボールを投げながら、ホームランも放つことができるんだから」と、大型ルーキーのここまでの活躍を称賛したという。

 大谷はオープン戦で打率.125、防御率27.00と苦戦し、米メディアから「開幕マイナーにすべき」との厳しい声も上がったが、開幕以降の活躍で懐疑論は霧散。「コンドル」の異名を持つメジャー屈指の左腕セールも、ベーブ・ルース以来という約1世紀ぶりの偉業に挑む大谷をリスペクトすべしと主張している。

続きを読む

二刀流の活躍に全米騒然 エ軍大谷の大型契約をメジャー通が予想(楽天、国会、東尾 理子)

 エンゼルス・大谷翔平(23)が幸先のいいスタートを切った。

 ここまで投手として2試合に登板して2勝0敗、防御率2.08。8日(日本時間9日)のアスレチックス戦では七回途中まで完全投球を続け、2戦合計13イニングで18個の三振を奪っている。

 打者としては4試合に出場して3戦連発を含む18打数7安打の打率3割8分9厘、7打点。8勝3敗と開幕ダッシュに成功したチームを投打にわたって牽引(記録は9日終了時)し、9日には日本人選手では過去最短にして史上最年少(23歳9カ月)で週間MVP(2~8日)に選ばれた。

 今や全米の野球ファンの話題は大谷一色。エンゼルスの地元紙以外も大々的に取り上げ、9日付の全国紙「USAトゥデー」(電子版)はベーブ・ルース以来となる二刀流での活躍に「約1世紀ぶりに投打の主力になる、という挑戦は決して空想ではない。オオタニの可能性は今や無限大」と驚きをもって伝えている。複数のメディアからは「大谷と複数年契約して他球団流出を防ぐべき」と気の早い声も聞かれる。

 エンゼルスにマイナー契約で入団した大谷の今季年俸はメジャー最低保障の54万5000ドル(約5800万円)。エンゼルスは大谷を6年間、保有する権利を持っているため、年俸調停権を得る3年目が終了するまで、どれだけ活躍しても年俸は据え置きとなる。

■北米プロスポーツ史上最高額の可能性も

 もっとも、ここ数年は若手有望株と早々と長期契約を交わすケースが少なくない。実際、エンゼルスは19歳でメジャーデビューし、今や主砲に成長したトラウト外野手(26)と4年目(14年)の開幕前に6年1億4450万ドル(約155億円)で契約延長した。メジャー1年目のロンゴリア(現ジャイアンツ)と開幕直後に6年1800万ドル(約19億3000万円)の複数年契約を交わしたレイズのケースもある。

 投打ともメジャーレベルの実力を証明した大谷は大型契約を手にできるのか。

「早ければ、今季途中に契約延長する可能性もあります。エンゼルスは投手、野手とも将来の柱になり得る有望な若手が不足しており、大谷を中心としたチーム編成を進めるはずです。球団の年俸総額は毎年、上位10位以内に入っており、資金力は豊富。今季、大谷が故障せずに安定した働きを見せれば、史上最高額を手にするのも夢ではないと思います」(スポーツライター・友成那智氏)

 現在、年俸総額のトップは今季ヤンキースに移籍したスタントン(28)。マーリンズ時代の14年に13年総額3億2500万ドル(約370億6000万円)で契約を延長し、北米プロスポーツ史上最高額を記録した。

「大谷は今年の7月で24歳。大谷ほどの潜在能力のある選手は稀有なだけに、エンゼルスはスタントンを超える条件を提示してつなぎ留めを図るのではないか」(友成氏)

 オフには巨額契約が全米を騒然とさせそうだ。

続きを読む

【MLB】大谷翔平、驚愕の二刀流を早くも米全国紙が特集 「驚くべき13の事実」とは… 《圧巻、完全投球、1人》

 エンゼルスの大谷翔平は8日(日本時間9日)のアスレチックス戦で、7回1死まで走者を1人も許さない完全投球という圧巻の内容で、今季2勝目を手にした。打者としても3試合連続アーチを記録するなど、ベーブ・ルース以来の二刀流として米球界に衝撃を与え続けるルーキーを、米メディアはこぞって特集記事で取り上げている。

 本拠地初登板となった8日のアスレチックス戦では“完全未遂”となる7回1安打無失点、12三振を奪い2勝目を挙げ、打者としてもここまで3戦連発を含む18打数7安打3本塁打7打点、打率.389をマーク。ここまでの衝撃の活躍ぶりを米全国紙「USAトゥデー」電子版は、「大谷翔平:歴史的な二刀流MLB参入における驚くべき13の事実」と見出しを立て特集を組んだ。

 メジャー初先発マウンドから8日間で作った数々の“伝説”を振り返り、試合に出場するたびに世界にセンセーションを巻き起こす大谷翔平を「正真正銘の本物」だと紹介している。

 記事では、4月1日(同2日)敵地アスレチックス戦で踏んだメジャー初マウンドから、順に日を追いながら“13の真実”を挙げている。

4月1日
1.大谷はメジャー初勝利を記録。エンゼルスは7-4でオークランドに勝利。この試合で降板までの打者15人中14人をアウトに仕留めた。
2.92球を投げ63球がストライクだった。また、初回先頭から9打者中8打者を含む、22打者中14打者が初球ストライクとなった。
3.18の空振りを奪ったが、昨季エンゼルス先発投手がこの数を超えたのは3回のみ。
4.時速100マイル(約161キロ)を2回記録。

続きを読む

【MLB】想像以上の活躍見せる大谷に「大興奮だ!」 エ軍幹部が語る二刀流の衝撃【高橋真麻、日本サッカー協会、レッスルマニア】

 エンゼルスの大谷翔平が歴史的なメジャーデビューを果たしている。開幕戦を野手で迎えた二刀流右腕はすでに投手として初登板初勝利を挙げ、打者としては4試合でチームトップの3本塁打、7打点を挙げ、打率.389を記録している。本拠地デビューからホーム3試合連続で記録している本塁打はいずれも価値ある一発で、チームの勝利に大きく貢献した。

 争奪戦の末に逸材を獲得したエンゼルスも期待以上の滑り出しに歓喜している。インディアンスのサイ・ヤング賞右腕クルーバーから本塁打を放つなど大活躍を見せる大谷について、エンゼルスのティム・ミード広報部長に話を聞いた。

――大谷はまだ1週間だが、驚異的な活躍を見せている。

「大興奮だ! ショウヘイは誰もが想像していた以上のことを成し遂げた。誰もあそこまでの活躍を予期していなかった。だが彼のエネルギーがそうさせたんだ。見ているのが楽しい。そしてチーム自体も素晴らしいよ。お互いに切磋琢磨しているし、ショウヘイもその一員だ。

 彼は素晴らしいスマイルを持っているし、トラウトのようなエネルギーを与える選手だ。それをファンたちも見ていて楽しい。メディアも盛り上がっている。今年のエンゼルスは見ていて損はないチームになるよ」

続きを読む

打率・083の二刀流にレ軍内野陣が“オオタニ・シフト” 大谷は進化に自信 《指名打者、大谷翔平投手、サプライズ》

 「オープン戦、レンジャーズ2-4エンゼルス」(18日、サプライズ)

 エンゼルスの大谷翔平投手(23)が「7番・指名打者」で出場し、4打数無安打2三振。3戦13打席連続ノーヒット(1死球含む)で打率を・083(24打数2安打)とした。

 敵軍の本拠地に起こった拍手と歓声がむなしく響く。4戦ぶりに打者で出場した試合で大谷がまた凡打の山を築いた。13打席連続無安打で打率は・083。「見たことのない球種だったり、何を投げてくるか分からなかったり、そういう違いはある」。苦しい戦いを強いられている一因を口にした。

 マイナー投手を含む3人の左腕に封じられた。オープン戦の対左腕の成績は8打数無安打2四球。それでも「苦手意識はない」と言い切るのは今の大谷は右、左に関係なく、投手との間合いを課題にしているからだ。

 「一番やんなきゃいけないのは自分のタイミングを取ること」。

 大きな変化はステップを踏む右足の上げる高さ。この日まではしっかり足を上げてから踏み込んでいたが、この日は相手投手のフォームに応じて上げ方を調節。立ち遅れて後手に回らないようにテークバックの取り方も工夫した。ヒットにはつながらなかったが、四回には鋭い当たりの投直。八回の第4打席では球をしっかり手元まで引き付けるスイングで三塁方向へのファウルも打った。

 試合後のソーシア監督は最後の打席で連発したファウルに言及。「必要としている状態に近づいている。確実に前進している」と、本領を発揮しつつある23歳に前向きな発言を口にした。

 この日対戦したレンジャーズは同じア・リーグ西地区に属し、大谷の大争奪戦にも加わったライバル球団。大谷が打席に立つと遊撃手は二塁ベースに近づき、三塁手は三遊間に動いて三塁線際を大きく空ける“オオタニ・シフト”を敷いた。早くも二刀流を丸裸にしていることを印象づけた。

 周囲を納得させる数字を残せていないことから二刀流を危ぶむ声が出ている。しかし、この日の試合後に本人が「ストライクゾーンの認識は進化していると思う」と自信を深めているように、課題をクリアしている実感はある。「あとは振りに行った時にファウルになってしまっている微妙なズレだと思います」。11日後に迫った開幕に向けて仕上げていくつもりだ。

続きを読む

本田望結 フィギュアとの二刀流は継続 自身の五輪は「遠い遠い所」 「フィギュアスケート、会見、公開アフレコ」

 女優でフィギュアスケーターの本田望結(13)がこのほどアニメ映画「リズと青い鳥」(4月21日公開)の公開アフレコを行い、会見にも応じた。女優とフィギュアスケートの“二刀流”を続ける本田は、平昌五輪での日本勢の活躍を称えた。自身の五輪出場について「五輪は遠い遠い所です」と語った。

 姉の真凜は昨年12月の全日本選手権で7位に終わり、平昌五輪の出場を逃した。取材会では、日本勢の大活躍で終了した五輪にも触れ「見ていました。すごく早かった。アッという間に終わってしまいましたね。皆さんに感動しました。特にスケートでは皆さん素晴らしかった」と称賛。一方、自身のスケートには「好きでやっているだけですから。五輪は遠い遠い所です」と口にした。

 今後も女優とスケーターの“二足のワラジ”を履くが「本田望結じゃないとできない演技と滑りをしていきたい」と誓った。

 今回が初挑戦となった劇場アニメの吹き替え。湖の近くの家で1人暮らししているリズと、倒れているところをリズに助けられる少女の2役を演じた。本田のアフレコ起用は山田尚子監督(33)直々のご指名。同監督は本田の収録にも立ち会い「素晴らしい!」と絶賛したという。

 2役の演じ方を考えていた本田に同監督は「なんとなく違いがある方がいい」とアドバイスを送っており、本田は「性格というか、しゃべり方のテンションの高い低いでやってみました」と明かした。さらに「監督はとても優しい方で、2役ということで不安はあったけど、途中から楽しくなって来て、あっという間に終わってしまいました」と収録を振り返っていた。

続きを読む

『【MLB】調整段階で米に広がる“衝撃” 大谷翔平の「第一印象」は「過去最高の二刀流」』 ~ みんなの感想まとめ

 エンゼルスの大谷翔平投手が2日(日本時間3日)、練習試合でマイナー選手中心のブルワーズ相手に2回2/3を4安打2失点8奪三振と好投した。この日も制球にばらつきはあったものの、直球の威力は増し、スライダーの切れ味は抜群。本人は「いまいち変化のキレであったりとかはあまり良くなかった」と話したものの、鋭い曲がりで米メディアやファンを驚かせた。

 まだまだ調整段階。大谷は日本ハムで想像を遥かに上回るプレーを連発してきただけに、日本人としては「騒ぎすぎ」と感じるかもしれない。ただ、二刀流右腕を初めて“目撃“する米国の人たちは、すでに衝撃を受けている様子だ。ESPNは「『私が見てきた中で最高の二刀流選手』:ショウヘイ・オオタニの第一印象」とのタイトルで特集を掲載。現地のスカウトが、タイトル通り「最高の二刀流選手」と称賛していることを伝えている。

 前回登板よりも切れ味が増したスライダーが、同僚やファン、メディアから「Nasty(えげつない)」と絶賛された実戦2度目の登板。奪ったアウトは全て三振。滑るとされるメジャー公式球、そして日本よりも硬いとされるマウンドに適応している途中とあって、4安打2失点を喫した。特に、制球は課題の1つとなりそうだが、能力の高さを見せつけたことは確かだ。

 ESPNでは、キャンプイン後の大谷のパフォーマンスを見てきた「あるナショナル・リーグのスカウト」のコメントを紹介。「彼は間違いなくNO1先発投手になる」と断言している。記事の中で「彼は今年、12~15勝する可能性があると思う」としながら、「このリーグですぐさま輝きを放つとは思わない。彼のファストボールは非常に平坦だ。平坦な真っすぐなら、彼らはなんでも打つことができる」と、“動くボール”がないことを懸念点として指摘。それでも「時間が経つにつれて、彼は適応していくと思う」と、今後の活躍に太鼓判を押している。

続きを読む