何回

羽生結弦「何回も死のうと…」告白の衝撃 尾木ママ「涙が」「そんなに悩んでるなんて」 『間、ファン、死』

 男子フィギュアの羽生結弦選手が、アイスショー「Continues ~with Wings~」のフィナーレで、週刊誌報道によって「死」を考えたことがあるということを明かし、ファンの間に衝撃が広がっている。

 ショーは2018年4月13日から15日までの3日間かけて開催され、羽生選手自身とつながりのある選手が国内外から集まり、様々なプログラムやトークを披露した。

■凱旋公演で明かされた悩み

 ショーには羽生選手を始め、ロシアのエフゲニー・プルシェンコ選手やカナダのジェフリー・バトル選手を始め、羽生選手との「つながり」をもとにオファーした選手が集結。会場となった東京都調布市の武蔵の森総合スポーツプラザだけでなく、ライブビューイングも全国で行われるなど、多くの人がつめかけた。

 「凱旋公演」と銘打ったこの舞台のフィナーレで羽生選手は、

  「一時期、週刊誌の問題とかいろいろあった時に、なんで僕生きているんだろうって。何回も死のうとしました。でもね、やっぱり、みんなこうやっていっぱい応援してくれてるし、何よりも僕が幸せなのは、自分が憧れている方々が、みんな自分にメッセージをくれて。ゆづは大丈夫だよってコメントをくれて、本当にありがたかったし、スケートをやっててよかった。本当に、今は生きててよかったなって思ってます」

と、過去に「死のう」と考えたこともあることを明かした。

 怪我を乗り越え、66年ぶりとなる五輪連覇を成し遂げた羽生選手の言葉に、ファンの間には衝撃が広がり、ツイッターでは

  「昨日の、羽生さんが死にたいと思ったというカミングアウトは衝撃的でした。 同時に、滑っただけでも叩かれ、、、と傷ついてもいました」「羽生くんてメンタル強い方だと私は思っているんだけど、そんな人でも死にたいって考えるなんてどれ程辛かったんだろうとすごく考えさせられた」「あの羽生さんが『死のうとした』って……。死にたいって思ったじゃなくて死のうとしたって……。羽生さん生きててくれてありがとう」

といったコメントが相次いで投稿された。

 羽生選手を巡っては、週刊誌をはじめとするメディアには肯定的・否定的を問わず、さまざまな記事が掲載されている。2016年には女性誌に「婚約」説を書かれたことも話題となった。各種のバッシングも、決して少なくない。

続きを読む

羽生結弦が激白「週刊誌の問題があって、何回も死のうと。でも生きててよかった」【ONE OK ROCK、ロード・エルメロイII世の事件簿、RBCヘリテージ】

 平昌五輪のフィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪2連覇を成し遂げた羽生結弦(23)=ANA=が15日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで行われた凱旋報告会にあたるイベントで、自身がプロデュースしたアイスショー「Continues ~with Wings~(コンティニューズ ウィズ ウイングス)」の最終日に出演。CSテレ朝チャンネルで生中継された。

 羽生自身が競技生活の中で影響を受けたトリノ五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコらそうそうたるメンバーが出演。羽生自身もトーク、質問コーナーや、右足首の故障明けでリハビリ中のため、ジャンプこそ跳べないものの、スピンとステップのみの演技を披露し、会場を盛り上げた。

 この日は2011-12年シーズンに滑った「ロミオとジュリエット」をチョイスした。12年ニース世界選手権で足の負傷を抱えながら魂の演技を披露し、銅メダルを獲得した“伝説”のプログラム。「このプログラムで好きになった人?」と会場に聞くと、大きな声援が。「平昌で落ちた人?ソチで落ちた人?おー、ソチはやっぱり多いな。ジュニアからの人?ノービスからはいないかな?」と、ノリノリで会場を煽った。最後には平昌五輪で金メダルを獲得したフリー「SEIMEI」。「次会うときはジャンプ跳んでるからな!僕の生命を懸けたSEIMEIです」と話し、全力の滑りを見せた。

 フィナーレでは「一時期、週刊誌の問題とか色々あった時に、“なんで僕生きてるんだろう”って。何回も死のうともしました」と激白。「でも、でもね、本当にみんなこうやっていっぱい応援してくれるし、何より僕が幸せなのは、自分が憧れてる方々がみんな、自分にメッセージをくれて、“ゆづは大丈夫だよ”ってコメントくれて、本当にありがたかったし、スケートやっててよかったって。本当に今は生きててよかったって、本当に思ってます」と、周囲やファンに感謝していた。

続きを読む