先発

『【MLB】今季初QSの前田健太「こういう内容を今後も」 次回は中3日半で先発へ』 ~ 皆さんの反応まとめ

 ドジャースの前田健太投手が24日(日本時間25日)の本拠地マーリンズ戦に先発し、6回1失点の好投を見せた。打線の援護に恵まれずに、3勝目はならなかったものの、今季自身初のクオリティースタート(QS、6回以上を自責3以内)を達成。6回4安打7奪三振1四球で1失点、わずか82球でリリーフ陣につなぎ、試合後は「良かったと思いますね、球数的にも余裕はありましたし、どんどんバッターと勝負することが出来たので良かったと思います。全ての球種をうまく使って打者を打ち取っていくことができましたし、ゲーム前に話したプラン通りに投げていくことができた」と振り返った。

 この日の失点は3回2死走者なしで「甘く入った。アウトコースを狙ったボールが甘く入った」という失投をリアルミュートにスタンドに運ばれたソロ本塁打の1点のみ。6回までマーリンズ打線を4安打に封じ、7個の三振も奪った。5回先頭で立った打席では、レフト前に今季初ヒットも記録し「やっと打てたので良かったです」。

 前田がマウンドにいる間、味方打線も1得点にとどまり白星はならなかったが、球数少なく打者を打ち取っていった投球内容には、本人も「6イニングということよりも、球数少なくどんどん打ち取っていくというのが僕の課題だと思っているので、それが出来たというのは良かった。6イニング終わって80球ちょっとくらいだったので、こういう内容を今後も続けていけたら良い」と納得の表情だった。

 今季はここまで5試合に投げて、まずまずの投球を続けている。20回1/3を投げて31個の三振を奪っている。その奪三振増の要因を前田は「フォーシームの質が良くなったというのが1番だと思うので、フォーシームをどんどん投げていって、その結果スライダー、チェンジアップ、カーブの変化球が生きてきている。いままではフォーシームが見せ球なような投球になってしまっていた。全てのボールでバッターと勝負していくことによって、変化球、フォーシーム両方効果的に使えているのかな」と語った。

 余力を残しての降板となったが、それは次回登板を見越したものだという。次戦は28日、敵地でのジャイアンツ戦となる見込みで「次が中4日、中3日半になるっていう話だったので、前回の106球と次の中3日半というのを考えたらちょうどいいんじゃないか、という感じ」と話していた。

続きを読む

【MLB】大谷、強豪Rソックスで先発へ 米屈指左腕セールが二刀流に敬意「脱帽すべき」 《先発登板、メジャー3度目、同試合》

 15日(日本時間16日)に予定されていたロイヤルズ-エンゼルスの一戦が悪天候で中止となった。同試合でメジャー3度目の先発登板に臨む予定だったエンゼルスの大谷翔平は17日(同18日)の本拠地レッドソックス戦でスライドで先発することに。これを受け、レッドソックスの地元紙「ボストン・グローブ」電子版が「ロード初戦の相手はショウヘイ・オオタニだ」と特集を組んでいる。

 ロイヤルズ-エンゼルス戦の中止で色めき立ったのはボストンメディアだった。レッドソックスは開幕直後に9連勝を記録するなど、ここまでメジャー最高の勝率.867(13勝2敗)と圧倒的な強さを見せている。対するエンゼルスも同西地区首位をキープ。両軍が激突する3連戦の初戦に大谷が先発登板することになった。

 これを受け、レッドソックスの地元紙は大谷との対戦を特集。「今、彼ら(レッドソックス)は二刀流と出会うことになる」とレポートした。

 記事ではレッドソックスに所属する昨季奪三振王のクリス・セール投手が二刀流の活躍ぶりを高く評価。「そう、確かに印象的だね。5日ごとに投げるだけでもどれだけ大変か自分は分かっているからね。彼には打席に立つことに関して、やらなければならないことが色々あるんだ」と、二刀流の実現がいかに困難かを説明。さらに「自分がやりたいかどうかはわからないけれど、印象的なことだよ。100マイル(約160キロ)のボールを投げながら、ホームランも放つことができるんだから」と、大型ルーキーのここまでの活躍を称賛したという。

 大谷はオープン戦で打率.125、防御率27.00と苦戦し、米メディアから「開幕マイナーにすべき」との厳しい声も上がったが、開幕以降の活躍で懐疑論は霧散。「コンドル」の異名を持つメジャー屈指の左腕セールも、ベーブ・ルース以来という約1世紀ぶりの偉業に挑む大谷をリスペクトすべしと主張している。

続きを読む

【巨人】野上が先発、捕手はルーキー大城…阪神戦スタメン発表 《ロサリオ、糸井、右》

◆巨人―阪神(1日・東京ドーム)

 【阪神スタメン】

 1(中)高山、2(二)鳥谷、3(右)糸井、4(一)ロサリオ、5(左)福留、6(三)大山、7(遊)糸原、8(捕)梅野、9(投)秋山=右

 【巨人スタメン】

 1(中)陽岱鋼、2(二)吉川尚、3(遊)坂本勇、4(左)ゲレーロ、5(三)マギー、6(一)岡本、7(右)長野、8(捕)大城、9(投)野上=右

続きを読む

“仮想ミリク”ジンチェンコを止めろ!日本戦は攻撃的MFで先発濃厚【女子カーリング日本代表、オフィス北野、六花亭】

 ◇ベルギー遠征国際親善試合 日本-ウクライナ(2018年3月27日 リエージュ)

 日本代表と27日に対戦するウクライナ代表の注目選手がMFオレクサンドル・ジンチェンコ(21)だ。プレミアリーグで首位を独走するマンチェスター・シティーで今季デビューし、リーグ7試合(公式戦13試合)に出場している伸び盛りのホープ。バルセロナでFWリオネル・メッシ(30)らを指導した名将ペップ・グアルディオラ監督(47)も高く評価する技巧派レフティーが、ハリルジャパン守備陣の力を試すことになる。

 日本が仮想ポーランドに見立てるウクライナ代表で、新エースとして攻撃の中心となるのが21歳MFジンチェンコ。16年に19歳で強豪マンチェスターCに加入した逸材だ。

 グアルディオラ監督が昨年11月に英紙マンチェスター・イブニングニュース(MEN)で「才能のあることは明白。彼のプレー、判断はいつもパーフェクトだ」とベタ褒めするほど、高い評価を受ける。昨季オランダの名門PSVに期限付き移籍し、今季復帰したマンチェスターCで昨年10月に初出場。「通常は攻撃的MFだがウイングでもサイドバック(SB)もできる」と名将が言うように柔軟性も特長で今季は主に左SBでプレーしている。

 グアルディオラ監督の戦術でSBは「時に中央にも入ってゲームをコントロールする特別なポジション」とジンチェンコ。超攻撃的なパスサッカーの要となる役割を、左足の正確なパスと高い戦術理解で的確にこなす。スターぞろいのチームで1年目から公式戦13試合に出場。その活躍の裏には「生きる伝説でアイドル」と尊敬するウクライナ代表シェフチェンコ監督からの助言があった。

 同代表最多48得点を挙げた名FWから、自身のACミランでの経験も踏まえ「周りはスーパースターばかり。精神的に強くなれ。絶対に諦めるな。毎日、毎練習が戦いだ」とアドバイスを受けたことを、2月にMEN紙で明かした。ウクライナ代表は15年に18歳でデビューを飾り、16年5月のルーマニア戦で19歳165日で初得点。シェフチェンコの最年少記録(19歳214日)を更新した。

 日本戦は攻撃的MFでの先発が濃厚。日本にとってはポーランドのトップ下でプレーする左利きのFWミリク(ナポリ)を仮想した選手となる。ジンチェンコを封じ込められないようでは、W杯の勝利も見えてこない。

 ◆オレクサンドル・ジンチェンコ 1996年12月15日、ウクライナ・ラドミシュル生まれの21歳。強豪シャフタル・ドネツクの下部組織出身で、15年3月に18歳でロシア1部ウファでプロデビュー。16年7月にマンチェスターCに完全移籍し、16~17年はオランダ1部PSVに期限付き移籍。今季マンチェスターCに復帰した。ウクライナ代表では通算14試合1得点。1メートル75、64キロ。利き足は左。

続きを読む

【中日】松坂、先発!4660日ぶりナゴヤDで2回2失点…アマダーに2ラン被弾(ユニフォーム、中華人民共和国、J1リーグ)

◆オープン戦 中日―楽天(4日・ナゴヤドーム)

 中日にテスト入団した松坂大輔投手(37)が、先発で本拠地デビューを果たしたが2回2失点。楽天・アマダーに痛恨の2ランを被弾した。

 初回、先頭・島内を初球の内角直球で左飛に打ち取ると、ペゲーロには粘られたが10球目のスライダーで三ゴロ。銀次も直球で中飛に仕留めて3者凡退の好スタートを切った。

 2回はウィーラーをチェンジアップで捕邪飛。続く今江には内角高めの直球を詰まりながら右前に運ばれて二盗も決められたが、岡島は直球で左飛。左翼・アルモンテの守備が緩慢で、今江に三塁進塁を許した。そしてアマダーにスライダーをバックスクリーン右に運ばれる2ランを被弾。続く山下は空振り三振に封じ、31球の投球でマウンドを降りた。

 ナゴヤドームで登板するのは西武時代の2005年5月31日、交流戦の中日戦以来4660日ぶり。8回2失点だったが打線の援護がなく黒星がついた。同ドームで被弾するのは04年10月17日、中日との日本シリーズ第2戦で立浪に3ランを浴びて以来。また、楽天戦で登板するのはソフトバンク時代の16年10月2日(コボスタ宮城)以来。1回5失点と散々だっただけに、リベンジを果たせなかった格好だ。

 先発メンバーの発表からボルテージは最高潮だった。楽天の10人、中日の野手9人の紹介が終わり、球場ナビゲーターが「そしてドラゴンズのピッチャーは、背番号99…」とアナウンスすると割れんばかりの大歓声。「松坂大輔~!」のコールで絶叫がこだました。

 始球式には百貨店「松坂屋名古屋店」で始球式体験福袋で当選した小学生が登場。周辺には「松坂屋がスポンサーなので僕が投げるんです」とジョークを飛ばしていたが、“前座投手”の投球も静かに見つめていた。

 登板前日の3日は星野仙一氏追悼試合のセレモニーに参加。さらにはブルペンで捕手を立たせて約30球を投球。まだブルペンの場所が分かっておらず、遠回りしてしまい、苦笑いを浮かべた。楽天とのオープン戦の試合中にはナゴヤドームを後にして、報道陣には「前の日、僕しゃべらないんで…」と申し訳なさそうに会釈して気合を高めた。この日も試合前の練習中はグラウンドに現れず、ドーム内のブルペンなどで調整。集中力を高めていた。

 2月26日のハンファ(韓国)との練習試合(北谷)で移籍後初めて実戦登板。横浜高時代から「野球で緊張したことはない」と言い切る怪物は、当日も「緊張とかはなかった。久々なので『どういう時間で動いていたのかな』とか」と、投球よりも登板当日のルーティンを再確認することに苦心したという。当日は球団のスピードガンで最速143キロを計測。「(球速が上がったので)ガッカリするよりは良かったです」と笑っていたが、この日のMAXは144キロと前回を上回った。

続きを読む

香川、ボランチで先発も負傷交代…ロイス復帰のドルトはバチュアイ連発で2連勝 『FW伊藤達哉、DF酒井高徳、ホーム』

[2.10 ブンデスリーガ第22節 ドルトムント2-0ハンブルガーSV]

 ブンデスリーガは10日、第22節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントはホームでDF酒井高徳とFW伊藤達哉が所属するハンブルガーSVと対戦し、2-0で勝った。香川は8試合連続で先発したが、後半17分に負傷交代。連続フル出場は7試合でストップした。酒井は5バックの右サイドバックでフル出場。伊藤はベンチ外だった。

 ドルトムントは昨年5月27日に行われたDFBポカール決勝で右膝前十字靱帯を部分断裂し、長期離脱していたFWマルコ・ロイスが約8か月半ぶりに復帰。1月の移籍市場でチェルシーから加入したFWミヒー・バチュアイと縦関係の2トップを組み、先発のピッチに立った。

 ロイスの復帰に伴い、システムも4-3-3から4-4-2に変更。香川はMFユリアン・バイグルとダブルボランチを組み、右サイドにMFクリスティアン・プリシッチ、左サイドにFWアンドレ・シュールレが入った。

 前半20分、香川のスルーパスに反応したバチュアイは惜しくもオフサイド。ハンブルガーSVも同29分、酒井の右クロスからFWボビー・ウッドが右足を振り抜いたが、至近距離でDFのブロックに遭い、前半は互いに見せ場少なく、スコアレスで折り返した。

 後半立ち上がりの4分、ドルトムントの新エースがゴールネットを揺らす。PA内右に抜け出したプリシッチのシュート性のクロスにバチュアイがオンサイドの位置から飛び出し、左足でスライディングシュート。デビュー戦となった前節のケルン戦(3-2)で圧巻の2ゴール1アシストを記録したベルギー代表FWが2戦連発となる先制点を奪った。

 1点をリードしたドルトムントだったが、後半14分、香川にアクシデントが襲う。相手PA手前でパスを出した際に左足首を痛めたか、自らプレーを中断してピッチの外へ。ベンチ前で治療を受けていたが、そのまま同17分にMFマフムード・ダフードと交代した。

 復帰戦のロイスも後半27分、MFマリオ・ゲッツェとの交代でベンチに下がったドルトムント。終盤はハンブルガーSVに押し込まれる時間もあったが、後半アディショナルタイムにゲッツェのダメ押しゴールで2-0と突き放し、2連勝を飾った。これでペーター・シュテーガー監督就任後は7試合負けなし(4勝3分)。好調なチームを引っ張ってきた香川の状態だけが気がかりだ。

続きを読む