反論

クリッシー・テイゲン、フィギュアスケートの長洲未来選手への炎上「移民」ツイートに反論 《演技、フィギュア団体、長洲未来選手》

きっかけになったのは新聞「ニューヨークタイムズ」の記者、バリ・ウェイスのツイート。長洲未来選手がフィギュア団体フリーの演技でトリプルアクセルを決めた後「移民たち、彼らがやるべきことをやった」とツイートした。

これに対して「移民に対する差別」という声や「そもそも長洲未来選手は移民じゃない」という指摘が殺到。ウェイスはツイートを削除したけれど、その後釈明のツイートをアップ。「文明の終わりを示すサインがまだ必要? 私は長洲未来のトリプルアクセルの動画に『移民たち、私たちはやるべきことをやった』とツイートしただけ。これはミュージカル『ハミルトン』からとった言葉よ。私は彼女がカリフォルニアで生まれたことを知ってる。移民なのは彼女の両親。私は彼女と両親を祝福したの」「このツイートをしたことで私は人種差別主義者で残酷で、死に値すると言われている。だからツイートは削除したわ。これが今の私たちの状況よ」。ツイートは移民差別ではなく、批判は過剰な反応だというのがウェイスの言い分。

続きを読む

徳島えりかアナ 馬場ももこアナに激しく反論…野球選手と「付き合ってねえし!」(スロウスタート、Android、吉沢 亮)

 日本テレビの徳島えりかアナウンサー(29)が13日、同局系「踊る!さんま御殿!!」に出演し、テレビ金沢の馬場ももこアナウンサー(26)から以前、「野球選手と付き合ってる」と言われたことに、「付き合ってねえし!」と乱暴な口調で反論し、「口が悪い」と注意された。

 徳島アナは馬場アナの後方に座り、「系列の仲間なので、のびのびしててうらやましいなと思うところもたくさんあるんですけど」と前置きした上で、1月14日に同局系で放送された「行列のできる法律相談所SP」における自身への発言を問題視した。

 徳島アナは「エイエイオーって楽しくしゃべったあげく、最後に突然なぜか私に『徳島さん、野球選手と付き合ってるじゃないですか!』って。付き合ってねえし!」と激しい口調で反論した。共演した先輩アナから即座に「口が悪い。今の」と指摘されると、「すみません。出ちゃいました」と口を押さえた。それでも徳島アナは「何を言い出すんだと」と付け加え、怒りが収まらない様子がうかがえた。

 共演したお笑いタレントの友近は馬場アナに「想像でしょ。情報握ってるわけじゃなくて想像でしょ?」と質問。馬場アナは「そうです」と笑って応じ、徳島アナは「怖い」と両腕を交差させて腕をさすった。

続きを読む

相撲協会が貴乃花親方に反論「調査結果が真実」 テレビ番組での主張に対し(優勝、オールスター競輪、北村匠海)

 日本相撲協会が11日、テレビ出演で協会側の報告書と食い違いがあると主張した貴乃花親方(45)=元横綱=への反論コメントを発表した。

 「元横綱日馬富士の暴行問題に関する日本相撲協会の見解は、当協会の危機管理委員会が、昨年11月30日、12月20日、12月28日と3回にわたり発表したとおりです。詳しくは、その時にお配りした報告書等の資料をご覧下さい。当協会としましては、危機管理委員会が認定した事実と齟齬(そご)する指摘につきましては、事実と異なるものと考えております」

 秋巡業中、元日馬富士の暴行により弟子の貴ノ岩(27)が頭部を負傷。貴乃花親方は巡業部長として引率していた。事件を巡り同親方が協会と対立。昨年11月30日からの報告書で同親方の理事としての責任が問われた。1月4日に「報告義務を怠り、危機管理委員会による捜査への協力を拒否した」として、理事を解任された。

 同親方は7日、テレビ朝日系列にVTR出演した際、貴ノ岩の陳述書が協会の最終報告に反映されていないと主張。自らの処分に関しても「認められるものではない」と、番組内で語っていた。

 反論文の発表に関し広報部副部長の芝田山親方(元横綱大乃国)は「(協会が報告書にまとめた)調査結果が真実ということを改めてお伝えした。一親方がテレビに出て協会と相反することがあったかのように言っているけど、協会としてきちっとした発表をしている」と説明した。

続きを読む