史上初

「R―1ぐらんぷり決勝」史上初の異色芸人・濱田祐太郎、お笑いを目指す理由と不安 《異色、舞台、ピン芸人日本一決定戦》

 伏兵だったアキラ100%がピン芸人日本一決定戦「R―1ぐらんぷり」を制覇してから1年。今年のR―1決勝(3月6日)の舞台にも、異色の芸人が登場する。

 生まれつき全盲に近い弱視という濱田祐太郎(28)だ。左目は見えず、右目は明るさを確認出来る程度という。同大会で、視覚の不自由な芸人の決勝進出は史上初。漫才日本一決定戦「M―1グランプリ」、コント日本一決定戦「キングオブコント」、女ピン芸人NO1決定戦「THE W」の決勝を見渡しても、出場例はない。

 芸歴5年目の漫談家。自らのハンデを自虐的に取り上げるネタで笑いを誘う。障害をネタにすると、時に聞き手が嫌悪感を抱くようなきつい表現になることもあるが、濱田は違う。友人から「運転するの?」と聞かれたり、おばあちゃんに「私のこと見える?」と言われたり、“あるある”を適度なユーモアを交え、笑いに変えるのだ。自身が障害を抱えるから、説得力も増す。

 驚かされたのは、そのポジティブ思考だ。濱田は小学生の頃、「ビッキーズ」「ハリガネロック」をテレビで見て、漫才の虜になった。中学生になると「将来、舞台に立ちたい」と強く思うようになった。「外で走り回るようなロケはできないけど、劇場なら話せる」。小中は健常者と同様の学校に通い、盲学校に入学。「親を安心させるため」に、18歳であんまマッサージ指圧師の、21歳で針とお灸の資格を取得した。

 盲学校卒業後、吉本芸能総合学院(NSC)の35期生に。入学の際、NSC側から「目の不自由な人をサポートする仕組みはないから、どこまでできるか分からない」と言われたが、思いを貫いた。

 耳だけで客の反応を推し量る。だから、舞台は「毎回、不安になる」。笑いが起きない時は「今日はお客さんがいない」と自らに言い聞かせ、乗り切るようにしているという。長距離の移動は、同期の芸人や吉本興業の社員に同伴してもらうこともある。

 R―1は、人生で初の舞台だった。2012年の1回戦、自分なりにベストを出せたというが「むちゃくちゃ緊張した。ずっと膝が震えていた。家帰るまで震えていた」。一人やたらと笑う中年男性の声が今も耳に残る。初出場で準決勝まで進出した。

 記者らの質問に真っすぐ、正直に答える姿勢に好感を持った。「他の障害を持った方を勇気づけたい思いはあるか」と聞かれた時だ。「特にないんですけどね。そう思われがちなんですよ。お笑いを通して、障害者への偏見をなくすため、勇気づけるためにやってるのではと。僕のネタを見て勇気づけられるのであれば、障害があってもなくても構わない」ときっぱり。

 なぜ、そこまでお笑いにこだわるのか。「他にやりたいことがないから。マッサージ師をやりたいと少しでも思ったら、そっちの道を進んでいる。子供の時に見た漫才にはまって、お笑いに憧れ続けている」。

 7回目の挑戦でつかんだ大舞台。R―1優勝は「一番近い目標」と言い切り、大きな目標は「お笑い芸人で生活していきたい」と語った。

 「THE W」を制したゆりやんレトリィバァ(27)、ルシファー吉岡(38)ら常連も決勝進出を決め、敗者復活2人を含め12人で優勝賞金500万円を争う。テレビでタブーともされてきたネタが波乱を巻き起こすか、注目したい。(記者コラム)

続きを読む

中邑真輔&ASUKA、史上初の快挙。「ロイヤルランブル」を制することができた理由 《格闘技ライター、偉業、ASUKA》

WWEのPPVイベント「ロイヤルランブル」で、日本人初となる男女優勝の快挙を達成した中邑真輔とASUKA。この偉業の秘密はどこにあるのだろうか? 格闘技ライター・高崎計三氏が、多くの関係者に取材を敢行した。(文:高崎計三)

続きを読む

仮装大賞 番組39年目で史上初「0点」出た!梅沢富美男激怒「帰れ!」 『日本テレビ、司会、萩本欽一』

 タレントの萩本欽一(76)と元SMAPの香取慎吾(41)が司会を務める日本テレビの「欽ちゃん&香取慎吾の第95回全日本仮装大賞」が3日放送され、1979年の番組開始から39年目にして史上初となる「0点」が出た。

 元日に収録された今回は、応募総数3316組の中から全国の予選を勝ち抜いた35組が登場。満点は20点(第1回は15点)で15点が合格だが、32番目に登場したのは事務所の先輩であるブルゾンちえみ(27)とのユニット「withB」として昨年ブレークしたお笑いコンビ「ブリリアン」の2人。「山頂アタック」というネタで力を合わせて奮闘したが、あえなく0点となった。

 過去に0点のピンチも何度かあったが、欽ちゃんが軽妙なトークで審査員に投票を促す”お情け”もあって回避してきた仮装大賞。だが、39年目にしてついに不名誉な「0点」を刻んだのは“ポンコツ”と名高いコージ(30)とダイキ(30)の「ブリリアン」だった。

 苦笑いを浮かべながら審査員席から後輩2人の演技を見ていたブルゾンちえみは衝撃の0点に「おかしいでしょ!ゼロ点なのにめっちゃ笑顔っていう2人の反応がおかしい!」とあきれ顔。萩本に「0点だよ」と言われて初めて事態に気づいた2人は「0点!?」と声をあげ、初めて知ったように驚いた。

 2002年から司会を務める香取がここですかさず「欽ちゃん記憶にありますか?」と聞くと、萩本は「0点は初めてです」とキッパリ。会場を「ええ~っ!」というどよめきが包むと、ブルゾンは「すごいですよね。こんなに審査員の方々が満場一致で同じ気持ちっていうのが。私はうれしかったです、なんか。皆で1つになれた感じがして」と再び苦笑いを浮かべた。

 同じく審査員の「ピース」又吉直樹(37)は「迷いなく0点で」と断言。やはり審査員の梅沢富美男(67)は「何回ぐらい練習したんだ?」と怒り顔で2人を問い詰めた。2人は動揺しながらも「いや!え~と…。ブルゾンさんにバレないように(何回も練習した)。これ、ブルゾンさんにサプライズなんですよ」(コージ)「はい!」(ダイキ)と言い訳。「うまくバレないように10回ほど」と付け加えたが、梅沢に「正直に言ってみろ。何回ぐらい練習した?」と畳みかけられると「5回ぐらいです…」とポツリ。「帰れ!」と梅沢に大声で叱られた2人はシュンとしていた。

続きを読む