問題

羽生結弦が激白「週刊誌の問題があって、何回も死のうと。でも生きててよかった」【ONE OK ROCK、ロード・エルメロイII世の事件簿、RBCヘリテージ】

 平昌五輪のフィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪2連覇を成し遂げた羽生結弦(23)=ANA=が15日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで行われた凱旋報告会にあたるイベントで、自身がプロデュースしたアイスショー「Continues ~with Wings~(コンティニューズ ウィズ ウイングス)」の最終日に出演。CSテレ朝チャンネルで生中継された。

 羽生自身が競技生活の中で影響を受けたトリノ五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコらそうそうたるメンバーが出演。羽生自身もトーク、質問コーナーや、右足首の故障明けでリハビリ中のため、ジャンプこそ跳べないものの、スピンとステップのみの演技を披露し、会場を盛り上げた。

 この日は2011-12年シーズンに滑った「ロミオとジュリエット」をチョイスした。12年ニース世界選手権で足の負傷を抱えながら魂の演技を披露し、銅メダルを獲得した“伝説”のプログラム。「このプログラムで好きになった人?」と会場に聞くと、大きな声援が。「平昌で落ちた人?ソチで落ちた人?おー、ソチはやっぱり多いな。ジュニアからの人?ノービスからはいないかな?」と、ノリノリで会場を煽った。最後には平昌五輪で金メダルを獲得したフリー「SEIMEI」。「次会うときはジャンプ跳んでるからな!僕の生命を懸けたSEIMEIです」と話し、全力の滑りを見せた。

 フィナーレでは「一時期、週刊誌の問題とか色々あった時に、“なんで僕生きてるんだろう”って。何回も死のうともしました」と激白。「でも、でもね、本当にみんなこうやっていっぱい応援してくれるし、何より僕が幸せなのは、自分が憧れてる方々がみんな、自分にメッセージをくれて、“ゆづは大丈夫だよ”ってコメントくれて、本当にありがたかったし、スケートやっててよかったって。本当に今は生きててよかったって、本当に思ってます」と、周囲やファンに感謝していた。

続きを読む

『『シェンムー』の魅力と問題を語る――『シェンムーI&II』発表記念』 ~ ヤフーユーザーの意見まとめ

セガフェス2018にて『シェンムーI&II』がPS4向けに発表された。元々はドリームキャストのゲームである1999年の『シェンムー 一章 横須賀』(以下『シェンムーI』)と2001年の『シェンムーII』は僕のオールタイムベストゲームだ。現在開発中である『シェンムーIII』に備えて『シェンムーI&II』のプレイを検討している人向けに、そもそもどういうゲームなのか、どういった魅力があるのか、現代プレイする上でどういった懸念点があるのか、解説していきたい。

オープンワールドの先駆けとしての『シェンムー』
『シェンムー』は頻繁にオープンワールドゲームの元祖と呼ばれる。それは部分的に正しく、また、部分的に間違っている。本作が発売した1999年、オープンワールドと呼べそうなゲームは確かにほとんどなかった。『ファイナルファンタジーVIII』に初代『サイレントヒル』が発売した年で、『シェンムー』のスケールやグラフィックスは他のコンソールゲームをはるかに凌駕していた――少なくとも、技術的には。
フル3Dのリッチな環境において、インタラクションのとれるオブジェクトや中に入れる建物の数はプレイヤーにまるで「思うままに生活できる箱庭」の錯覚を与えていた。『シェンムー』の舞台である80年代の横須賀は閑静な住宅街の「山の瀬」と「桜ヶ丘」、商店街の「ドブ板」、それから「新横須賀港」という4つのエリアから形成されていた。そこには300を超えるNPCキャラクターが生活し、それぞれ独自の見た目や設定があり、話しかけるとフルボイスで主人公の芭月涼とやりとりをする。

本作には時間の概念があり、現実世界の5分がゲームの約1時間に相当する。昼間は八百屋で野菜を売る青井おじさんが夜になるとスナックでお酒を飲んでいる。放課後にランドセルを背負って帰宅する達也くんが、別の日には朝からガチャガチャの前にしゃがみ込んでいる。時間や曜日、または物語の進行に合わせて彼らとの会話は細かく変化し、何度も話しかけるとキャラクターの裏設定が垣間見える。あくまで芭月涼の冒険にフォーカスの当てられたゲームであるが、『シェンムーI』に登場するキャラクターは涼の役に立つために用意された駒ではなく、涼と関係のないところで日々の生活を送っている。これを同じレベルで実現したゲームは本作の発売からそろそろ20年が経とうとしている今も、僕の知る限りでは存在しない。
天気がリアルタイムで変化する「Magic Weather」というシステムも当時は新しかった。『シェンムー』の物語は12月3日からスタートし、最初こそは雨や雪の日が多く、雪が連日降ればちゃんと積もる。冬も峠を越えると晴天が続くようになり、春になると桜が咲く。ゲームのオプションで横須賀の気象データに基づいた当時の実際の天候を選択することもできるが、天気がランダムに変化していく「Magic Weather」も捨てがたい。ランダムでありながら、極めてリアルな変化を見せるからだ。例えば、朝は晴れていたのが、徐々に曇り出して、やがて大スコールが横須賀の屋根を叩くような日がある。晴天が何日も続くと積雪量は徐々に減っていき、雨が降り出すとキャラクターは傘を差す。同じカットシーンでも、プレイする度に天気や時間帯が異なることによって、自分が唯一無二の体験をしていると信じることができた。

『シェンムーI』はプレイヤーの快楽を前提とした箱庭である以前に、ライフシミュレーターなのだ 。 いち早く3D技術にこだわり、『バーチャファイター』や『バーチャレーシング』でリアリティを追求した鈴木裕 。 彼が初めてコンソール専用のソロプレイゲームを作ることによって、そのこだわりは前代未聞の次元に行きついた 。 『シェンムーI』はプレイヤーの快楽を前提とした箱庭である以前に、ライフシミュレーターなのだ 。 オープンワールドを本格的に普及させた『グランド・セフト・オートIII』(2001年)は『シェンムー』から影響を受けて作られたという根拠はなく、似ているというよりもむしろ対照的なゲームである 。 町のディテールやNPCの個性、天候のリアリティといったところに焦点を当てる『シェンムー』と、プレイヤーが思う存分にはちゃける土台を何よりも作り込んだ『GTAIII』 。

続きを読む

トロロッソ・ホンダF1密着:下位に沈んだハートレーとガスリー。ふたりが初日に抱えていた問題 『タイム、17位、ピエール・ガスリー』

 開幕戦の初日が終わった。トロロッソ・ホンダの2人のポジションは、ブレンドン・ハートレーが16位、ピエール・ガスリーが17位だった。

 だが、タイムは2人とも決して悪くない。2人が記録した1分25秒台には、8位のフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)から18位のセルゲイ・シロトキン(ウイリアムズ)まで11人がひしめき合う大混戦。

 ハートレーは「まだクルマは改善できるので、あとコンマ数秒は刻むことができる。そうなれば、中団は接近しているので、ポジションは違ってくる」とコメントし、ガスリーも「詳細は教えられないけど、今日はいいデータが取れたので、まだまだ速いタイムが出るはず」と、土曜日以降の挽回に手応えを感じていた。

 では、グランプリ初日の金曜日に、2人が抱えていた問題はなんだったのか?

 アタックラップの際、2人がともにタイムを失ったのがセクター3だったことから、デプロイ(エネルギー回生)が切れたのではないかと考えられた。アルバートパーク・サーキットは燃費に辛く、ホンダは昨年もセクター3でデプロイに苦しんだ。

 しかし、田辺豊治ホンダF1テクニカルディレクターは「(デプロイは)関係ありません」と答え、こう続けた。
「タイヤのウォームアップなども含めて、うまくまとめきれなかったんじゃないでしょうか」

 トロロッソのチーフレースエンジニアを務めるジョナサン・エドルズは次のように説明した。
「われわれにとって重要なのはタイヤを理解すること。今日はタイヤのオーバーヒートがかなりひどかった。そのため、最終セクターでタイムを大きく失った。明日以降の課題だ」

  しかし、シーズンはまだ始まったばかり。そして、今日は金曜日。田辺TDに焦りはない。
「PU側ももちろん、チームとして大きな問題に見舞われることなく、一通りプログラムをこなせて、順調に終了することができたことを評価したい。今日、点数を付けるとしたら、初日なので33点。明日と明後日で100点にしたい」

[オートスポーツweb ]

続きを読む

北島三郎次男死去で感じた「無関心」こそ最大の問題 《自宅、大野誠、作曲家》

<ニッカンスポーツ・コム/芸能番記者コラム>

 北島三郎(81)の次男で、ミュージシャンで作曲家の大野誠さんが自宅で亡くなった。

 51歳だった。閑静な住宅街の一戸建てを借りて1人暮らしをしていたが、親族が連絡が取れず、警察立ち会いのもと自宅を訪ねると亡くなっていた。

 本件について周辺取材を担当したが、複雑な思いだった。というのも、私自身2年前、脳出血を発症した。たまたま取材中だったのが不幸中の幸いだった。取材後の連絡をした際、まったく話せなくなっていた。異変に気付いたデスクの好判断で医者にいったおかげで、今こうして生きている。もしあの時、「体調が悪いなら帰っていい」と指示されていたら、最悪、この原稿も書いていないかもしれない。そんなことを思い出していた。私も訳あって独り身のため、孤独死してもおかしくなかったことを改めて実感するとともに、なんの障害も残らずこうして働けていることに感謝している。

 また、周辺取材をする中で、地域社会が崩壊しつつあることも実感した。大野さんが住んでいたのは歴史有る住宅街。近隣住民に話を聞くと、その周辺でも最近は誰が住んでいるのかが全く分からないという。古くから住んでいる人たちの子ども世代は家を出てしまい、高齢化が進んでいる。新しく引っ越ししてきた人たちは町内会には入らない。回覧板もあるが、拒否してる。私も地方出身者で、今住んでいるマンションにどんな人が住んでいるのかも知らない。町内会の会費はマンションの管理費として徴収されているが、町内会には無関心だ。心のどこかに「よそ者」感覚があるのも事実だが、最大の問題は「無関心」だと感じた。

 いろいろと身につまされる取材だった。

続きを読む

ルノーF1、空力パフォーマンスを追及した結果、冷却の問題に直面【福永 祐一、AFCチャンピオンズリーグ、JR】

 ルノーは2018年型マシンR.S.18を設計するにあたり、空力パフォーマンスを追及した結果、冷却の問題に直面していると、チーフテクニカルオフィサーのボブ・ベルが示唆した。

 ワークスチームとして3年目を迎えるルノーは、昨年の6位からさらにランキングを向上させることを目指している。そのため大きな改善を狙って新車をデザインしたが、その結果、冷却面で苦労することになるかもしれないという。

 2018年にはパワーユニットの基数制限がさらに厳しくなり、21戦のなかで6エレメントのうちエンジン(ICE)、MGU-H、ターボチャージャーは3基に、エナジーストア、コントロールエレクトロニクス、MGU-Kは2基に制限される。

「パワーユニットをシャシーに組み込むにあたり熱の問題に対処しなければならないが、それに関しある程度、新規則の影響があるかもしれない。ただ、大きな影響はないだろう」とベルは語った。

「昨年のマシンと比較すると、我々が全体的な絞り込みを行うことに努力を惜しまなかったことが分かると思う」

「その分、マシンの熱の流れをコントロールするのがより一層難しくなる」

「我々はマシンの空力パフォーマンスを最大限に高めるため、必死で努力してきた。そのためにすべてが圧迫されるような形になり、熱のマネジメントに頭を悩ませるような状況になっている」

 一方、ルノーのテクニカルディレクター、ニック・チェスターは、今後も積極的に開発を進めていくと述べ、今後の目標のひとつは重量を削減することであると語った。

 強度を高め、重量を削減することに重点を置かれ、ギヤボックスの構造も変更されたという。

「重量を抑えて、バラストを増やし、重心を下げたいと考えている」とチェスター。

「その問題に取り組んでいくつもりだ。軽量化したパーツを金曜に走らせ、それがうまく機能したら、レースに導入する」

[オートスポーツweb ]

続きを読む

伊調馨「パワハラ」問題、両者を公平に扱ってはならない理由。 『告発状、パワハラ、栄和人強化本部長』

オリンピック4連覇、国民栄誉賞を受賞している女子レスリングの伊調馨選手をめぐるパワーハラスメント告発問題が世間を騒がせています。日本レスリング協会の栄和人強化本部長のパワハラを糾弾する告発状に端を発するこの問題は、競技団体を統轄する協会の対応も注目を集め、第二の“相撲協会問題”の様相を呈しています。この問題に対し、作家・スポーツライターの小林信也氏は、「スポーツ界の体質自体に問題がある。世間の求める“公平性”では解決しない」と警鐘を鳴らします。(文=小林信也)

続きを読む

マクラーレンF1にトラブルが連発。テスト2日目はエキゾースト関連の問題で半日走れず 《本、MCL33・ルノー、27日》

 マクラーレンF1チームは、プレシーズンテスト2日目、エキゾースト関連のトラブルに見舞われ、ストフェル・バンドーンは37周を走行するにとどまった。

 27日、バンドーンがMCL33・ルノーのテストを本格的にスタートした。前日に続き、スペイン・バルセロナは気温が非常に低く、このコンディションを考慮し、午前中はシステムチェックと相関データの収集に取り組んだ。バンドーンは最も軟らかいハイパーソフトタイヤによって1分20秒325のタイムを出し、午前には暫定2位となっていた。

 しかし昼ごろにチームはボディワーク下の温度上昇という異常を発見。エキゾーストクリップが破損し、熱風がマシンとブレーキラインなど配線に吹き付けられていたことが分かった。チームは詳しい調査を行うために走行を中断し、無事に調査と修理を完了、夕方にマシンは走行できる状態になったものの、雪が舞うほどに天候が悪化していたため、コースに復帰しないことを決めたということだ。

 バンドーンはトラブル発覚前に記録したタイムでこの日全体の3位となった。

 テスト初日にはアロンソが走行したが、午前のセッションスタート早々にホイールナットのトラブルにより右リヤホイールが脱落するというアクシデントが発生、走行時間を大幅に失った。

 チームはこのトラブルは大きなものではないとと説明したが、2日目のトラブルについてもバンドーンとレーシングディレクターのエリック・ブーリエはともに「小さな問題」であると主張している。

 バンドーンはマシンのパフォーマンスには良い印象を持ったと述べた。
「最初の印象はすごくポジティブだ。快適に走ることができたし、意外なことも起こらず、マシンに対する理解を深めることができた」

「トラブルは大きなものではなかったし、マシンについてたくさん学べたから、ポジティブな一日だったよ」

 テスト3日目には再びアロンソが登場する予定となっている。

[オートスポーツweb ]

続きを読む

羽生竜王 藤井六段と次はタイトル戦?「そこに私がいるかどうかが問題」 『苦しい感じ、入り口、終盤』

 ◇朝日杯オープン戦(2018年2月17日)

 羽生は何度も顔をしかめ、頭をかき、盤上をにらみつけた。「終盤の入り口から少しずつ苦しい感じになり、追いつくのは難しいかなという感じだった」。ファンが直接観戦する公開対局とあり、最後は詰みが分かりやすい形まで指し続けたが、数手前にはすでに敗戦を覚悟していた。

 じわじわと劣勢に追い込まれた。今大会の後手番で採用した振り飛車ではなく、相居飛車を選択。中盤で藤井が先に時間を使い果たしたが「非常にしっかりとした落ち着いた指し回しで、安定感を感じた。秒読みで時間が短い中でも冷静に一手一手を指していた」と振り返った。

 終局後、藤井の能力について問われると「形の認識度の高さ」と表現。「この形はいいとかダメだとか、パターン認識という能力が高いのではないか」と分析した。さらにこの1年間で「さまざまな局面への対応力が上がっている」と成長を感じ取ったことも明かした。

 永世7冠の達成で国民栄誉賞を受賞した。受賞後初の公式戦では敗れたが、将棋界の第一人者としての立場は不動。今後も若手の挑戦を受ける形が続く。「若い世代が力強く台頭してきていると感じる。自分なりにまた一生懸命頑張って対抗していきたい」。その先に、前人未到の獲得タイトル通算100期が待っている。

 歴史的対決の初戦は譲ったが、第一線にいる限り対戦の機会は何度もやってくる。次はタイトル戦の舞台でとの期待も高い。「藤井さんは必ずタイトル戦の舞台に間違いなく立つ。そこに私がいるかどうかが問題」と笑った。

 ▼朝日杯 正式名称は「朝日杯将棋オープン戦」。07年度にスタートし、今回が第11回の一般棋戦。全プロ棋士とアマ10人、女流棋士3人が参加し、1次、2次予選の通過者とシード棋士の計16人で本戦トーナメントを戦う。持ち時間は各40分、切れたら1手1分。今期の優勝賞金は750万円。最多優勝は羽生竜王の5度。

続きを読む