大杉漣

『大杉漣さんお別れ会、田口トモロヲ「ドッキリかと」』 ~ ヤフーユーザーの意見まとめ

 2月に急死した俳優大杉漣さん(享年66)のお別れの会が14日、東京・青山葬儀所で営まれた。テレビ東京系「バイプレイヤーズ」で、ともに主演した田口トモロヲ(60)松重豊(55)らのほか、草なぎ剛(43)木村佳乃(42)ビートたけし(71)ら親しい知人やファン約1700人が参列し、最後の別れを告げた。弔辞を読んだ田口は「壮大なドッキリかと…」と、まだ信じられない心境を明かした。

 大杉さんはテレビ東京系連続ドラマ「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら」の撮影半ばに急死した。亡くなる直前まで一緒にいた共演者の田口、松重、遠藤憲一(56)光石研(56)の4人が涙をこらえながら遺影の前に並び、田口が代表して弔辞を読んだ。

 田口は「突然の別れに今も気持ちの整理ができないまま、覚めない夢を見続けている感じです。まだ心のどこかで壮大に仕組まれたドッキリなんじゃないかと。今は、ひたすら漣さんが恋しいです。寂しいです」と天国の大杉さんに語りかけた。

 さらに「漣さんはどこまでも差し込んでくる光のような人でした」と話すと「俳優の先輩、人間の先輩として同じ時代に息をし、ともに歩めた僕らは本当に幸せ。後輩であり続けたことを誇りに思います。本当にありがとうございました」と感謝した。

 15年のフジテレビ系「銭の戦争」などで共演した草なぎ、03年の映画「船を降りたら彼女の島」で共演した木村も弔辞を読んだ。草なぎは「漣さんみたいに優しい人をこんなに早く天国に連れていくなんて神様は本当にいるのか」と悲痛な思いを吐露。「僕はまだ漣さんとお芝居したいです」と続け、声を詰まらせた。木村は「漣さんのことが大好き」と号泣した。

 戒名は優月院漣奏球孝信士(ゆうげついんれんそうきゅうこうしんじ)。優しい人柄と月光のような穏やかな輝き、芸名の漣、演奏の奏、好きなサッカーの球、本名の孝と、大杉さんを象徴する文字で構成されている。

<主な参列者>

 高橋伴明、草なぎ剛、木村佳乃、田口トモロヲ、遠藤憲一、松重豊、光石研、ビートたけし、ダンカン、笑福亭鶴瓶、浜田雅功、笹野高史、佐々木蔵之介、大森南朋、比嘉愛未、田中要次、国村隼、りょう、前田美波里、斎藤工、村上淳、水谷豊、室井滋、高橋克典、泉ピン子、小沢征悦、尾野真千子、向井理、佐野史郎、速水もこみち、村田雄浩、森山良子、要潤、ユースケ・サンタマリア、川島海荷、白竜、哀川翔、瀬戸朝香、北村一輝、村上信五、鈴木砂羽、松村邦洋、松本明子、稲垣吾郎、名取裕子、吉田羊、徳重聡、堤真一、吹越満、小池栄子、長谷川博己、中村獅童、加藤茶、松田龍平、鈴木京香、椎名桔平、沢村一樹、山本耕史、生田斗真、滝田洋二郎(敬称略、順不同)

※草なぎのなぎは弓ヘンに前の旧字体その下に刀

続きを読む

『バイプレイヤーズ、草ナギ剛、木村佳乃らが涙の別れ…大杉漣さんお別れ会』 ~ ヤフーユーザーの意見まとめ

 2月21日に急性心不全のため急死した俳優の大杉漣(おおすぎ・れん、本名・大杉孝=おおすぎ・たかし)さん(享年66)のお別れ会「さらば!ゴンタクレ」が14日、東京・青山葬儀所で営まれた。大杉さんの代表作の映画「ソナチネ」の北野武監督(71)、水谷豊(65)、浜田雅功(54)らが参列した。

 大杉さんは亡くなる前日までテレビ東京系連続ドラマ「バイプレイヤーズ」の撮影に参加。夕食を済ませた後、腹痛を訴えた。共演者の松重豊(55)に介抱され、病院に運ばれるが、最後は共演者やスタッフらに見守られて息を引き取った。

 草原をイメージした祭壇には、2016年に長男で写真家のさんが撮影した優しいほほ笑みを浮かべている遺影が飾られた。この他に眼鏡、帽子、J2・徳島ヴォルティスの年間パスポートや大杉さんが所属していたサッカーチーム「鰯クラブ」のユニホームとボールなど愛用していたものに囲まれた。

 400本近くの映画に出演し、ドラマでも巧みに様々な顔を見せた名プレイヤーズの急死。最期を見取った「バイプレイヤーズ」の田口トモロヲ(60)、遠藤憲一(56)、光石研(56)、松重が一列に並び、代表して田口が別れのあいさつをした。

 「突然のお別れにさめない夢を見続けている感じがする。壮大に仕掛けられたドッキリなんじゃないか。今はただひたすらに漣さんが恋しい。さみしいです」と突然の別れを信じられない様子。17年1月に放送された「バイプレイヤーズ」では寺島進(54)も出演し、6人の中で最年長だった大杉さんを「リーダー兼ムードメーカーとして牽引して下さった」と振り返り、「下ネタやこのメンバーで特番やライブしたいという表現を始めたガキのようにトークをしまくった、漣さんと共有した何でもない時間が僕たちの財産」と悲しんだ。最後には「大杉漣さんの後輩でいれて誇りに思う。漣さん本当にありがとうございました。心安らかにゆっくり休んで下さい。バイプレイヤーズ一同」と惜しんだ。

 この他に元SMAPの草ナギ剛(43)、女優の木村佳乃(42)らが弔辞を読んだ。草ナギは「こんなに早く天国に連れて行くなんて神様って本当にいるのかな」と声を震わせ、「僕はやっぱりもう1回漣さんとお芝居がしたいです」と涙を流した。一方、大杉さんと「れんれん」「よしよし」と呼び合う仲だった木村は「漣さん大好き」と大号泣で別れを告げた。

 大杉さんの戒名は「優月院漣奏球孝信士」(ゆうげついんれんそうきゅうこうしんじ)。そのうち、4字は親族の希望で「月」を見てしのびたい、「漣」は親しんだ芸名、「球」は愛したサッカー、「孝」は生まれた時からの名という意味を込めたという。

続きを読む

大杉漣さん“人柄”伝わるお別れの会 長男・隼平氏「どれだけ好きか痛感した」 『お別れ会、享年66、享年』

 2月21日に急性心不全のため亡くなった俳優・大杉漣(本名・大杉孝=おおすぎ・たかし)さん(享年66)のお別れ会『さらば!ゴンタクレ』が14日、東京・青山斎場で営まれた。親交のあった俳優仲間ら関係者約700人、慕っていたファン約1000人が最後の別れに訪れた。

 お別れ会の「ゴンタクレ」とは、「悪者」「ごろつき」などを指す「ごんた(権太)」に由来した言葉で、「きかんぼう」「悪ガキ」「わがまま」という意味で使われる大杉さんの地元の徳島地方の阿波弁。その言葉通り、子どものような純粋さを持ちながら、誰にでも平等に優しく接し、多くの人々から愛されてきた大杉さんの人柄が伝わる会となった。

 囲み取材に応じた俳優仲間からは、「嫌いな人はいないんじゃないかというぐらい、役者に愛されている人でした。いつも明るく必ず声を掛けてくれる」(椎名桔平)、「先輩ですが、同じ目線でいてくれる方。現場を和ますジョークを言ってくれたり、ずっとお話ししたかったです」(生田斗真)、「会う度に年下の後輩である僕らにも優しく接してくれた。こんなこと言ったら失礼かも知れないけれど、友達のようでお兄さんのよう」(山本耕史)。大杉さんの演技に向き合う姿勢、人柄に魅了されてきた俳優たちは「もっと一緒に芝居がしたかった」としのんだ。

 長男で写真家の大杉隼平氏は、参列者と大杉さんの思い出話をするなかで「いかに現場に立っていたか、改めて感じました」としみじみ。「父としてというより、人として本当に尊敬していました。失ってみて、あの人のことをどれだけ好きか痛感しました」と話した。

 遺影は2016年に隼平氏が撮影した写真が使われ、「本来なら僕ももう少し父のことを撮りたかった。(撮影を)約束したタイミングだったので」と無念さをにじませ、「父だけれど親友のような人だった。たくさんケンカもしたし、笑い合いもして、多くの時間を一緒に過ごしてきました。父との時間が当たり前だったので、亡くなって、一生懸命最後まで生きていた人だったと改めて気づいた」と回顧。他界後に放送された日本テレビ系『アナザースカイ』で大杉さんが言っていた「66歳でも希望があります」という言葉をあげると、「あの言葉は僕の中でも希望になった。希望を持ってこれからも生きていきたい。そこに一生懸命生きてきたあの人の思いが詰まっていると思う」と前を向いた。

 この日は風の冷たい日となったが、会場には献花後にも多くのファンが長い時間残り続け、隼平氏が感謝の気持ちを伝えていた。

 大杉さんの戒名は「優月院漣奏球孝信士(ゆうげついんれんそうきゅうこうしんじ)」。「月を見て偲びたい」「漣は親しんだ芸名」「球は愛したサッカー」「孝は生まれたときからの名」という思いで、月、漣、球、孝を希望したといい、これに「優しい人柄であり、俳優の“優”を」「表現する・演奏するの“奏”」を加えたという。月の光のように穏やかに輝いていたという意味も込められた。所属事務所ザッコの社長で、妻大杉弘美さんは「少し長い名前を持つことになった大杉。『そちらでも元気にやっていて。またね!』と送りたいと思っています」とコメントしていた。

続きを読む

大杉漣さんお別れの会、草なぎさんら哀悼【シリア、プレミアリーグ、機動戦士ガンダム】

 2月に66歳で亡くなった俳優の大杉漣(れん)さんのお別れの会が14日、東京都内の斎場で営まれた。映画やドラマなどで一緒に仕事をした監督、俳優ら芸能関係者約700人が参列し、ファン約1000人も花を手向けた。

 祭壇には写真家の長男・隼平(しゅんぺい)さん(35)が撮った遺影が飾られた。参列者は、大杉さんの出演作を編集した映像などを見て、人柄をしのんだ。

 ドラマ「僕の生きる道」などで共演した草なぎ剛さん(43)は弔辞で「残された僕らはそのまま時が止まって、(心の)整理がつかず困ったもんですよ。また漣さんとお芝居したいです」と、慕っていた故人を哀悼した。遺作となったドラマ「バイプレイヤーズ」で共演した田口トモロヲさん(60)は「同じ時代に息をし、共に歩めた僕らは本当に幸せでした。大杉漣の後輩であり続けたことを誇りに思います」と遺影に語りかけた。

続きを読む

『笹野高史「同じ時代に生きられてよかった」…大杉漣さんお別れ会開催に先立ち訪れる』 ~ 皆さんの反応まとめ

 2月21日に急性心不全のため急死した俳優の大杉漣(おおすぎ・れん、本名・大杉孝=おおすぎ・たかし)さん(享年66)のお別れ会「さらば!ゴンタクレ」が14日、東京・青山葬儀所で営まれる。午後1時の開催に先立ち、同日午前11時半頃、俳優の笹野高史(69)が最後の別れを告げにきた。

 大杉さんと同じく名バイプレイヤーとして活躍する笹野。兵庫県・淡路島出身で、徳島県出身の大杉さんとは故郷も近い。本名も共に「たかし」で、幼少期にお互い「たかっちゃん」と呼ばれていたと、不思議な共通点が多くあった。「顔合わせると『たかっちゃん』って呼び合っていた。くすぐったいね」と目尻を下げた。

 北野武監督(71)作品で活躍をした大杉さんを笹野は「僕より先に脚光を浴びた」と回想。続けて「『漣さん今年何本映画出た?』と聞いた。『(笹野が)6本』に対し、『俺は17本』って。かなわないな」と懐かしそうに振り返り、「見ていたくなる数少ない貴重な俳優」と惜しんだ。「僕も『現場で死にたい』と口走っていまが、漣さんはいい死に方していいなと思う。でも残された者は悲しい。残念でもう1回会いたかった」と口を一文字に結んだ。「これからは簡単に『現場で死にたい』って言っちゃいけないね」としみじみ話し、最後の別れを「ありがとう。同じ時代に生きられてよかった。いい刺激をもらった」と告げた。

 お別れ会は同日午後1時から行われる。また、同所内にファンブースも設立されている。漣と書かれた藍色ののれんをくぐると、小さな祭壇があり、テレビ東京系連続ドラマ「バイプレイヤーズ」の島おじさん、16年公開映画「仮面ライダー1号」の地獄大使に扮装(ふんそう)する大杉さんのパネルが用意され、主催社は「ファンのみなさんと写真を撮っていただけたら」と呼びかけた。

 大杉さんは亡くなる前日まで「バイプレイヤーズ」の撮影に参加。夕食を済ませた後、腹痛を訴えた。共演者の松重豊(55)に介抱され、病院に運ばれるが、最後は共演者やスタッフらに見守られて息を引き取った。

続きを読む

大杉漣さんお別れの会 ビートたけし、松重豊ら参列 『青山葬儀所、東京、ゴン』

 今年2月に亡くなった俳優大杉漣さん(享年66)のお別れの会「さらば! ゴンたくれ」が14日、東京・青山葬儀所で営まれ、ビートたけし、草なぎ剛、松重豊、遠藤憲一らが参列した。

 祭壇は野原をイメージした季節の草花で彩られた。写真家で長男大杉隼平氏が2年前に撮った写真が遺影に使われており、大杉さんは柔らかい笑みを浮かべている。

 サッカーボールや、大杉さんのサッカーチーム「鰯クラブ」のユニホーム、故郷徳島のJ2徳島ヴォルティスの年間パスなど、サッカーを愛した大杉さんらしい品々が並んだ。ほかにも、愛用のめがねや帽子、「大杉漣バンド」のライブの写真や、出演した作品のパネル、愛犬や愛猫との写真。俳優、サッカーを愛する者、ミュージシャン、そして1人の男としての大杉さんのさまざまな表情がしのばれるものが並んだ。

 戒名は優月院漣奏球孝信士(ゆうげついんれんそうきゅうこうしんじ)。芸名の漣、本名の孝、サッカーを表す球、表現、演奏する奏、月を見てしのびたいという思いが込められた。

 所属事務所ザッコの社長で、妻大杉弘美さんは「少し長い名前を持つことになった大杉。『そちらでも元気にやっていて。またね!』と送りたいと思っています」とコメントしている。

 ファンが献花できるファンブースも設けられた。13年の舞台「象」に出演した時ののれんをくぐると、大杉さんのパネルや、日本テレビ系「ぐるぐるナインティナイン」の人気コーナー「ゴチになります!」写真、ポスターなどが飾られている。パネルと一緒に写真が撮れるようになっており、関係者は「せっかくなので、たくさんの大杉さんに会ってほしかった」と説明した。

続きを読む

大杉漣さん再現ドラマにネット涙「普通に演技…数日後に亡くなるなんて」 《俳優、冷却水、17日》

 NHKスペシャル「メルトダウン File.7 そして冷却水は絞られた~原発事故 迷走の2日間~」(後9・00)が17日放送され、2月21日に急逝した俳優の大杉漣さん(享年66)が再現ドラマに出演した。

 世界最悪レベルとなった7年前の東京電力福島第一原子力発電所の事故がなぜ、どのように起きたのか、事故の真相に迫り続けてきたシリーズ。現場で人々がどう行動し何が起きたのか、ヒューマンファクターに迫る再現ドラマで、大杉さんは福島第一原発の吉田昌郎所長を熱演した。

 亡くなる2日前の2月19日にも収録に参加した大杉さんの演技に、ツイッター上では「いかに急だったかということを改めて実感する」「普通に演技している大杉漣さんが数日後に亡くなるなんて」「演技を目に焼き付ける」「大杉漣さん迫真に迫る演技」「亡き大杉漣さん扮する故吉田所長のセリフに涙腺崩壊した」と改めて悲しみの声。大杉さんが演じた吉田元所長は事故から2年後の2013年7月に58歳の若さで亡くなっており、「大杉漣さんと吉田所長は、いま天国で並んでテレビ見てるような気がする」と2人を重ね合わせる書き込みもあった。

続きを読む

『大杉漣さん、最後の主演映画『教誨師』10・6公開 監督「凄みを改めて目の当たりにした」』 ~ みんなの感想まとめ

 2月21日に急性心不全のため亡くなった俳優・大杉漣さん(享年66)最後の主演映画『教誨師(きょうかいし)』が、10月6日より公開されることが14日、わかった。6人の死刑囚と対話する一人の男の姿を描く作品で、大杉さんは初めてエグゼクティブ・プロデューサーも担当。脚本・監督の佐向大氏は「この作品で大杉漣という役者の凄みを改めて目の当たりにしました。おそらく皆さんも同じ思いを抱くのではないかと思います」と語っている。

 “教誨師”とは、受刑者に対して道徳心の育成、心の救済につとめ、彼らが改心できるよう導く人のこと。同作では、死刑囚専門の教誨師である牧師・佐伯(大杉さん)と死刑囚たちの関わりを通して、佐伯も自らの人生と向き合うことになる。

 ほぼ教誨室での会話劇となり、ときにユーモアも交えながら“死”の側から捉えられた強烈な“生”の物語が展開。大杉さんは、膨大なせりふ量とユニークな内容ゆえ、「役者にケンカを売っているのかと思った」と評したオリジナル脚本を体現し、圧倒的な存在感で演じきった。死刑囚役で、大杉さんとは『バイプレイヤーズ』シリーズでも共演してきた光石研のほか、烏丸せつこ、古舘寛治、劇団・柿喰う客の玉置玲央が出演する。

 脚本・監督は、死刑に立ち向かうかう刑務官を描いた『休暇』や、大杉さんも出演した『ランニング・オン・エンプティ』などの佐向氏。「3年前、小さな喫茶店で、この企画を一番最初に話したのが大杉さんでした。『いいね、やろうよ』。この一言をきっかけにこの作品が生まれました。私にとって主演俳優以上の存在だった大杉さんの訃報を前に、全く心の整理がついていません」と無念さをにじませる。「ただこれだけ言えるのは、人生は限りがある。だからこそ、かけがえのない時間を、かけがえのない仲間とともに、どんなお仕事でも遊びでも手を抜かず、一瞬一瞬を精一杯全力でやられていた方だったのではないか。あの優しさ、包容力、エネルギーはそんなところからきていたのではないか。今はそんな気がしています」とコメントを寄せた。

続きを読む

大杉漣さん代役に寺脇康文 阿川佐和子さん原作日テレ系連ドラ「正義のセ」 《吉高由里子、享年、大杉漣》

 俳優の寺脇康文(56)が、2月21日に急性心不全のため亡くなった俳優・大杉漣さん(享年66)に代わり、吉高由里子(29)主演の日本テレビ系「正義のセ」(4月11日スタート、水曜・後10時)に出演することが10日、決まった。

 エッセイストの阿川佐和子さん(64)の同名小説が原作。寺脇は、横浜地検に勤める凜々子(吉高)の頼れる上司で、横浜地検港南支部の支部長・梅宮譲(ゆずる)役を演じる。

 「突然の訃報、本当に驚きました。演技に対して真摯(しんし)で、お人柄が器の大きな、大好きな先輩でした。漣さんの代わりには到底及びませんが、心を込めて務めさせていただきます」。同局系「美丘―君がいた日々―」(10年)で親子役を演じた吉高には「大好きな女優さん。共演できるのはうれしい限りです。良いドラマになるよう、力を合わせて頑張りたい」とコメントした。

続きを読む

大杉漣さん遺作「バイプレイヤーズ」最終回 脚本1日で変更し一丸完成 勇姿&友情にネット涙と笑い【プロゲーマー、the tripod e.p.、サッカー日本女子代表】

 2月21日に急死した俳優の大杉漣さん(享年66)が出演し、亡くなる約7時間前まで撮影していたテレビ東京の連続ドラマ「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」(水曜後9・54、全5話)が7日、最終回を迎えた。約7割の撮影を残していた最終回だが、大杉さんが撮影の合間にギターやハーモニカを奏でるオフショットを挿入するなどして、タイトな日程の中、見事、完成にこぎ着けた。大杉さんの“最後の勇姿”にインターネット上には「大杉漣記念館ネタで、わちゃわちゃ話してるだけで泣けてくる」「漣さんがハーモニカを吹く姿がカッコよすぎて泣く。もう笑おうと思ってたのに泣きっぱなし」などと涙の書き込みが相次ぐ一方、大杉さんは冒頭、亀のコスプレで視聴者の爆笑も誘った。

 サブタイトルは「バイプレイヤーより愛をこめて」。

 第1話の遠藤、第2話の松重、第3話の田口、第4話の光石に続き、最終回は当初から大杉さんが物語の中心。前作からメーンライターを務め、最終回を執筆した脚本家・ふじきみつ彦氏(43)は急きょ行われた脚本会議を経て、内容を修正した。撮影済みだった約3割のシーンは必ず生かすことを前提に、練り直し。次の撮影が迫っていたため、脚本直しはほぼ1日で終えた。

 名脇役たちが本人役を演じているとはいえ、フィクション。大杉さんが仲間との長年の絆の末に「たどり着いた寄港地みたいな作品」と表現し、愛してやまなかった「バイプレイヤーズ」をドラマとして完成させたい――。それが、チーム全員の思いだった。

 前作からメーン演出を務め、最終回を担当した松居大悟監督(32)も今月4日夜に自身のツイッターで「(最終回が)完成しました。音の仕上げチーム。そして、この(編集スタジオの)地下にいる絵の仕上げチーム。4日間帰れなくても、楽しいドラマを作ってくれたポスプロ(ポストプロダクション)の熱きバイプレイヤーズ」と明かすなど、厳しいなスケジュールの中、キャスト・スタッフが一丸となり、総力を結集した。

 ドラマは約1年ぶりの復活となり、深夜枠(金曜深夜0・12)の40分枠からプライム帯(午後7~11時)の1時間枠に昇格。昨年1~3月に放送された前作「~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」に続き、大杉さん、遠藤憲一(56)田口トモロヲ(60)松重豊(55)光石研(56)が出演。寺島進(54)はスケジュールが合わず、今作は休んだ。

 前回は、6人が共同生活を送る“おじさんだらけのテラスハウス”として話題に。今回は、テレ東制作の朝ドラ「しまっこさん」で共演することになった5人がロケ地を間違えて無人島に流れ着き、サバイバル生活を強いられる。何とか助かり、島の廃屋“島ハウス”で共同生活をしながら「しまっこさん」の撮影に臨む姿をユーモラスに描いた。

 最終回、5人は一足早く「しまっこさん」の3カ月の撮影を終了。大杉さんだけが島に残り、4人は帰京。大杉さんは全体のクランクアップのため、裏方として撮影を手伝った。

 「しまっこさん」のヒロイン・花崎志麻子を演じる本田望結(13)が閉校式で“島っこ唄”を歌うラストシーン。雨を降らすが、ホース1本しかなく、うまくいかない。雨なしに変更しようとした時、突如、散水車が校庭に。前作のオープニングテーマ、10―FEET「ヒトリセカイ」に乗り、遠藤、田口、松重、光石が現れた。

 大杉さんは4人とハイタッチ。散水車とスタッフジャンパーの“差し入れ”に現場は大喜び。この日のラテ欄の告知「大杉漣への恩返し!撮影中止の危機を救え!」の通り、4人が大杉さんを助けにやってくる感動の展開となった。

 劇中に登場した「大杉漣記念館」がトレンド入り。SNS上には「全力でおかしくて笑えて、同時に胸の奥がギュッとして、最後の1分1秒まで見事に『バイプレイヤーズ』でした。最終回という形をきちんと作り上げ、放送してくださって、ありがとうございました」「最初からこういうストーリーだったとしか思えないほど違和感のないストーリーでビックリ。編集のうまさ、そして漣さんが亡くなってからも変わらないバイプレイヤーの面々たちの演技。プロフェッショナルって、こういうことか…。笑えるのに泣ける。最高の喜劇をありがとう」などと感謝の声が続出した。

続きを読む