大谷

『【MLB】大谷への辛口評価、米名物コラムニストが撤回「なし遂げたことは語り草になる」』 ~ ヤフーユーザーの意見まとめ

 開幕前に二刀流右腕・大谷翔平に辛口評価を下していた米名物コラムニストが一転、その才能に賛辞を贈っている。

「直近の数字のことはあれど、エンゼルスのショウヘイ・オオタニは本物だと思われる」

 25日(日本時間26日)、こんな見出しで特集記事を掲載したのは米経済誌「フォーブス」(電子版)だ。記事を執筆したのはバリー・ブルーム記者。昨季までMLB公式サイトでも執筆していた名物コラムニストである。

 同記者は記事の中で「ザ・ショウヘイ・オオタニ現象は、火曜日のヒューストンでも継続した。そして、はっきりとさせておこう。今となってはもはや現象ではない。4度目の先発で残した数字は決して壮観ではないが、そのパフォーマンスはまさに壮観というものであった」とレポートした。24日(日本時間25日)の敵地アストロズ戦で今季のメジャー先発投手で最速となる101マイル(約163キロ)を計時するなど、際立った球速を披露したことなども紹介している。

 ブルーム記者は開幕前、二刀流右腕に厳しい視線を向けていたメディア関係者の一人だった。スプリングトレーニングで防御率27.00、打率.125と苦しんだ大谷について印象を聞くと、「ファンやメディアも今すぐという活躍を期待するが、オオタニとエンゼルスの契約は6年間ある。長期プロジェクトだ。だから、今すぐに活躍しなければいけないということではない。ファンもオオタニ自身も忍耐も必要だ」と指摘。「投手・大谷」の成績について「5勝8敗」と予想する一方、「打者・大谷」についても辛口の見解を示し、「私はオオタニの本塁打数について、投手としての勝ち星よりも少ないだろうと予想しているんだ。つまりホームランは5本未満だ」、「投打どちらも仕上げるには、時間が必要だ」と評していた。

続きを読む

【MLB】「球審には球が速すぎた」大谷への疑惑の四球判定に球団OBが皮肉の反論 《フルカウント、先頭打者、5回》

 エンゼルス大谷翔平選手が24日(日本時間25日)の敵地アストロズ戦で投げた1球が物議を醸している。二刀流右腕は5回、先頭打者にフルカウントから渾身の98マイル(約158キロ)の速球を低めいっぱいに投じたが、球審はよもやのボール判定。その直後に2ランを被弾する結果となったが、この判定にエンゼルスOBが「球審にはボールが速すぎたのかもしれない」と、皮肉たっぷりに誤審の指摘をしている。

 6回途中で無念の降板となった大谷。チームは8-7で勝利したが、右腕は5回1/3を6安打7奪三振5四球4失点(自責4)で勝敗はつかなかった。粘投したものの四球の多さが目立ったこの日。5回には微妙な四球判定の直後に2ランを浴びていた。

 5回、先頭で打席に入ったゴンザレスに対し、大谷はフルカウントからの6球目を低めいっぱいに投げ込んだ。98マイル(約158キロ)の速球はゾーンいっぱいに入る最高の投球に見えたが、球審はボールと判定。大谷が残念とばかりに少し天を仰ぐと、ダグアウトのソーシア監督は両手を広げる大きなジェスチャーで判定に不服を示した。この直後、大谷はフィッシャーに2ランを被弾。結果として、痛恨の四球となった。

 この“疑惑”の判定に注目したのは、エンゼルスOBのC.J.ウィルソン元投手だった。2011年と12年にオールスターに選出されたメジャー94勝の左腕はツイッターで、こう持論を展開した。

 「これぞ、他のスポーツと比較して野球をユニークたらしめているものだ。4人中3人はストライクだと考えたはず。球審にはボールが速すぎたのかもしれない」

 現役引退後はカーレーサーとして活躍するウィルソンは、大谷が投じたボールが速すぎるあまり、球審は正確に視認できなかったのではないか、と皮肉たっぷりに“誤審”を指摘している。

 今季メジャー先発投手最高の101マイル(時速163キロ)を記録するなど剛腕ぶりを見せつけた大谷だが、痛恨の失点の呼び水となった1球は、試合翌日も物議を醸しているようだ。

続きを読む

大谷、捕手とは「ビジネスパートナーです(爆笑)」 《昨季世界、メジャー移籍後最速、24日》

<アストロズ7-8エンゼルス>◇24日(日本時間25日)◇ミニッツメイドパーク

 エンゼルス大谷翔平投手(23)が、メジャー移籍後最速となる時速101マイル(162・5キロ)をマークした。昨季世界一のアストロズ戦に先発し、6回1死まで6安打4失点5四球7奪三振。今季3勝目こそお預けになったものの、メジャーの先発投手で今季最速を更新した。

 大谷の一問一答は以下の通り。

 -投球内容は

 「粘れたところも、もう少しできたところもあったと思う。もう少しいいところを発揮できる場面はあった。やっぱり本塁打が痛かったかなと。投げたところはそんなに悪くなかったですけど、力のない球だったんじゃないかと思います」

 -マメの状況は

 「状態的にも、前回よりいい状態で入れたかなと思います」

 -アストロズ打線は

 「やっぱりいい打線だと感じましたし、なかなか自分の持っていきたいリズムに持っていけなかった。本当に素晴らしい打線だと思います。その打線に対して2連勝できたというのは、チームにとって大きいことだと思います」

 -マルドナルド捕手がスペイン語でニックネームを付けたらしいが

 「ホルヘです」

 -2人の関係は

 「ビジネスパートナーです(爆笑)。キャンプの時から僕が投げやすいようにやってくれると感じます。ワンバウンドもしっかり丁寧に止めてくれる。本当に感謝しかないです」

続きを読む

大谷、登板の疲労回復のため欠場 指揮官「まめは硬くなっている」【山口 達也、書類送検、井岡ボクシングジム】

 「アストロズ5ー2エンゼルス」(25日、ヒューストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手(23)はベンチ入りしたが、前日の先発登板の疲労回復のため、予定通り、欠場した。チームは相手エースのバーランダーに五回2死までパーフェクトに抑えられながらも七回に2点を返す粘りを見せたが、同一カード3連戦3連勝ならず。アストロズにア・リーグ西地区首位の座を明け渡した。

 大谷にとってメジャー4度目のマウンドとなった前日は昨季王者の強力打線を相手に六回途中6安打4失点で勝敗つかず。メジャー移籍後最多の98球を投げて7三振、5四球。球速はメジャーの先発投手の中では今季初となる101マイル(約163キロ)を計時し、移籍後自己記録を更新した。17日のレッドソックス戦で早期降板の原因となった右手中指のまめの心配を払しょくした。

 この日の試合前にはソーシア監督が大谷の指について言及。「指の状態はとてもいい。まめができている部分は硬くなっている。日本ではシーズンを通して悩まされていたけども状態はいいと言っている。われわれも問題にならないことを願っている」と話した。

 力投から一夜明けたこの日の大谷は試合前もフィールドに出ることなく、疲労回復に努め、指名打者として出場する見込みの27日からのヤンキース3連戦に備えた。ヤンキースの先発はセベリーノ、田中、サバシアの3人を予定。28日(日本時間29日)の大谷対田中の直接対決が現実味を帯びてきた。

続きを読む

【MLB】世界一軍団が対戦前から大谷に感服「大いなる敬意」「ちょっとジェラシー」【大根仁、日本テレビ放送網、EXILE】

 エンゼルスの大谷翔平投手が24日(日本時間25日)、昨季のワールドシリーズ王者アストロズと対決する。敵地マウンドに上がるメジャー4度目の先発。迎え撃つ実力者たちは「彼のような男には大いなる敬意」「ちょっとジェラシー」と、ベーブ・ルース以来100年ぶりの二刀流に挑む大型ルーキーを高く評価している。

 同じア・リーグ西地区で首位を走るアストロズの猛者は、投打に大活躍を見せる大谷をしっかりと評価していた。

「誰もやってこなかったことをやっているし、高いレベルでバッティングとピッチングを見せている。彼のような男には大いなる敬意を持っているし、あんな特別なスキルを持った選手の様子はチェックするよね。対戦を本当に楽しみにしているよ」

 こう語ったのはメジャー屈指の遊撃手、カルロス・コレアだ。2012年ドラフトでアストロズから全米1位指名を受けたコレアは、大谷と同学年のスーパースター。2015年に新人王に輝くと、昨季はワールドシリーズ優勝に貢献した。すでにメジャーで高い実績を残しているコレアは、ベーブ・ルース以来の二刀流に挑む大谷に最大限の称賛を送ると同時に、対戦を心待ちしていた。

 そして、二刀流への挑戦に対する憧れを率直に口にする男もいた。

「ワクワクしている部分もありながら、ちょっとジェラシーも感じているんだ。メジャーレベルで投手と野手を同時にこなすことは、誰もが求める夢だと思う。個人的には、先発として中5日で投げられるようになりたいよ。そうなれば楽しいことになる。その切り替える感じがね」

 こう語ったのはジョシュ・レディック外野手だった。野手1本でマウンドに立つことのない立場から、投打を切り替えながらプレーする大谷への“嫉妬心”も告白していた。

 そして、昨季MVPに輝いたホセ・アルトゥーべ内野手は「試合で100球を投げて、次の日に野手として打席に立つ選手がいるなんて想像できないよ。すごく大変なことだ。彼が成し遂げていることに本当に敬服している。この先しばらく彼はやり続けていくことになるだろうね」と脱帽。宝刀スプリットについては「今まで見た中でも最高のボールの1つ」と賞賛していたという。

 A.J.ヒンチ監督は「彼を見るのは楽しみだ。しかし、我々は攻略法を見出さなければいけない」と話している。同地区のライバルでもあるワールドシリーズ王者たちが、早くも認める二刀流スーパースター。ヒューストンでもエンゼルスの17番が主役になりそうだ。

続きを読む

大谷、4度目登板向け最終調整 昨季MVPアルテューベと交流も 《ダッシュ、ミニッツメイドパーク、アストロズ戦》

 エンゼルス・大谷が23日(日本時間24日)、メジャー4度目のマウンドとなる24日(同25日)のアストロズ戦(ミニッツメイドパーク)に向け、ダッシュ、キャッチボールなどで最終調整した。

 ア軍の練習中にキャッチボールを終えた大谷は、同じタイミングで練習を終えた昨季MVPのアルテューベに「オオタニ!」と大声で呼ばれ手を振られると、一目散に駆け寄り握手し、交流を深めた。

 大谷とアルテューベは14年11月の日米野球最終戦で対決。当時は3打数2安打(右前打、遊ゴロ、右前打)でアルテューベに軍配が上がった。

 大谷は17日のレッドソックス戦で右手中指マメを悪化させ2回で降板。予定通り中6日での登板となるが、マイク・ソーシア監督は「マメはもう大丈夫」と問題ないことを強調した。

続きを読む

『大谷「エースで4番」に米メディア注目「前代未聞」「リトルリーグみたい」』 ~ 皆さんの反応まとめ

 エンゼルスの大谷翔平(23)が22日(日本時間23日)本拠地で行われたインターリーグ(交流戦)のジャイアンツ戦で「4番・DH」の抜擢を受けてスタメン出場、メジャーで初めて4番に座ったゲームで4打数1安打の結果を残した。本来チームの4番はアルバート・プホルスだが“休養”が与えられたため代役4番を務めたもの。それでも「エースで4番」をメジャーで実現した大谷の快挙を米メディアも驚きをもって報じた。ゲームは2-4で完敗したが、地元のロサンゼルス・タイムズ紙が取り上げたのも大谷の4番についてだった。

「大谷が、ジャイアンツのクエトに敗戦したゲームで4番を打った。これは公式のものだ。(チームは)変身を遂げた。大谷は、エンゼルスを自らのリトルリーグ・オールスターチームへと変貌させたのだ。日本人右腕は、チーム最高の投手の1人となるだけでは十分ではなかった。気持ちの良いスイングをする強打者は、4万4544人を集めた日曜日のエンゼルスタジアムで4番打者を務めたのだ」

 リトルリーグに例えたのは、「エースで4番」はメジャーでも少年野球レベルまでの出来事だからである。米メディアらしい表現だ。

 さらに同記事は、「大谷は、今シーズン最初の休みを与えられたプホルスのクリーンナップの打順に入った。これが1日のみの名場面だったとしてもかまわない。それでも印象深い。大谷は、この日、試合前にブルペンで37球を投げた。その選手が、2時間後、大リーグチームの打線の主軸に入ったのだ。前代未聞だ」と、2日後の24日(日本時間25日)のアストロズ戦の先発に備えて、試合前にブルペンで調整ピッチングを行った大谷が、その日に4番に入った快挙を驚きをもって伝えた。

 そして、「たまたまプホルス選手が欠場の試合なので(4番に)入ったが、予想はあまりしていなかった」という大谷の通訳を介したコメントも紹介した。

 4番に抜擢したマイク・ソーシア監督も取材されており、「(大谷の驚きも)当然だろう。もしアルバート・プホルスが打線に入っていたら大谷は4番を打っていない」と語る一方で、ここまで13試合で6、7、8番を打ち、シーズン最初の1週間で3本塁打を放った大谷に対して「主軸を打つ潜在能力がある」と断言。
「彼の打撃の質はとても良い。ストライクゾーンを広げない。打つのが難しい投手にも対応している。そして失投があれば、彼は素晴らしいスイングで球を捉えている」と続けた。

 チームは、ジャイアンツの先発、ジョニー・クエト(昨季は8勝8敗)のチェンジアップと時折見せるクイック投法に苦しみ5回までノーヒットに抑えられていた。大谷も、最初の2打席は、その外角に逃げるチェンジアップに空振り三振に終わっていたが、6回無死一、二塁のチャンスには、そのチェンジアップに対応してうまくライト前へ運んで満塁にした。

 記事は「先週の火曜日のレッドソックス戦で、右手の中指にまめができた大谷だが、ソーシア監督は、火曜日にヒューストンで先発すると話している」と、予定通り投手として24日(日本時間25日)に敵地のアストロズ戦に先発することを伝えている。

 まだエンゼルスの公式サイトも、大谷の4番抜擢に注目。「大谷は1961年のカンザスシティー・アスレチックスのドン・ラーセン以来、初めて同じシーズンで先発として3試合に登板して、4番打者も務めた選手となった」と、「投手&4番」が、57年ぶりの快挙であったことを紹介。「この記録は今シーズンに大谷がエンゼルスでやっている二刀流が、前代未聞の出来事であることを物語っている」と記した。

 ここまで大谷は、打者として11試合に出場、8番で6試合、7番で1試合、6番で2試合、4番で1試合、代打で1試合出場し、打率.333、OPS.997、3本塁打、11打点の成績を残している。同記事は「大谷はキャリアのどこかで本格的に主軸打者(4番)を務めることはあるだろうか?」と問い、「彼はその潜在能力がある」というソーシア監督のコメントで記事をまとめている。

続きを読む

大谷「4番初安打」 第3打席で技ありの右前打 『ジャイアンツ、22日、日本時間23日』

<エンゼルス-ジャイアンツ>◇22日(日本時間23日)◇エンゼルスタジアム

 エンゼルス大谷翔平投手(23)が、第3打席で「4番初安打」を放った。

 メジャーで初めて「4番指名打者(DH)」で起用され、第1打席と第2打席はともに相手先発のクエトのチェンジアップに空振り三振。迎えた3打席目、6回1死一、二塁から右前打を放ち、1死満塁とチャンスを広げた。

 2ストライクからのチェンジアップをうまく拾った技ありの一打。2打席連続でチェンジアップにやられていたが、3度目できっちりリベンジした。

続きを読む

【MLB】前日2安打の大谷はベンチスタート 指揮官「他の選手も打席に立つ必要ある」(朝比奈沙羅、フジテレビジョン、東武500系電車)

 エンゼルスの大谷翔平投手は、21日(日本時間22日)の本拠地ジャイアンツ戦でスタメンから外れた。前日は4打数2安打と打者として今季9度目のスタメンで4度目のマルチ安打を記録したが、チームは1-8で敗戦。4試合連続で大敗と苦しい戦いが続いている。

 相手先発は左腕のデレク・ホランド。エンゼルス打線は全9人を右打者で揃えた。大谷は前日の試合で9回に左腕オーシックから右前打をマークしたものの、ここまで左腕相手には11打数2安打の打率.182。ただ、マイク・ソーシア監督はこの日の試合前、「マッチアップに関してはどんな相手であっても自信を持っているが、他の選手も打席に立つ必要がある。クリス・ヤングやマルテも重要だ。明日の相手先発は(右腕の)クエトなので、また変更があるだろう」と話し、大谷をスタメンから外したのは左腕が相手ということが理由ではないと明かした。

 一方、前日に6番で起用したことについては「相手投手などを見て考えている」と説明。打者として、ここまで打率.342、3本塁打、11打点をマークしている大谷に寄せる信頼が日に日に大きくなっていることは確かだろう。

 エンゼルスのスタメンは以下の通り。大谷は代打での出場機会を待つことになりそうだ。

1(二)キンズラー
2(中)トラウト
3(左)アップトン
4(DH)プホルス
5(三)コザート
6(遊)シモンズ
7(一)マルテ
8(右)ヤング
9(捕)リベラ
投手 リチャーズ

続きを読む

【MLB】大谷、前日3三振→スタメン9戦で4度目マルチ「しっかりアプローチできた」 《活躍、4打数2安打、スタメン》

 エンゼルスの大谷翔平が20日(日本時間21日)、本拠地ジャイアンツ戦で2試合連続「6番・DH」でスタメン出場し、4打数2安打と活躍。今季4度目のマルチ安打をマークしたが、エンゼルスは1-8で敗れ、痛恨の4連敗で首位陥落となった。5安打1得点に終わったチームで気を吐いた大谷は「しっかりアプローチできた」と話した。

 前日のレッドソックス戦で4打数無安打3三振に終わっていた大谷。この日は1点ビハインドで迎えた2回、2死走者なしの場面で右腕サマージャのナックルカーブを完ぺきに捉え、鮮やかにセンター前にはじき返した。チーム初ヒットとなったが、続くシモンズは凡退した。

 その後、1点を追う4回2死走者なしの第2打席では左飛、7点ビハインドとなった6回2死走者なしの第3打席でも救援右腕モロンタの前に再び左飛に倒れた。しかし、9回先頭の第4打席では左腕オーシックから右前打をマーク。野手スタメン9試合で4度目のマルチ安打をマークし、打率は.342に浮上した。

 たが、エンゼルスは先発ヒーニーが炎上するなど8失点。打線も5安打1得点に終わり、4連敗を喫した。この4試合で35失点4得点と大敗が続いている。

 前日は4打数無安打3三振に終わっていた大谷は試合後、「昨日と特に変わりはなかったですけど、各投手に合わせてのアプローチの仕方はしっかりできていたんじゃないかと思います」と振り返った。

 1打席目はサマージャの2球目が大谷の肩付近を通過し、本拠地からは大ブーイング。直後の3球目を一塁線に痛烈にはじき返すも惜しくもファウルとなったが、1-2からの4球目を完ぺきに捉え、センター前に弾き返した。これについては「一塁線に打ったのもインコースのボール気味の球だったので、紙一重でしたし、恐らくもうインコースはないんじゃないかなと思っていたので、何とか低めのカーブを打つことができたんじゃないかなと思ってます」と納得の表情だった。

 開幕後、打撃好調を維持していることについては「オープン戦で凡打をけっこう打ってきたので、その凡打の内容を踏まえて次の打席でもっと良くなるように工夫しようと思ってますし、今日も2個レフトフライありましたけど、どうしてそうなったのかを常に考えながら次の打席に向けてやりたいなと思ってます」と話した大谷。チームは大敗が続いているが、そのバットで今後も雰囲気を変えていきたいところだ。

続きを読む