小平智

「世界のトップを争いましょう」松山英樹が初優勝の小平智にエール【常陸太田市、恵比寿マスカッツ、ナタ】

「RBCヘリテイジ」で米ツアー初優勝を果たした小平智。ともに先日の「マスターズ」に出場し、現在は日本に一時帰国中の松山英樹も祝福のコメントを寄せた。

「小平さんおめでとうございます。映像でプレーオフを見ていましたが、プレーオフでのバーディパットは本当に凄かったです」とコメントした。

これまでに米ツアー113試合に出場し、すでに5勝を挙げるなど米国では“先輩”にあたる松山は、「これからお互いに切磋琢磨し、世界のトップを争えるように頑張って行きましょう」と呼びかけた。小平は今回の優勝で2020年までのシード権を獲得。今後は同じ大会でしのぎを削る機会が増えそうだ。

今後の出場試合は未定となっている松山。14日(土)には、大学4年間を過ごした仙台で、プロ野球・楽天戦の始球式に登場するなど、つかの間の休息を取っている。そこで飛び込んだビッグニュースは、刺激となったに違いない。

(撮影:岩本芳弘)<ゴルフ情報ALBA.Net>

続きを読む

海外志向の強い28歳 妻は古閑美保さん/米ツアー初優勝の小平智(帝拳プロモーション、関ジャニ∞、全国学力・学習状況調査)

◇米国男子◇RBCヘリテージ 最終日(15日)◇ハーバータウンGL(サウスカロライナ州)◇7099yd(パー71)

小平智が米ツアー初優勝を遂げた。日本人が米ツアーを制したのは青木功、丸山茂樹、今田竜二、松山英樹に続き、史上5人目だ。

アマチュア時代の2010年、国内下部ツアー「鳩山カントリークラブ・GMAチャレンジトーナメント」で優勝。同年に日本大を中退し、プロ転向した。

2013年の国内メジャー「日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hills」で、日本ツアー初優勝を挙げた。同年の「全英オープン」に出場したが、通算19オーバーの150位で予選落ちした。

その後国内で勝利を重ね、昨年は年間2勝でシーズン終盤まで賞金ランキング1位に立ちながら、最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」で宮里優作に逆転を許して賞金王を逃した。

かねて海外志向が強く、今年4月のメジャー初戦「マスターズ」に世界ランキング50位以内の資格で初出場し、28位に入った。

今大会も同じ資格で出場した。私生活では昨年3月、元女子プロゴルファーで2008年賞金女王の古閑美保さんと結婚した。

続きを読む