敬意

【MLB】世界一軍団が対戦前から大谷に感服「大いなる敬意」「ちょっとジェラシー」【大根仁、日本テレビ放送網、EXILE】

 エンゼルスの大谷翔平投手が24日(日本時間25日)、昨季のワールドシリーズ王者アストロズと対決する。敵地マウンドに上がるメジャー4度目の先発。迎え撃つ実力者たちは「彼のような男には大いなる敬意」「ちょっとジェラシー」と、ベーブ・ルース以来100年ぶりの二刀流に挑む大型ルーキーを高く評価している。

 同じア・リーグ西地区で首位を走るアストロズの猛者は、投打に大活躍を見せる大谷をしっかりと評価していた。

「誰もやってこなかったことをやっているし、高いレベルでバッティングとピッチングを見せている。彼のような男には大いなる敬意を持っているし、あんな特別なスキルを持った選手の様子はチェックするよね。対戦を本当に楽しみにしているよ」

 こう語ったのはメジャー屈指の遊撃手、カルロス・コレアだ。2012年ドラフトでアストロズから全米1位指名を受けたコレアは、大谷と同学年のスーパースター。2015年に新人王に輝くと、昨季はワールドシリーズ優勝に貢献した。すでにメジャーで高い実績を残しているコレアは、ベーブ・ルース以来の二刀流に挑む大谷に最大限の称賛を送ると同時に、対戦を心待ちしていた。

 そして、二刀流への挑戦に対する憧れを率直に口にする男もいた。

「ワクワクしている部分もありながら、ちょっとジェラシーも感じているんだ。メジャーレベルで投手と野手を同時にこなすことは、誰もが求める夢だと思う。個人的には、先発として中5日で投げられるようになりたいよ。そうなれば楽しいことになる。その切り替える感じがね」

 こう語ったのはジョシュ・レディック外野手だった。野手1本でマウンドに立つことのない立場から、投打を切り替えながらプレーする大谷への“嫉妬心”も告白していた。

 そして、昨季MVPに輝いたホセ・アルトゥーべ内野手は「試合で100球を投げて、次の日に野手として打席に立つ選手がいるなんて想像できないよ。すごく大変なことだ。彼が成し遂げていることに本当に敬服している。この先しばらく彼はやり続けていくことになるだろうね」と脱帽。宝刀スプリットについては「今まで見た中でも最高のボールの1つ」と賞賛していたという。

 A.J.ヒンチ監督は「彼を見るのは楽しみだ。しかし、我々は攻略法を見出さなければいけない」と話している。同地区のライバルでもあるワールドシリーズ王者たちが、早くも認める二刀流スーパースター。ヒューストンでもエンゼルスの17番が主役になりそうだ。

続きを読む

【MLB】大谷、強豪Rソックスで先発へ 米屈指左腕セールが二刀流に敬意「脱帽すべき」 《先発登板、メジャー3度目、同試合》

 15日(日本時間16日)に予定されていたロイヤルズ-エンゼルスの一戦が悪天候で中止となった。同試合でメジャー3度目の先発登板に臨む予定だったエンゼルスの大谷翔平は17日(同18日)の本拠地レッドソックス戦でスライドで先発することに。これを受け、レッドソックスの地元紙「ボストン・グローブ」電子版が「ロード初戦の相手はショウヘイ・オオタニだ」と特集を組んでいる。

 ロイヤルズ-エンゼルス戦の中止で色めき立ったのはボストンメディアだった。レッドソックスは開幕直後に9連勝を記録するなど、ここまでメジャー最高の勝率.867(13勝2敗)と圧倒的な強さを見せている。対するエンゼルスも同西地区首位をキープ。両軍が激突する3連戦の初戦に大谷が先発登板することになった。

 これを受け、レッドソックスの地元紙は大谷との対戦を特集。「今、彼ら(レッドソックス)は二刀流と出会うことになる」とレポートした。

 記事ではレッドソックスに所属する昨季奪三振王のクリス・セール投手が二刀流の活躍ぶりを高く評価。「そう、確かに印象的だね。5日ごとに投げるだけでもどれだけ大変か自分は分かっているからね。彼には打席に立つことに関して、やらなければならないことが色々あるんだ」と、二刀流の実現がいかに困難かを説明。さらに「自分がやりたいかどうかはわからないけれど、印象的なことだよ。100マイル(約160キロ)のボールを投げながら、ホームランも放つことができるんだから」と、大型ルーキーのここまでの活躍を称賛したという。

 大谷はオープン戦で打率.125、防御率27.00と苦戦し、米メディアから「開幕マイナーにすべき」との厳しい声も上がったが、開幕以降の活躍で懐疑論は霧散。「コンドル」の異名を持つメジャー屈指の左腕セールも、ベーブ・ルース以来という約1世紀ぶりの偉業に挑む大谷をリスペクトすべしと主張している。

続きを読む

王国ブラジル、トリプルボランチを機能させW杯本大会に向け照準…T・シウバは「僕たちに敬意を」と自信 《27日、負傷離脱中、FWネイマール》

ブラジル代表が、ロシア・ワールドカップ(W杯)に照準を定めている。スペイン『マルカ』が伝えた。

現在FWネイマールが負傷離脱中のブラジルは、27日の国際親善試合でドイツと対戦した。母国開催となった2014年のW杯では準決勝でドイツに1-7という屈辱的な敗戦を喫したブラジルだが、今回の対戦においては現世界王者に1-0で勝利している。

チッチ監督就任後、ブラジルは19試合を行った。その戦績は15勝3分け1敗とブラジル国民を満足させるものだ。その19試合でブラジルは39得点5失点を記録。ドイツ戦ではMFカセミロ、パウリーニョ、フェルナンジーニョのトリプルボランチを機能させたが、何より守備の堅固さが目を引く。

DFチアゴ・シウバは、「現在のブラジル代表はリスペクトに値するチーム。ドイツ戦の勝利は僕たちの成長につながる。僕たちは自信を持ってプレーしていて、素晴らしい時間を過ごしている」と野心をのぞかせている。

ドイツ戦で決勝点を記録したのは、20歳のFWガブリエウ・ジェズスだった。エース不在のなかドイツを破り、チッチ監督は確かな手応えを得ているかもしれない。

続きを読む

イチローの契約が決まらないもうひとつの理由。「偉大すぎて敬意を欠く」(日本、高須克弥、周年記念競走)

イチロー(43)の2018年シーズンのプレー場所がまだ決まっていない。

 先日、シアトル郊外で行われた大リーグのトライアウトに顔を出すと、駆けつけたメジャーのスカウトの中に、知った顔があった。

 終わってから、しばし雑談。イチローの話題になったとき、「キャンプまでには決まるんじゃないか。まだ、外野のマーケットがさほど動いていないから」というスカウトがいる一方で、「難しいかもしれない」というスカウトもいた。

「例えば、マイナー契約でもいいなら、簡単なことだ。でも、それをイチローに対して出来るか?」

 確かに、チームにとって、マイナー契約を交わして春のキャンプに招待することにリスクはない。戦力になると判断すれば、そのままメジャー契約すればいい。ダメだと思えば、メジャー契約をしなければいいだけのこと。

 ただ、対象が、記録と記憶に彩られたキャリアを誇り、引退すれば、殿堂入りは間違いないといわれるイチローとなると、話が違ってくるーー。

「あのイチローにマイナー契約をオファーするのは、敬意を欠く行為にもなるのではないか」

 2015年1月、マーリンズもずいぶん悩んでいた。イチローに、控え外野手の役割をオファーしようとしていたのだ。

 当時のGM(ゼネラルマネージャー)で、その年のシーズン途中からマーリンズの監督を務めたダン・ジェニングス(現ナショナルズスカウト)が、こんなふうに振り返ったことがある。

「マーリンズには、外野に3人のレギュラーがいた。それは固定だった。ということは、イチローが来ても、ポジションを奪うチャンスさえ与えることができない。控え外野手として契約したい、と申し出るのは失礼なんじゃないかとか、いろいろ考えたよ」

 ただ、「そのことを納得した上で来てもらう必要があった。そこは交渉の時、何度も念を押した」とジェニングス。「結果として、断られても仕方がないと考えていた」そうだが、イチローはすべてを理解した上で、入団を決意した。

「彼は、本当のプロフェッショナルだった」

 では今回、イチローにマイナー契約をオファーすることは、本当に敬意を欠く行為なのか。そもそもイチローは、それを受け入れるのか。

 

続きを読む