柏、敵地で2点を先行も後半だけで3失点…全北に逆転負けでACL黒星発進 「ACL出場、3年ぶり、プレーオフ」

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018グループステージ第1節が13日に行われ、全北現代(韓国)と柏レイソル(日本)が対戦した。

 プレーオフを制し3年ぶりのACL出場となる柏はクリスティアーノが最前線に入る4-2-3-1の布陣。新加入の亀川諒史、江坂任も先発入りを果たした。

 開始10分、大谷秀和のダイレクトパスにハモン・ロペスが反応。相手GKが前に飛び出すも、左足でループシュートを沈め、柏が幸先良く先制する。続く27分、左サイドからチャンスを作ると、ハモン・ロペスのシュートのこぼれ球を江坂が押し込んで追加点。前半は柏の2点リードで折り返す。

 後半に入り55分、CKからイ・ドングッに決められ、差は1点に。続く75分、全北にセットプレーを与えてしまうと、キム・ジンスに同点弾を許した。さらに終了間際の85分、再びイ・ドングッに決められてしまう。

 試合は3-2で終了。柏は敵地で2点を先行したものの、逆転負けで勝ち点を獲得できなかった。次戦は20日、ホームで天津権健(中国)と対戦する。

【スコア】
全北現代 3-2 柏レイソル

【得点者】
0-1 10分 ハモン・ロペス(柏)
0-2 27分 江坂任(柏)
1-2 55分 イ・ドングッ(全北現代)
2-2 75分 キム・ジンス(全北現代)
3-2 85分 イ・ドングッ(全北現代)

続きを読む

『4発完勝の柏、FW伊東純也が1G3Aの大活躍!! 「全試合で得点に絡む」と“有言実行”中』 ~ 皆さんの反応まとめ

[2.4 PSM 千葉1-4柏 フクアリ]

 持ち味の1対1で相手を上回り続け、日本代表の肩書きにふさわしい大活躍を見せた。柏レイソルFW伊東純也は1ゴール3アシストでチームの全得点に絡み、『ちばぎんカップ』の最優秀選手賞(MVP)を獲得。「調子はそんなに良くなかった」と振り返ったものの、「得点に絡むのが自分の仕事なので良かった」と笑顔がこぼれた。

 前半の内容は「うまくいかない部分が多かった」(伊東)というものだったが、右サイドハーフで先発した背番号14は随所で持ち味を見せつけた。前半7分、鋭いターンでFWクリスティアーノの突破を呼び込むと、その後もセットプレーでチャンスを誘発。同アディショナルタイムにはドリブルで対面のDF高木利弥を振り切り、スライディングで止めにかかった相手にイエローカードが提示された。

 そうして迎えたハーフタイム明け、MF大谷秀和との“阿吽の呼吸”でついにスコアを動かす。後半2分、大谷から供給された浮き球のクイックFKに対し、PA左で相手DFを置き去りにするとゴール前まで一気に突破。「打とうと思ったんですけど、チャンスを確実なものにするため出した」という冷静な横パスから、クリスティアーノのゴールを生んだ。

 さらに後半30分、今度は右サイドでマークを引きつけると、FW瀬川祐輔のミドルシュートを呼び込んで追加点を奪取。同40分には瀬川の縦パスに反応して左サイドを抜け出し、相手GKと1対1に。「相手が突っ込んできたのでうまく切り返せて、GKの逆を突くことができた」と、またしても対面の相手を翻弄する形で自らゴールを陥れた。

 この日の伊東はそれでも止まらない。千葉に1点を返された後半アディショナルタイム、DF今井智基のロングフィードに反応すると、自慢のスピードで右サイドを単独突破。優しく出したグラウンダークロスでニアサイドの相手をかわすと、FWハモン・ロペスがゴールに流し込み、ダメ押しの4点目にも関わった。

 今季の目標は「毎試合得点に絡んでいくこと」という24歳。今季開幕戦となった1月30日のACLプレーオフでも1ゴール2アシストで全得点に絡み、ここまでのところ“有言実行”を続けている。次の試合は13日に行われるACLグループリーグ第1節の全北現代戦。「ACL優勝、Jリーグ優勝」というチームの大目標を果たすため、日立台のスピードスターが絶好のスタートを切った。

続きを読む