比嘉

王座剥奪の比嘉、初黒星 今後すべて白紙…具志堅会長「JBCの処分待つ」/BOX 《クリストファー・ロサレス、具志堅スポーツ、白井》

 WBC世界フライ級タイトルマッチ(15日、横浜アリーナ)体重超過のためWBCフライ級王座を剥奪された比嘉大吾(22)=白井・具志堅スポーツ=は、同級2位のクリストファー・ロサレス(23)=ニカラグア=に9回1分14秒TKOで敗れた。日本記録に並ぶ15試合連続KO勝利を続けていた比嘉はプロ初黒星。ロサレスが新王者となった。

 失意の前王者に戦う力はなかった。勝ってもベルトは戻ってこないリングで9回途中、セコンドがタオルを投入してTKO負け。比嘉は涙目で、四方に向かって弱々しく頭を下げた。

 「現場責任者の自分の判断で止めた。試合をやらせたのは、本人が上がると言ったから。自分も大丈夫だと思った。私の責任です」

 所属ジムの具志堅用高会長(62)が説明した。比嘉は会場を去る前に「今は何も出てこないです。ごめんなさい」とだけ言い残した。

 「ロサレス頑張れ」のやじも飛ぶ中、リーチで18センチも勝る相手の左ジャブを浴び続けた。「試合前には2、3回で止めると比嘉には言っていた」と具志堅会長。日本新記録の16試合連続KO勝利どころか、9回が限界でプロ初黒星を喫した。

 前日計量ではリミットより900グラムも重い51・7キロで、日本選手の世界戦で初となる計量失格となった。この日の午前8時に行われた当日計量では、設定された55・3キロを下回る54・7キロ。前日から3キロ増えた体で、リングに上がることは許された。

 「世界チャンピオンにもかかわらず計量オーバーしてすみません」

 当日計量を終えた比嘉は声を絞り出した。前回のV2戦から70日。具志堅会長は「間隔が短かった。それが一番の原因」と声を詰まらせた。

 今後は日本ボクシングコミッション(JBC)による処分を受ける。長期出場停止などの厳罰は確実。他団体との王座統一戦、米国進出など前途洋々だったはずの未来図はすべて白紙に戻った。「JBCの処分を待って今後のことは決めたい。階級を上げるかも今は分からない」と同会長。重い十字架を背負った比嘉の再起の道は険しい。

続きを読む

『長谷川穂積氏、比嘉とネリは違いは「汗が一滴も出ないぐらい限界の減量だった」』 ~ ヤフーユーザーの意見まとめ

 プロボクシング元世界3階級王者の長谷川穂積氏(37)が15日、インスタグラムを更新。WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(22)=白井・具志堅スポーツ=が14日、東京都内で行われた3度目の防衛戦の前日計量で制限体重をクリアできず、王座を剥奪されたことに、「もちろんあってはならないこと。短いスパンの試合は減量にとってはプラスになることが多いが、今回みたいにマイナスになる場合考えられることは、前回の減量の過酷さをリセットする前に試合が決まったことかもしれない」と指摘した。

 日本ボクシングコミッション(JBC)によると、世界戦で日本選手が計量に失敗するのは初めて。フライ級の制限体重は50・8キロで比嘉の1回目は51・7キロ。2時間の猶予を与えられたが、再計量はしなかった。対戦相手のクリストファー・ロサレス(23)=ニカラグア=は50・5キロでパスした。

 長谷川氏は「自分もバンタムの頃は減量がきつかったからある程度期間を決め好きなだけ食べて、また次の減量と戦える気持ちを作ってた 減量がきつければきついほど次の減量に向けてリセットする期間も大切だと思う 明日試合するかどうかはわからないがとにかくこの失敗をただの失敗にしないでほしい 可能性を秘めた選手だからこそ、ここで折れないでほしい」と比嘉にエールを送った。

 3月に行われたWBCバンタム級の試合の前日計量では、山中慎介(35)=帝拳=の相手ルイス・ネリ(23)=メキシコ=が制限体重を大幅超過するなど、計量失敗の問題が続いている。長谷川氏は「ただこれは勝手な意見だかネリと違うところはネリは明らかに楽をし余裕を残し計量したのに対し、比嘉選手は汗が一滴も出ないぐらい限界の減量だったということ 比嘉選手をかばうわけではないがフライ級の減量は毎回もうギリギリの戦いだったと思う」と強調した。

続きを読む

TKO負けの比嘉は会見できず 具志堅会長「2、3ラウンドで止めるつもりだった」【EXD44、ペルソナシリーズ、登板】

 「ボクシング・WBC世界フライ級タイトルマッチ」(15日、横浜アリーナ)

 ダブル世界戦のセミファイナルでWBC世界フライ級タイトルマッチが開催され、計量に失格して王座を剥奪された前王者・比嘉大吾(22)=白井・具志堅スポーツ=は9回1分14秒TKOで、同級2位のクリストファー・ロサレス(23)=ニカラグア=に敗れた。元WBC世界スーパーライト級王者の浜田剛史氏らを超える16連続KO勝利の日本新記録は達成できなかった。ロサレスは世界初挑戦で王座を獲得した。

 試合後、比嘉は心身ともにダメージが深く、病院に直行。インタビューに応じることができなかった。代わって具志堅用高会長が対応した。

 具志堅会長は「いや、すいません」と憔悴した表情で切り出すと、自身の判断で棄権を申し出たことを明かした。「8回終了時かな。2回目の採点を聞いて。タオルを投げられないのでコミッションに(棄権を)伝えた」と話した。8回終了時は76-76、77-75、79-73とロサレスが2-0でリードしており、逆転は難しいと判断した。

 日本選手初の世界戦での計量失敗で王座を剥奪された比嘉。減量失敗でコンディション不良の比嘉をリングに上げた理由については「本人が上がりたいと言った」と選手の思いを尊重したとしながらも「とにかく私の責任。大吾に悪いことをした」と自らを責めた。試合については「2、3回で止めるつもりだった。本人にも伝えていた。ダメなら止めると」とも明かした。

 最後に、比嘉に何と声をかけたのか問われると「『心配するな。よくやった』と言いました」と、まな弟子を思いやった。

続きを読む

『村田、初防衛成功…体重超過の比嘉はTKO負け』 ~ みんなの感想まとめ

 ボクシング・ダブル世界戦(15日・横浜アリーナ)――世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者の村田諒太(帝拳)は、同級6位エマヌエーレ・ブランダムラ(イタリア)を8回TKOで下し、初防衛を果たした。

 日本選手がミドル級の世界王座を防衛したのは史上初。前日計量で制限体重を超過したため世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王座を剥奪(はくだつ)された比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)は、同級2位クリストファー・ロサレス(ニカラグア)に9回TKO負け。ロサレスが新王者となった。比嘉の連続KO勝利記録は15でストップし、日本新記録はならなかった。

続きを読む

最悪1年間出場停止処分も。比嘉の計量失格はなぜ起きた?責任は誰にある? 『比嘉大吾、王者、ホテル』

プロボクシングのWBC世界フライ級タイトルマッチ(横浜アリーナ)の前日計量が14日、都内のホテルで行われ、王者の比嘉大吾(22、白井・具志堅)が一度目の計量で50.8キロのリミットから900グラムを超過、2時間の猶予が与えられたが1時間30分で再計量を放棄しWBCの規定に従いタイトルが剥奪された。挑戦者の同級2位、クリストファー・ロサレス(23、ニカラグア)は200グラムアンダーで一発パスした。
試合は今日15日午前8時に比嘉の再計量と検診が行われ、正規体重よりリ10ポンド(4.5キロ)重い55.3キロをクリアし体調に異常がなければ変則タイトルマッチとして行われる。挑戦者が勝った場合のみ新王者となり、引き分け或いは負けた場合は空位となる。
 また比嘉には16連続KOの日本記録更新がかかっているが、KO勝利すれば新記録は認定される。世界戦における日本人の体重超過は、史上初となる汚点。JBC(日本ボクシングコミッション)は続発している体重超過を抑止するためのルール整備を進めており、安河内剛事務局長は、厳罰を科すことを示唆。比嘉には、最悪1年間の出場停止及び罰金という厳罰処分が下される見込みだ。

続きを読む

比嘉が体重オーバー 猶予2時間ダメなら王座剥奪 《都内、計量、横浜アリーナ》

 ボクシングのダブル世界戦(15日、横浜アリーナ)の前日計量が14日、都内で行われ、16連続KO勝利の日本記録がかかるWBC世界フライ級王者の比嘉大吾(22=白井・具志堅)は1回目で制限体重の50・8キロを900グラムオーバーした。

 2時間の猶予の間にパスしなければ、王座剥奪となる。過去、日本人王者が計量失格となったケースはない。挑戦者の同級2位クリストファー・ロサレス(ニカラグア)は50・5キロで一発パスした。

 3度目の防衛戦だった比嘉は軽量級では際立つ筋肉の持ち主で、ここ数戦は毎試合で減量苦があった。13日の公式会見では「今回も1ラウンドから全力で倒しにいきます」と述べていたが、ひげを伸ばした表情に覇気はなく、体調面での心配が募っていた。この日も生気がない顔つきだった。

続きを読む