激白

羽生結弦が激白「週刊誌の問題があって、何回も死のうと。でも生きててよかった」【ONE OK ROCK、ロード・エルメロイII世の事件簿、RBCヘリテージ】

 平昌五輪のフィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪2連覇を成し遂げた羽生結弦(23)=ANA=が15日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで行われた凱旋報告会にあたるイベントで、自身がプロデュースしたアイスショー「Continues ~with Wings~(コンティニューズ ウィズ ウイングス)」の最終日に出演。CSテレ朝チャンネルで生中継された。

 羽生自身が競技生活の中で影響を受けたトリノ五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコらそうそうたるメンバーが出演。羽生自身もトーク、質問コーナーや、右足首の故障明けでリハビリ中のため、ジャンプこそ跳べないものの、スピンとステップのみの演技を披露し、会場を盛り上げた。

 この日は2011-12年シーズンに滑った「ロミオとジュリエット」をチョイスした。12年ニース世界選手権で足の負傷を抱えながら魂の演技を披露し、銅メダルを獲得した“伝説”のプログラム。「このプログラムで好きになった人?」と会場に聞くと、大きな声援が。「平昌で落ちた人?ソチで落ちた人?おー、ソチはやっぱり多いな。ジュニアからの人?ノービスからはいないかな?」と、ノリノリで会場を煽った。最後には平昌五輪で金メダルを獲得したフリー「SEIMEI」。「次会うときはジャンプ跳んでるからな!僕の生命を懸けたSEIMEIです」と話し、全力の滑りを見せた。

 フィナーレでは「一時期、週刊誌の問題とか色々あった時に、“なんで僕生きてるんだろう”って。何回も死のうともしました」と激白。「でも、でもね、本当にみんなこうやっていっぱい応援してくれるし、何より僕が幸せなのは、自分が憧れてる方々がみんな、自分にメッセージをくれて、“ゆづは大丈夫だよ”ってコメントくれて、本当にありがたかったし、スケートやっててよかったって。本当に今は生きててよかったって、本当に思ってます」と、周囲やファンに感謝していた。

続きを読む

07年日本シリーズ「消えた完全試合」の真相 山井本人が激白「投げたかった」 《スポーツ天国、山井大介投手、森繋和監督》

 中日元監督の落合博満氏(64)、中日の森繋和監督(63)、山井大介投手(39)が4月1日放送のTBS「スポーツ天国と地獄~今だから話せる!あの名場面のウラ側~」(後6・30)に出演する。番組は3人に、2007年の日本シリーズで世間を驚かせた「消えた完全試合」騒動の真相を直撃。さまざまな憶測が飛び交ってきた世紀の交代劇の本当の理由が明らかとなる。

 07年日本シリーズ。中日がパ・リーグ覇者の日本ハムを下して、53年ぶりの日本一に輝いた歓喜の裏で、野球ファンを震撼させる“大事件”が起きた。中日の3勝1敗で迎えた第5戦、日本一へ王手をかけた中日の先発・山井は8回まで1人の走者も許さない快投を披露。日本シリーズ史上初の完全試合達成に期待がふくらみ、ナゴヤドームが「山井コール」に沸く9回、当時中日監督だった落合氏が投手交代を告げた。

 まさかの采配に戸惑いを隠せないファン。2番手の岩瀬仁紀投手(43)が9回を完ぺきに抑え、2投手による完全試合は達成されたが、落合氏の采配は「空気が読めない」などと大バッシングを受け、野球評論家からも酷評された。

 今回、番組は「消えた完全試合」の当事者3人にそれぞれインタビューし、その真相を明らかにする。

 歴史的偉業を目前にマウンドを降りた山井は「もちろん投げたかったですよ」と当時を回顧。8回終了時のベンチ裏で行われた三者のやり取りの中に、衝撃の新事実が隠されていた。ファンを驚かせた降板劇のきっかけとなった当時投手コーチ・森氏の何気ない一言とは――。また、落合氏が批判を受けながらも真相を公言しなかった自身の“哲学”を明かす。

続きを読む

斎藤佑樹“ハンカチ王子”から12年…苦悩を激白「クビを切られてもおかしくない」 《成績、毎年クビ、苦悩》

 日本ハムの斎藤佑樹投手(29)が31日放送のTBS「バース・デイ」(土曜後4・30)で輝かしい栄光があるからこその苦悩を激白する。「毎年クビを切られてもおかしくないような成績」と危機感を口にし、30歳の節目を迎える今季への強い決意を語る。

 30日に開幕するプロ野球。その世界で、12年前の甲子園で「ハンカチ王子」と呼ばれ、一世を風靡しながら、現在はもがき苦しむ日々を送る斎藤。番組は、1月の自主トレから独占密着。甲子園優勝メンバーとの食事会にも同行し、その素顔に迫る。

 高校3年時に甲子園優勝を成し遂げると、早大でも六大学野球で優勝。斎藤が口にした「もってる」は流行語にもなった。そして、堂々とドラフト1位で11年からプロの世界へ。1年目からエースの証である背番号18を背負った。1年目は6勝に終わったが、オールスターに出場するなど存在感を発揮。2年目には開幕投手を務め、勝利投手となり「今は、もってるではなくて、背負ってます」と高らかに宣言した。

 しかし、2年目に右肩の故障が発覚してからは、思うような成績は残せず。13年から昨季まで5シーズンでわずか4勝。「本当に毎年、クビを切られてもおかしくないような成績なので、野球が出来なくなる可能性がある」と8年目の今季にかける思いは強い。

 かつて大フィーバーを起こした右腕に対する世間の関心は依然、高いまま。「ネットの情報はあまり見ないようにしています」「ハンカチ王子って、あだ名がついて、ハンカチ使うんじゃなかったなとか、そういう時期はありましたけど…」と苦悩を告白する。元チームメートとの食事会では、本音も吐露。甲子園の栄華から12年―。注目を集め続ける斎藤の素顔と抱え続けた苦しみが明かされる。

 31日は「オールスター感謝祭」(後6・25)放送のため、通常より30分早い午後4時30分から放送される。

続きを読む

ケイティ・ペリーにファーストキスを奪われた男性が後悔の念を激白(閣議、除染、松本 まりか)

騒動が起きたのはオクラホマ出身の19歳、ベンジャミン・グレイズが登場したとき。地元の家電店でレジ係をしているベンジャミンに審査員のルーク・ブライアンは「これまでにキスをしたことある?」と質問。ベンジャミンは「キスしたことはない」「女の子と交際していないのにキスなんてできない」。すると審査員のケイティ・ペリーは「こっちに来て!」。ケイティの頬にキスをするように言われ、ベンジャミンはその通りに。さらにもう一度キスするように言われたベンジャミン。再び頬にキスをしようとすると、ケイティは突如顔の向きを変え彼の唇にキス!

ベンジャミンのファーストキスを奪ったケイティ。視聴者からはベンジャミンを羨ましがる声が上がる一方で、セクハラだと指摘する声も。もし同じ審査員のルーク・ブライアンやライオネル・リッチーが女性の出場者に対して同じことをしたら大バッシングを受けるのは明らか。だからケイティの行為も当然セクハラだと批判されている。

さらに番組中は喜んでいるように見えたベンジャミンが実は嫌がっていたことも明らかに。新聞「ニューヨークタイムズ」のインタビューに対して「少し不快だった。キスは最初に付き合う女の子のためにとっておきたかった。特別なものにしたかったんだ」「もしケイティに『私にキスしたい?』って聞かれたら、僕は『ノー』って言ったと思う。大部分の男の人は『やったー!』って感じになると思う。でも僕は保守的な家で育ったし、不快だったんだ。ファーストキスは特別なものにしたかった」。

続きを読む

上原浩治が激白「燃え尽きたい」日本復帰を示唆(東京スポーツ映画大賞、辺見 えみり、スポーツ庁)

 カブスからFAになっている上原浩治投手(42)が27日、日本球界復帰を視野に入れていることを示唆した。メジャー市場の動きが停滞し、まだ約50人のFA選手の移籍先が決まっていない。昨年12月上旬には「メジャー以外は引退」と話していたが、渡米直前に「日本の球団で『上原がほしい』と言ってくれる球団があるなら、そこで野球がしたいと思っています」と胸の内を明かした。

      ◇       ◇

 上原が「メジャー契約できなければ引退するつもり」と話したのは昨年12月だった。しかし、メジャー市場の動向は予想以上に停滞し、多くのFA選手は移籍先が決まっていない。連日ハードな練習を続けてきた気持ちも変わっていった。

 「正直、こんなふうになるとは思わなかった。3カ月近くしんどい練習を続けているうちに『俺はなんで練習してるんや』って。やっぱり野球がやりたい。年齢的にも残りの野球人生は短い。最初は辞めていいと思っていたけど、期待してくれる球団があるなら、そこで燃え尽きたいという気持ちの方が強くなった」

 1度は「引退」を口にした事実は否定しない。「言っちゃったし、これで日本でやったらボロクソ批判されるやろうなぁ」と覚悟もしている。一方で、日本で再び上原がプレーする姿を見られることを歓迎してくれるファンもいる。「引退って言ったのは最大の失敗。見通しが甘かった。言いたいことは言うタイプだったけど、軽はずみに言ってはいけないこともあるって学びました」と体裁が悪そうな表情で反省した。

 メジャー契約できる可能性も、まだ残っている。それでも「ここまで決まらないっていうのは自分への期待値が低いから。野球選手は期待してくれる球団でプレーするのがベスト。4月まで行き先が決まらずに練習を続けるつもりはない」と断言。渡米して家族と話し合い、最終的な方向性を定めるが、日本の球団からオファーがあった場合、自分で決めることを米国の代理人にも告げている。現時点で日本からの正式オファーはないが、進路を心配してくれている球団関係者からの“国内復帰の問い合わせ”は届いている。

 調整は万全だ。連日、90球前後の投げ込みを続けている。「体は元気。移籍先が決まったら、2週間もあれば本番の試合で投げられる」。メジャー残留への道が完全に消滅したわけではないが、メジャー以外の球団での「引退撤回」。上原の実力と実績があれば、日本球団との交渉は急ピッチで進む可能性は高い。日本球界復帰の可能性は、大きく膨らんだ。

続きを読む

『立川志らく、貴乃花親方のテレビでの激白に「貴乃花親方の責任よりはるかに重いことを協会は犯した」』 ~ ヤフーユーザーの意見まとめ

 落語家の立川志らく(54)が8日放送の「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)に生出演し、大相撲の貴乃花親方が7日にテレビ朝日系で放送された「独占緊急特報!!貴乃花親方すべてを語る」(後7時)を見た感想を明かした。

 志らくは「貴乃花親方がすべて正しいというわけではないですよ。だけども、分かった事実は、被害届けを取り下げてくれと言われた、隠蔽してくれと言われた。ちゃんと協会には協力していたと。なのに協力していないと言われて理事を降格されたとか。一番問題なのは、警察に届けて、警察はこの暴力事件を犯した首謀者である横綱が分かっていたのに土俵に上げた。土俵ってのは神事ですから、これものすごい問題でしょ。この事に対する協会側の責任はどうなっているのか。貴乃花親方の責任よりはるかに重いことを協会は犯している。それがもっと明確になってきた。公益財団法人だから文科相が出てきて怒らないとダメです。貴乃花親方が一方的で、全部が真実だから分からない。だから、協会も八角理事長も出てきて、これに対してどう思うのかっていう。私の印象は貴乃花親方、物凄い紳士的に話していました」などと話した。

 その上で「どう考えたって協会とか評議員会とか危機管理委員会の方がやっていること姑息だもん。それが私は許せない」と憤っていた。

続きを読む