『平昌まで1万キロ「チャリで来た」 出場選手の父が話題』 ~ みんなの感想まとめ

 ノルディックスキー・ジャンプ男子の45歳、葛西紀明(土屋ホーム)が8回目の五輪で初めて家族を応援に呼んだのが話題になった。海外ではスイスに住む父親が息子の晴れ舞台の雄姿を見ようと、自転車を1万キロ以上こぎ、1年かけて平昌にたどり着いた。

 息子はフリースタイルスキー・エアリアル男子に出場し、11位だったミーシャ・ガサー(スイス)。

 ロイター通信などによると、父親のギド・フビラーさんは妻のリタ・ルッティマンさんとともに昨年2月、スイスのオルテンにある自宅を出発し、東をめざした。イタリア、クロアチア、トルコ、イラン、アゼルバイジャン、タジキスタン、カザフスタン……。道中はホテルに泊まったり、テントで野営したり。標高4000メートル以上にある中央アジアのパミール・ハイウェーではゆっくりペダルをこいだ。「空気は薄いし、食べ物は手に入らなかったし。とても疲れた」。通過した国は20カ国を数える。

 北朝鮮には入れない。だが、その前に国境越えの壁にぶつかった。カザフスタンから中国への入国許可が下りず、空路でタイへ。ラオス、カンボジアを回り、再び飛行機に乗り、17日のエアリアル予選に間に合った。温暖な東南アジアから極寒の韓国に入り、「気温が30度近い国から来たが、ここは零下10度ほど。とても大変」。走行距離は1万2千キロとも、1万7千キロとも報道されている。

 父親と再会した息子は笑いながら「父はクレージー。若いころはスカイダイバーだったんだ」。息子の演技を見守った父親は「息子と会えて幸せだ。やったね。とても楽しかった」と笑った。

 平昌の次は日本を訪れてから、スイスに帰るという。

続きを読む

杉浦太陽 妻、辻希美の父と「語り飲み」…ノンパパと語るの好きなんだよ 『昨夜、酒、父』

 俳優の杉浦太陽が13日、ブログを更新し、妻の辻希美の父と酒を飲みながら語り合ったことを明かした。

 杉浦は「昨夜は、ノンパパと家で語り飲み」と2ショット写真を掲載。「パパママ友も来てたので、みんなでワイワイな夜でした」と楽しい時間を過ごしたことを振り返った。

 杉浦は「ノンパパと語るの…好きなんだよな」と義父と良好な関係を築けていることをほのめかした。杉浦は13日はロケのために伊豆に来ているとのことで、「ロケ頑張っていこ~」と自身に気合を入れた。

続きを読む

有賀さん愛娘の今後は…元夫・和田氏、父・洋さん、本人の3者会談で 《長女、取材、スポニチ本紙》

 1月30日に52歳で他界した元フジテレビアナウンサー、有賀さつきさんの父親の洋さん(84)が6日、スポニチ本紙の取材に、有賀さんの長女(15)と元夫でフジテレビ解説委員だった和田圭氏(65)と「近く3人で会います」と明らかにした。

 病床で看護師に「娘のことをよろしくお願いします」と言い残した有賀さん。洋さんは「そんな彼女の遺志を尊重していきたい」といい、長女の今後について「実の父親がいるので、父親と一緒に暮らすのが一番良いと思う」と話した。

 有賀さんと和田氏は02年に結婚。長女は同11月に誕生した。06年の離婚後は有賀さんが親権を持って育ててきたが、「別れても子供にとっては大事な存在」との考えから、父親との関係も見守ってきた。洋さんは「父親と手紙のやりとりをしていると、さつきから聞いていた。親子の関係は途切れていない。孫から見たら私は第三者。和田さんといるのがいいと思う」と説明。「彼とは前向きに話し合いができています。ただ、孫の気持ちが何より大事ですから」と、3人で直接会って決めるという。

続きを読む

有賀さつきさん死去 病状最期まで明かさぬままひっそり…父・洋さんもみとれず 『体調、中旬、死因』

 アイドルアナウンサーの先駆け的存在だった、元フジテレビアナウンサーの有賀さつきさんが、先月30日に亡くなっていたことが5日、分かった。52歳。死因は不明。有賀さんは先月中旬から入院していたが、体調を崩していることは周囲に知らせていなかった。30日早朝に容体が急変して、息を引き取ったという。葬儀は1日に親族のみで営まれた。

 女子アナの枠を超えた活躍ぶりで、スポットライトを浴びた有賀さんが、ひっそりと人生の幕を閉じた。まだ52歳。あまりに突然で、早過ぎる旅立ちとなった。

 事務所には所属せず活動していたため、横浜市内の実家で父の洋さん(84)が報道陣に対応。30日の早朝に都内の入院先から連絡があり、洋さんは有賀さんの長女(15)と病院に向かったが、最期をみとることはできなかったという。

 亡くなる2、3日前に見舞ったときには、普通に会話できたといい、「少しやせて、点滴をしてましたが、間もなく退院できるだろうと安心しておりました。私も驚いており、信じることができません」と沈痛。死因については把握しておらず、「(医師から)簡単な説明はありましたが、(病名は)本人も言いたくなかったのでは…」とおもんぱかった。

 体調不良について有賀さんは近い関係者にも伏せており、昨年7月収録の通販番組「日テレポシュレ」が、4日未明に放送されたばかり。昨年、バラエティー番組に出演した際には、激やせを心配する声もあった。親しい仕事仲間にはカツラを着用していることを打ち明けていたが、体の異変を詳しく報告することはなかったという。

 有賀さんは米・ニューヨークでの生活を経て、1988年にフジテレビに入社。同期アナ(当時)の八木亜希子(52)、花田(旧姓河野)景子さん(53)とともに「花の三人娘」と呼ばれて、女子アナブームの火付け役となった。

 92年に退社し、フリーに転身。テレビ朝日系「ミュージックステーション」のサブ司会などを務めた。02年3月にはフジテレビ解説委員の和田圭氏(65)と結婚し、長女をもうけたが、06年5月に離婚した。華やかな女子アナ像を築き上げた有賀さん。テレビで見せていた笑顔は色あせることはない。

続きを読む