男子テニス

『錦織、完全復活は「すぐそこ」 今週ナダルと再戦の可能性<男子テニス>』 ~ ヤフーユーザーの意見まとめ

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は22日、シングルス決勝が行われ、錦織圭は第1シードのR・ナダル(スペイン)に3-6, 2-6のストレートで敗れ、四大大会に次ぐグレードの「ATPマスターズ1000」初優勝とはならなかった。

28歳の錦織は今大会、1回戦で第12シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)、2回戦でD・メドヴェデフ(ロシア)、3回戦でA・セッピ(イタリア)、準々決勝で第2シードのM・チリッチ(クロアチア)、準決勝で第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)を破り、2016年のロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)以来4度目の「ATPマスターズ1000」決勝へ進出した。

決勝では、クレーの絶対王者ナダルと対戦。序盤から両者譲らぬ展開となる中、先にブレークに成功したのは錦織だったが、そこからナダルの猛攻を許して1時間33分で敗れた。

男子プロテニス協会のATPは22日に公式サイトで、錦織のコメントを掲載。

大会を振り返った錦織は「今週はいいプレーができた。(トップレベルは)もうすぐそこだと思う。素晴らしい1週間だった。ここで決勝進出できてとても嬉しい。」

「ナダルは全てのボールを返すから、自分の調子を維持するのは難しいと分かっていた。ワンブレークアップでもタフになることは分かっていた。ガス欠状態だった、特に第2セットは。ナダルは素晴らしいテニスをしていた」とコメント。

右手首の状態については「(右手首とは)うまく向き合えていた。もしかしたら、自分の体、特に足が今日はとても重かった。3セットマッチを強力な選手たちと3日連続で戦うのは肉体的に簡単ではなかった。手首は毎週チェックしなければいけない。まだ100パーセントではない、毎週ケアしている」と明かした。

錦織は23日に発表の世界ランキングで22位に浮上。バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー 、ATP500)に第14シードで出場しており、順当に勝ち上がると3回戦でナダルと再び顔を合わせる組み合わせとなっている。

続きを読む

錦織 準V「エネルギー切れた」 今週再び王者ナダルと再戦の可能性<男子テニス>(イギリス、TBSテレビ、競馬の競走格付け)

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は22日、シングルス決勝が行われ、世界ランク36位の錦織圭は第1シードのR・ナダル(スペイン)に3-6, 2-6のストレートで敗れ、四大大会に次ぐグレードの「ATPマスターズ1000」初優勝とはならなかった。

男子プロテニス協会のATPは22日に公式サイトで、錦織とナダルの決勝戦を特集した。

28歳の錦織は、自身4度目の「ATPマスターズ1000」決勝戦に臨んだが、初優勝とはならなかった。2014年のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)ではナダル、2016年マイアミ・オープン( アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)とロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)ではいずれもN・ジョコビッチ(セルビア)に敗れていた。

「自分のレベルを維持するのは難しいと分かっていた。なぜなら、彼(ナダル)はどんなボールも返してくるから。ナダルから主導権を握るのは簡単なことではない。自分が先にブレークしてもタフな試合になるのは分かっていた」と錦織はナダルとの対戦の難しさを語っていた。

「特に第2セットはエネルギーが切れたように感じていた。彼は色々なショットを打ってきた。とてもやりづらいプレーをしてきた。同時に彼は最高のテニスをしていた。今日は最後まで自分のレベルをキープするのが難しかった」

錦織は23日から始まるバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー 、ATP500)で順当に勝ち上がると、3回戦でナダルと再び顔を合わせる組み合わせとなっている。

続きを読む

錦織4強「タフな試合」制す、準決勝は世界4位ズベレフ<男子テニス> 「第2シード、錦織圭、世界ランク36位」

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は20日、シングルス準々決勝が行われ、世界ランク36位の錦織圭が第2シードのM・チリッチ(クロアチア)を6-4, 6-7 (1-7), 6-3のフルセットで下し、2016年7月のロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)以来 約1年9カ月ぶりの「ATPマスターズ1000」ベスト4進出を果たした。

この日、好調のバックハンドを軸にポイントを重ねた錦織は1ブレークを守って第1セットを先取。錦織のサービング・フォー・ザ・マッチで迎えた第2セットの第10ゲームでは3本のマッチポイントを握ったが、驚異的な粘りを見せるチリッチにブレークを許すと、最後はタイブレークを落としてセットカウント1-1に追いつかれる。

迎えたファイナルセット、ダブルフォルトなどミスが先行したチリッチの一瞬の隙をついた錦織が第8ゲームで先にブレークに成功。直後の第9ゲームで危なげなくサービスをキープし、2時間55分の激闘に終止符を打った。

試合後に自身の公式アプリ「KEI NISHIKORI」へ動画を投稿した錦織は「タフな試合でしたけど、徐々に調子も上がっているので、また明日も頑張りたいと思います」とコメントした。

準々決勝では第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)と顔を合わせる。両者は今回が2度目の対戦で、昨年のシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)準決勝では、錦織がストレートで敗れている。

これまで「ATPマスターズ1000」2大会でタイトルを獲得している20歳のズベレフは、今年2月のアビエルト・ メキシコ・テルセル(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)で4強入り。3月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)では、決勝でJ・イズナー(アメリカ)に敗れるも準優勝を飾った。

今大会は、初戦の2回戦で世界ランク38位のG・ミュラー(ルクセンブルグ)、3回戦で同61位のJ・シュトルフ(ドイツ)、準々決勝で同34位のR・ガスケ(フランス)を破って大会初のベスト4進出を果たした。

続きを読む

『錦織 世界62位に苦戦も初8強、チリッチとの準々決勝へ<男子テニス>』 ~ みんなの感想まとめ

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は19日、シングルス3回戦が行われ、世界ランク36位の錦織圭が同62位のA・セッピ(イタリア)を6-0, 2-6, 6-3のフルセットで破り、大会初のベスト8進出を果たした。準々決勝では、第2シードで同3位のM・チリッチ(クロアチア)と対戦する。

この日、序盤でブレークに成功した錦織は試合の主導権を握り、元世界ランク18位のセッピに1ゲームも与えず第1セットを先取。

しかし、第2セットに入るとセッピの強打に苦戦し、第5ゲームで先にブレークを許すと試合の流れが一変。第4ゲームから5ゲームを連取され、セットカウント1-1に追いつかれる。

ファイナルセットも流れがセッピに傾きかける中、錦織は第6ゲームでブレークすると息を吹き返し、その後もリードを守って勝利を手にした。

準々決勝で対戦するチリッチとは14度目の対戦で、錦織の7勝6敗。最後に対戦したのは2016年のATPツアー・ファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)で、錦織は逆転負けを喫した。

28歳の錦織は、今年1月に右手首のけがから復帰。RBCテニスチャンピオンシップス・ オブ・ダラス(アメリカ/ダラス、ハード、ATPチャレンジャー)で復帰後初優勝、ツアー復帰戦のニューヨーク・オープン(アメリカ/ニューヨーク、室内ハード、ATP250)ではベスト4へ進出した。

一方、チリッチは今年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で四大大会3度目の決勝進出。R・フェデラー(スイス)に敗れるも準優勝を飾った。

続きを読む

『錦織、王者ナダル、ジョコビッチ、チリッチら16強出揃う<男子テニス>』 ~ 皆さんの反応まとめ

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は18日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク36位の錦織圭や第1シードのR・ナダル(スペイン)らベスト16が出揃った。

この日、錦織はフォアハンドが好調で、世界ランク49位で22歳のD・メドヴェデフ(ロシア)を7-5, 6-2のストレートで破り、2012年以来6年ぶり2度目のベスト16進出を果たした。3回戦では、同62位のA・セッピ(イタリア)と対戦する。

11度目のモンテカルロ・マスターズ制覇を狙う王者ナダルは世界ランク58位のA・ベデネ(スロベニア)に6-1, 6-3で快勝し、危なげなく16強入りを決めた。

第9シードで元世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)は世界ランク39位のB・チョリッチ(クロアチア)に終盤苦戦したが、7-6 (7-2), 7-5のストレート勝ちをおさめた。3回戦では、第5シードのD・ティーム(オーストリア)と顔を合わせる。

その他では第2シードのM・チリッチ(クロアチア)、第11シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)、第14シードのM・ラオニッチ(カナダ)らも3回戦へ駒を進めた。第10シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)、第13シードのF・フォニーニ(イタリア)、第15シードのA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)は2回戦で敗退した。

続きを読む

『誤審と警告に激怒、明らかなアウトも覆らず「何言ってるんだ」<男子テニス>』 ~ ヤフーユーザーの意見まとめ

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は16日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク51位のJ・ドナルドソン(アメリカ)は第15シードのA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)に3-6, 3-6のストレートで敗れた。試合中には審判の誤審にドナルドソンが激怒する場面があった。

第1セットを落とした21歳のドナルドソンが1ブレークダウンで迎えた第2セットの第6ゲーム、ラモス=ヴィノラスのゲームポイントで問題は起きた。

ラモス=ヴィノラスが放ったサービスを主審はインの判定。

これに対し、ドナルドソンはチェックを求めた。そして、インの判定にドナルドソンは抗議し、「何言ってるんだ、マークがここにあるだろ。あなたはマークを示してない、ここにマークがあるだろ!」と会場に響き渡る大きさの声で叫んだ。

その後スーパーバイザーを要求し、試合は中断。スーパーバイザーと3名で協議しても判定が覆ることはなかった。

ビデオで確認すると、サービスはラインからボール1つ分以上離れていることが分かり、明らかな審判の誤審であった。

その後、事態は収拾したかのように思われた矢先に、問題は再び起きた。

主審がドナルドソンの態度に対して警告を発し、これに怒ったドナルドソンは再びスーパーバイザーを要求。「いつでも呼びたい時にスーパーバイザーを呼べるんだよ!」と試合続行を拒否した。

さらに主審とスーパーバイザーへ「(警告は)何に対してだよ?」と理由を求めたドナルドソンは、最後に「あなたの気持ちを傷つけて申し訳なかったね」と皮肉を放った。

判定が覆ることなく敗れたドナルドソンは、主審と挨拶を交わすことなく、後味の悪い終わり方となった。

勝利した世界ランク24位のラモス=ヴィノラスは2回戦で、T・サングレン(アメリカ)とP・コールシュライバー(ドイツ)の勝者と対戦する。

続きを読む

錦織 逆転勝ちで今季クレー初戦白星、世界18位ベルディヒ撃破<男子テニス> 「錦織圭、世界ランク36位、シングルス1回戦」

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は16日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク36位の錦織圭が第12シードで同18位のT・ベルディヒ(チェコ共和国)を4-6, 6-2, 6-1の逆転で破り、今季クレー初戦を白星で飾った。

6年ぶりにモンテカルロ・マスターズの舞台に立った錦織は、この日ベルディヒの強打に押されて第2ゲームでブレークされ、序盤で3ゲーム連取を許す。ベルディヒのサービング・フォー・ザ・セットの第9ゲームではミスを誘い出してブレークバックに成功したが、続く第10ゲームで再びブレークを許し、第1セットを落とす。

第2セットは第5ゲームで先にブレークしたが、その直後に険しい表情の錦織はトレーナーに右手を診てもらうシーンがあった。その後、セットカウント1-1に追いつき、ファイナルセットでは第1ゲームでベルディヒのサービスゲームを破ると主導権を握り、勝利を手にした。

2回戦では、世界ランク49位のD・メドヴェデフ(ロシア)と対戦する。22歳のメドヴェデフは1回戦で同59位のM・フチョビッチ(ハンガリー)を逆転で下しての勝ち上がり。

28歳の錦織は、今年1月に右手首のけがから復帰。RBCテニスチャンピオンシップス・ オブ・ダラス(アメリカ/ダラス、ハード、ATPチャレンジャー)で復帰後初優勝、ツアー復帰戦のニューヨーク・オープン(アメリカ/ニューヨーク、室内ハード、ATP250)ではベスト4へ進出した。

その他の日本勢では世界ランク43位の杉田祐一が同61位のJ・シュトルフ(ドイツ)と1回戦で対戦する。

第1シードは11度目の優勝を狙うR・ナダル(スペイン)、第2シードはM・チリッチ(クロアチア)、第3シードはA・ズベレフ(ドイツ)、第4シードはG・ディミトロフ(ブルガリア)、第5シードはD・ティーム(オーストリア)、第6シードはD・ゴファン(ベルギー)、第7シードはL・プイユ(フランス)、第8シードはP・カレノ=ブスタ(スペイン)。

2度の優勝を誇る元世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)は第9シードで出場。初戦では予選勝者のD・ラヨビッチ(セルビア)と対戦する。

続きを読む

錦織 世界ランク39位へ後退、ナダルは王者返り咲き<男子テニス>【たけし軍団、田南部力、モンスターストライク】

男子テニスの4月2日付ATP世界ランキングが発表され、錦織圭は前回から6つ下げて39位へ後退した。

1日まで行われたマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)で、錦織は3回戦でJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)にストレートで敗れた。昨年の同大会ではベスト8へ進出していた。

31日に錦織は自身のツイッターでT・コキナキス(オーストラリア)との練習動画を公開し、「今はブラテントンにいます。ヨーロッパのクレーシーズンに向けて準備しています」と綴っている。

また、アジア勢ではチョン・ヒョン(韓国)は前回から4つ上げ、自己最高の19位へ浮上した。

トップ10ではR・ナダル(スペイン)がR・フェデラー(スイス)を抜いて1位へ返り咲いた。マイアミ・オープンで「ATPマスターズ1000」初優勝を果たしたJ・イズナー(アメリカ)は前回から8つ上げ、自己最高タイの9位へ浮上した。

続きを読む

錦織、試合当日 風邪による体調不良で棄権 BNPパリバ・オープン<男子テニス> 「出場、第22シード、ツイッター」

男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、 ハード、ATP1000)は11日にツイッターで、第22シードで出場予定だった錦織圭が風邪による体調不良で棄権すると発表した。

ツイッターには「まだ試合に出れるほど強くはない。本当に申し訳ありません。来年戻ってくることを本当に楽しみにしています」 と錦織のコメントが掲載されている。

錦織は初戦で世界ランク47位のL・メイヤー(アルゼンチン)と対戦する予定だった。錦織の代わりに、ラッキールーザーでR・ベーメルマンス(ベルギー)が本戦入りした。

28歳の錦織はBNPパリバ・オープンで2016・2017年にベスト8へ進出していた。

右手首のけがでツアーを離れていた錦織は、今年2月のRBCテニスチャンピオンシップス・ オブ・ダラス(アメリカ/ダラス、室内ハード、ATPチャレンジャー)で復帰後初優勝。ツアー復帰戦のニューヨーク・オープン(アメリカ/ニューヨーク、室内ハード、ATP250)でベスト4進出、アビエルト・ メキシコ・テルセル(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)では1回戦でD・シャポバロフ(カナダ)に敗れた。

その他の日本勢では予選勝者のダニエル太郎が2回戦で第10シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。杉田祐一と西岡良仁は初戦で敗れた。

続きを読む

【速報】錦織 第1セット落とす、ニューヨークOP準々決勝<男子テニス> 『世界ランク91位、錦織圭、第5シード』

男子テニスのニューヨーク・オープン(アメリカ/ニューヨーク、室内ハード、ATP250)は16日、第5シードの錦織圭と世界ランク91位のR・アルボット(モルドバ)のシングルス準々決勝が現在行われており、錦織は第1セットをゲームカウント4-6で落とした。

両者は今回が初の対戦。

今年2月のRBCテニスチャンピオンシップス・ オブ・ダラス(アメリカ/ダラス、室内ハード、ATPチャレンジャー)で復帰後は優勝を飾った錦織は今大会、1回戦で世界ランク232位のN・ルービン(アメリカ)を下してATPツアー復帰戦で勝利。2回戦では同72位のE・ドンスコイ(ロシア)に快勝して8強入りを決めた。

対するアルボットは、2回戦で第3シードのJ・イズナー(アメリカ)をフルセットで下して準々決勝進出を果たした。

続きを読む