芸能ショナイ業務話

『19年演じ続ける沢口靖子、恐るべし「科捜研の女」/芸能ショナイ業務話』 ~ 皆さんの反応まとめ

 テレビ朝日系人気ミステリードラマ「科捜研の女」シリーズが3月15日放送で通算200回を迎える。

 1999年10月にスタート以来、現在シーズン17を数え、現行のドラマでは最長寿シリーズとなる。刑事ドラマの代表格「はぐれ刑事純情派」が持つテレ朝の史上最長連ドラ記録シーズン18超えも夢ではなくなった。

 先日、主演の沢口靖子と共演の内藤剛志を取材した。200回の節目を迎え、会見を行った2人の会話から「科捜研の女」がなぜすごいのかがにじみ出てきた。

 沢口は足かけ19年演じ続ける京都府警科学捜査研究所(科捜研)の法医研究員・榊マリコについて「真実を突き止めるまであきらめない姿勢と思考のスピードの速さ、行動力がすごい」と考察。「ちなみに私はおっとりして慎重派」とにこやかに笑うが、薬品名など膨大な科学用語のセリフを覚える沢口の女優力にも脱帽する。スタッフによると、“科捜研の女”として科学で事件の謎を解き明かす説得力を持たせるため、スター女優はセリフを完璧にたたき込むだけでなく、薬品の効果なども日々、疑問があれば勉強しているという。

 ある意味、19年いろんな方法で難事件を解き明かしてきた沢口は「毎シーズン演じるたびに、科学の進化を感じてきました。ドラマの科学捜査は現実より半歩リードしていると思う」と断言。

 「実際、未来にこういう捜査ができれば、もっと犯罪が減ると思いますし、悪いことをしようとする人がドラマを見たときに『これはヤバいな』と感じて、犯罪抑止にもなってるんじゃないかなという思いはありますね」と主人公と一緒に生きてきたからこその実感を語る。

 マリコと一緒に事件を追う土門薫刑事役の内藤も「DNA鑑定とか(ドラマの)はじめの方はそれほど証拠の力を持ってなかった気がする。でも、どんどん進化して、毎シーズン、『こんなんあるんや』と驚いてます。この進化には終わりがない気がするので、もう悪いことは絶対できなくなる」とニヤリ。

 毎回“あの手この手”で想像もしない科学捜査を繰り広げることに新鮮に驚いてきたが、巧妙なトリックを見破る科学の力は犯罪抑止にもつながっているのでは、と声をそろえる俳優陣の言葉に“なるほど!”とひざを打つ思いだった。

 マリコがよく発する「科学は嘘をつかない」という名セリフは、悪をこらしめる現代の水戸黄門の印籠のような気がした。(記者のきもち)

続きを読む

ガッキー、ブルーリボン賞新人賞から10年目の進化/芸能ショナイ業務話 『ユースケ・サンタマリア、助演男優賞、鳥たち』

 先日、第60回ブルーリボン賞の受賞者&作品が発表された。

 主演男優賞に阿部サダヲ(対象作=彼女がその名を知らない鳥たち)、助演男優賞にユースケ・サンタマリア(同=あゝ、荒野、泥棒役者)、助演女優賞に斉藤由貴(同=三度目の殺人)、新人賞に石橋静河(同=映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ)が決まり、作品賞は「あゝ、荒野」、外国作品賞は「ドリーム」、監督賞は白石和彌監督(同=彼女がその名を知らない鳥たち)が受賞した。

 その中、「ミックス。」で主演女優賞に輝いた新垣結衣。「恋空」などで、2007年度のブルーリボンなど各賞の新人賞を総ナメにしてからちょうど10年での栄冠となった。「え、本当ですか?と思いました。重みを感じます」。少し照れくさそうに、優しくほほえんだ。

 “かわいいだけのガッキー”から、観衆をとりこにする演技を魅せる女優に成長した。「10年はアッという間でした。自分で想像した以上に作品をやらせてもらっているなとか、あれはまだ10代だったなとか。中身が詰まって、色々な経験をさせてもらえています」。その言葉の裏に、新垣の成長がある。

 役に入りこみ、キラキラと輝かせる能力は抜群だ。恋にも仕事にも破れ、もう一度立ち上がろうとする元天才卓球少女を演じた「ミックス。」をはじめ、新垣はブームを巻き起こした「逃げるは恥だが役に立つ」など懸命に生きる役柄が多い。

 「何かを乗り越えるストーリーが多い気がしますね。だからこそ、私もとにかく全力を尽くそうと心がけています」

 以前は他力だった演技が、作品の顔を張るようになり、自覚や責任感が増した。「特にきっかけはないですけど…(笑)。どの作品も、1ミリでもいいから(自分が)成長した、と思いたい」。

 同作では、コメディエンヌとしての株も上げた。6月には30歳になるガッキー。次は、どんな役を等身大で演じてくれるのか。楽しみでならない。(やんばる)

続きを読む