苦悩

『「MLB史上最大の失敗作」のレッテルも? 全米ドラフト1位右腕が苦悩の決断』 ~ みんなの感想まとめ

 大きな注目を浴びるドラフト1位指名選手。その年のナンバー1ルーキーの称号であり、チームもファンもスター選手へと育つことを期待する。しかしアマチュア時代の評価が「1位」でもプロで成功するとは限らない。日本球界でドラ1選手が開花しなかった例が少なくないように、アメリカでも期待が実らないケースはある。

 現地時間2月1日(日本時間2日)、かつて大きな期待を寄せられた投手が野球から離れることを決断したと報じられた。複数の米メディアがレポートしたのは、フィリーズ傘下に所属していた右腕マーク・アペル。2013年のドラフト1巡目(全体1位)でアストロズから指名された26歳だ。

「なぜ、おそらくMLB史上最大の失敗作であるマーク・アペルは26歳で身を引くのか」と題して特集したのは米スポーツ専門サイト「ブリーチャー・ リポート」。記事では、同選手が鳴り物入りで地元のアストロズに入団したこと、スカウトたちはすぐにMLB昇格を果たすと予想していたこと、しかし結果を残せずに2015年にフィリーズにトレードで移籍したことなどを紹介。そしてこのほど、アペルは記事の中でプロ野球から「無期限の休養を取る」と語っている。

 プロのキャリアを通じて負傷や手術に苦しんだという右腕は記事の中で「ここ4年間は自分自身との闘いだった」と苦悩を滲ませ、「チームの中で、自分が一番のお荷物投手だった時もあった。2014年は、たぶんプロの野球界における最低の投手だったかもしれない」と振り返っている。

続きを読む