話題

『後ろ後ろ!吉岡里帆&中村アン、背後の“写り込み”が話題に…』 ~ みんなの感想まとめ

 モデル・女優の中村アンが13日、Instagramで公開した写真が話題を呼んでいる。放送中のドラマ「きみが心に棲みついた」で共演する吉岡里帆との笑顔のツーショット写真なのだが、ファンからはその背後に写り込む俳優・桐谷健太の姿が「気になってしまう」との声が相次いでいる。

 中村は、ドラマ放送の告知と共に、同写真を投稿。中村と吉岡の美女コンビがギュッと寄り添ったツーショット(スリーショット?)には、「美しすぎます」「可愛すぎる」といった称賛や、「ドラマ毎週観ています」というコメントが続々と寄せられた。

続きを読む

『また若返ってしまった! ほしのあき、若槻千夏との2ショットが「20代に見える」と話題に』 ~ 皆さんの反応まとめ

 タレントの若槻千夏さんが2月13日、タレントのほしのあきさんとの2ショットをInstagramで公開し、実年齢より若く見える姿に注目が集まっています。10代と言われても人によっては信じるレベル。

 表参道でほしのさんとタレントの東原亜希さんとたまたま遭遇したという若槻さんは、ほしのさんと満面の笑みで自撮りした2ショットを2枚公開。2人とも子どもがいるとは思えないほど若く、ぱっつんにした前髪はおそろい。2枚目では2人ともピースサインでノリがよさそうなテンションを感じさせます。なお東原さんとの写真は撮り忘れてしまったもようです。オトナのドジっ子属性かわいい。

 現在40歳のほしのさんは2012年から芸能活動を休止していますが、仲の良い友人のSNSなどに登場することも多く、その都度若々しい容姿が話題に。2017年に吉川ひなのさんのInstagramに登場したときには、首を傾げて少女の面影が残るようなほほえみをカメラに向けてファンを沸き立たせていました。

 この写真にファンからは「本当に若い! 可愛い」「若くなっていく! 20代に見える」など衰えるどころか若返っていくママ2人を称賛するコメントが寄せられています。この若々しさほしーの!

続きを読む

『平野&ホワイト異次元の戦い“例えるなら…”が話題「人類最強と神様」「ホワイトは羽生永世7冠」』 ~ ヤフーユーザーの意見まとめ

 ◇平昌冬季五輪 スノーボード男子ハープパイプ決勝(2018年2月14日)

 平昌五輪は14日、スノーボードの男子ハーフパイプ(HP)決勝が行われ、平野歩夢(19=木下グループ)が2回目で95・25点をマークし、2大会連続で銀メダルを獲得した。最大のライバルである最終滑走のショーン・ホワイト(31=米国)が最終試技で97・75点をマークし逆転。金メダルを獲得した。

 平野は2回目の試技で、軸をずらしながら縦に2回転、横に4回転する大技「ダブルコーク1440」の連続技に五輪史上初めて成功し、95・25点をマークしたが、ホワイトが最終滑走となった3回目の試技で「ダブルコーク1440」を決め返して97・75点で逆転。最高難度の技で世界中を魅了した。

 SNSでも異次元の戦いに注目が集まった。2人の関係について「平野歩夢は人類最強、ショーン・ホワイトは神様」「漫画ワンピースなら平野が主人公ルフィで、ホワイトが海賊王ゴールドロジャー」「ショーンは将棋界でいうなら羽生善治永世7冠」「F1ならミハエル・シューマッハ」など“例え話”で盛り上がった。

続きを読む

『「次は3人で撮って」 森進一、ワンオクTakaに続き「MY FIRST STORY」Hiroとの親子ショットが話題に』 ~ 皆さんの反応まとめ

 歌手の森進一さんが2月12日、息子のHiroがボーカルを務めるロックバンド「MY FIRST STORY」との写真などをInstagramで披露し、それぞれの道を行く息子たちを温かく見守る姿がすてきだと反響を呼んでいます。

 長男でロックバンド「ONE OK ROCK」のボーカル、Takaさんの勧めで2018年にInstagramを開設した森さんは、ベッキーさんのアドバイスを受けながらInstagramを楽しんでいるようで、1月末にはONE OK ROCKのアジアツアーに足を運び、ライブ前のTakaさんらと肩を寄せ合う仲むつまじい姿を投稿しファンを喜ばせていました。

 最初の投稿を含めTakaさんとの写真は幾つか投稿されていますが、森さんのInstagramには初登場となったHiroさんは、森さんの三男で現在24歳。2011年に結成したロックバンド「MY FIRST STORY」のボーカルを務めるHiroさんを中心にメンバーと並んだ写真で森さんは手のひらを内側に向けた“裏ピース”をみせるなどオシャレな姿を見せており、「ヒロも頑張ってまーす!」とコメントを添えています。

 HiroさんはMY FIRST STORYが2016年に開催したライブツアーで「人生で最初で最期の敵、5年前必ず超えると誓った、実の兄――ONE OK ROCKだ」など兄弟間の複雑な心境を語ったこともありますが、父親である森さんからみればどちらもかわいい息子たち。「ヒロ“も”」という言葉にはそんな親心も垣間見えるようです。

 写真では森さんとHiroさんのみサングラスを付けていますが、別に投稿されたHiroさんとの親子2ショットでは、「サングラスは寛樹から古希祝い」のコメント。サングラスの奥からのぞく森さんの柔らかなまなざしはそのうれしさもあったのかもしれません。

 一連の投稿には、「息子さんとそっくりでカッコイイ」「本当に最高な息子さん達とそれを応援できる最高すぎるパパさん」「メンバーに溶け込みすぎな進一パパ」などの声の他、「次は3人で撮ってくれたら嬉しい」「もー家族4人でライブとかしてほしい」と親子勢ぞろいの写真を夢見る声も上がっています。

続きを読む

『現役看護師コスプレイヤー・桃月なしこ、テレビ初出演でその美人ぶりが話題に』 ~ 皆さんの反応まとめ

 現役看護師で人気コスプレイヤーの桃月なしこが、11日放送の『林先生が驚く 初耳学』(毎日放送)で「超美人の初耳ピーポー」としてテレビ初出演を果たした。

 桃月なしこは、看護師を本業とする愛知県の超有名コスプレイヤー。あまりの評判に一般人でありながら『ヤングマガジン』の巻末グラビアを飾ってしまった。番組では桃月が東京へと引っ越す様子や、職場でのまじめな仕事ぶり、コスプレ活動等にカメラが密着。看護師について「やりがいのある大好きな仕事なので一生続けていきたい」と語る姿も紹介された。

 初めてテレビにVTR出演することについて「まさかテレビに出る機会がいただけるだなんて思ってもいなかったです」と驚き、「今回をきっかけに、私のことを少しでも多くの方に知ってもらえたら嬉しいです」と前向き。「最初はすごく緊張して、自分でも何言ってるのかわからないくらいでしたが、何日か密着みたいな感じでスタッフの方と一緒に居て、そしたらスタッフの方々のおかげで段々と楽しさが勝って、いつの間にか緊張も解けていました。スタッフの方々の真剣さやクリエイティブが凄くて、私も集中して初めての収録を終えることができました」と、短いVTRながら、真摯に取材に協力したようだ。

 東京でのグラビア活動のために、地元愛知から引っ越しをする様子も紹介されたが、現在は上京して約2週間ほどの桃月。「慣れない一人暮らし、慣れない東京生活で、戸惑うことばかりです。以前は病院の寮で生活していましたが、車で30分走れば実家に帰れたので、しっかりと親元を離れたのは今回が初めてで。家族が大好きなので毎日寂しい思いをしていますが、頑張っている姿を見せたいので、日々仕事に励んでいます」と語る。

 雑誌グラビアを飾ったことへの反響を聞くと、「今まで肌の露出をほとんどしてなかったため、世に出るのがとても不安でしたが、多くの方に褒めてもらえ、またヤンマガきっかけで私のことを知ってくれた方が増えてすごく嬉しかったです」と喜んでいる。

 そもそも看護師になった理由はと言えば「資格を持っていれば就職先に困らないなと思ったのと、職業を聞かれた時に看護師ですって答えられたらかっこいいと思って(笑)」と冗談めかして言うが、「最近病院を転院して科が変わり、仕事も全て一から覚えなければいけないため大変ですが、患者さんにありがとうと言ってもらえるので、とてもやりがいを感じています」と、まじめに打ち込んでいる。そして「看護師の仕事も芸能の仕事もやりがいがあって楽しいので、どちらも全力で頑張っていきたいです」と目標を語った。

■桃月なしこプロフィール
1995年11月8日生まれ、愛知県出身
身長160cm B:84・W:60・H:83
職業 現役看護師・コスプレイヤー

続きを読む

団体SPで日本ペアが使用した曲、ネットで話題 《木下ク、木原龍一組、みう》

 9日に行われた平昌五輪のフィギュアスケート団体ショートプラグラム(SP)で、ペアの須崎海羽(みう)、木原龍一組(木下ク)が使用した楽曲「Yuri on ICE」がインターネット上で話題になっている。

 使用した音楽は、フィギュアをテーマにしたアニメ「ユーリ!!! on ICE」の劇中曲。グランプリファイナル優勝を目指すフィギュア選手の主人公、勝生勇利(かつきゆうり)が演技に使用した。アニメは国内外の選手にファンが多く、世界選手権2連覇中のエフゲニア・メドベージェワ選手(ロシア)もコスプレを披露している。

 この曲が五輪の舞台で流れると、「アニメの世界観そのままで感動した」「ユーリの音楽が世界に流れた」などと多くのコメントが寄せられていた。

続きを読む

KABA.ちゃん 整形×4 ネット上でも話題に…完成は今年中?! 「タレント、女性、男性」

 2016年8月に戸籍上の性別を男性から女性に変更したタレントのKABA.ちゃんが6日深夜、日本テレビ系で放送された「うちのガヤがすみません!」(火曜、後11・59)に出演。整形を4回繰り返していることが明かされた。

 IKKOとともにゲスト出演したKABA.ちゃん。16年3月に受けた性別適合手術の前後に、小顔にするためにアゴを削り、頬骨を寄せ、目や鼻、唇、豊胸手術など「完璧な女性」を目指し、整形手術を重ねてきた。

 この日の番組では1年半前に比べ、目や鼻、唇などかなり顔の印象は変わっており、画面には「整形×4」と表示された。MCのフットボールアワー・後藤輝基が「どんどん美を追究してるんでしょ。カスタムに次ぐカスタム。最近もやられてる…」と水を向けると、「最近、噛み合わせの…」と答えた。

 後藤が「自分の理想の完成はいつぐらい?」と聞くと、「2018年中にはなんとかしたいんですけど」と話していた。

 ネット上ではKABA.ちゃんの“激変”ぶりに驚きの声が相次いでいた。

続きを読む

菊地亜美、結婚発表日の出演番組が話題に「なぜ菊地と菊池があるの?」 「同日放送、菊地亜美、タレント」

 1日に5歳年上の一般男性と結婚したタレントの菊地亜美(27)が、同日放送のNHK「人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ!」(木曜後7・30)に出演した。

 この日の放送では「日本にはなぜ“菊地”と“菊池”があるの?」と「きくち」について特集した。九州地方にいた平安時代の豪族「菊池則隆」が初めて「きくち」を名字にした人。元は藤原と名乗っていたが、移り住んだ場所に「菊之池」という池があり、平安時代に長寿を象徴する花として宮中で珍重されていた菊が池の周りに咲き誇る風景に感動して「菊池」を名乗るようになったという。

 その後、南北朝時代の戦で南朝側についた菊池一族は、九州から各地に離散。九州から遠い東北地方に多数移り住んだ。戦に負けたため菊池を名乗るのははばかれたが、一族の誇りを失わぬために“つちへん”の「菊地」が誕生したといわれている。

 菊地亜美は「私は“つちへん”の菊地ですが、つちへんは根が明るい人が多い」と持論を展開し笑いを誘ったが、ネットでは「亜美ちゃん、結婚発表の日に菊地姓の番組出てる(笑い)」「夫婦別姓かもしれないけど、菊地じゃなくなる日に…」「お相手が“さんずい”の菊池だったらウケる」と結婚を祝福しつつも菊地姓をイジる声が集まった。

続きを読む