迷惑

貴闘力 三男納谷への迷惑は「どうでもいい」…辛坊治郎アナ「相撲協会批判すると」 「相撲界入り、相撲、納谷」

 元関脇の貴闘力(50)が18日、読売テレビ「そこまで言って委員会NP」(後1・30)に出演し、三男の納谷が相撲界入りしたことを辛坊治郎アナウンサーから祝福された。辛坊アナが、番組に出演して相撲協会を批判すると納谷に迷惑がかかるのではと尋ねると、貴闘力は「そんなことはどうでもいいです」と開き直った。

 番組では貴闘力は「現役時代、二子山部屋で貴乃花親方とけいこに励んだ」と紹介。「引退後に野球賭博への関与が判明し、相撲協会から解雇された」とも付け加えられた。

 ゲスト出演した貴闘力に辛坊アナは「息子さんの納谷、相撲界入りおめでとうございます」と祝福。貴闘力は「ありがとうございます」と頭を下げた。辛坊アナはさらに「しかし、ほとんどの報道が貴闘力さんの息子じゃなくて、大鵬さんの孫として…」と指摘した。

 貴闘力は「そりゃそうです。そういうふうにしてもらった方が俺もありがたいから」と不服はないと訴えた。辛坊アナが「うれしいですか」と質問。貴闘力は「うれしいです」と答えたものの、「俺があんまり出しゃばって出るなって言われてますから」とも述べた。

 辛坊アナはなおも「こういうとこに出てきて、相撲協会の批判をしたら息子さんに迷惑がかかるとかは…」と尋ねた。貴闘力は「かかるだろうって言われてますけど、そこんとこはまあ、どうでもいいです」と開き直った。

続きを読む