金メダル

「金メダルは名誉、でも生き方が大事」 小平が会見【バンダイ、みんなの株式、クサギカメムシ】

 平昌五輪のスピードスケート女子500メートルで金メダルに輝いた小平奈緒(相沢病院)が19日、平昌で記者会見に臨んだ。所属先の相沢病院や銀メダルの李相花との友情について語ったほか、フィギュアスケート男子で連覇した羽生結弦選手から「勇気をもらった」とも述べた。主な一問一答は次の通り。

 ――今のお気持ちは。

 「そうですね、500メートルのメダルセレモニーはまだなのですが、私の夢に描いていたもので、うれしい気持ちでいっぱいです」

 ――ご家族と話をしましたか?

 「まだ連絡は取っていません。昨夜レースが終わってドーピング検査を終えて宿に帰ってきたのが12時過ぎで、今朝も早かったので」

 ――どういうことを伝えたい?

 「よかった時も悪かった時も、認めてくれたことを感謝したいと思っています」

 ――早く金メダルには触れたいですか?

 「金メダルをもらうのは名誉なことですが、どういう人生を生きていくかが大事になると思う。メダルという形は周りの皆さんにとって、私が戦ってきた証しなので、見ていただきたいという思いが強いです」

 ――お父さんが「人間形成は周囲の人々のお陰」と言っていました。相沢病院に一言お願いします。

 「私は本当に人に恵まれた人生だったと思っています。相沢病院との出会いは必然であり偶然。本当に苦しい時も、成績よりも私の夢を応援してくれた。患者さんや職員の方々で喜びを分かち合えればと思っています」

 ――韓国の李相花選手との友情を、改めて教えてください。

 「彼女は本当に、ワールドカップの時から仲良くしてもらって、スケートに対する思いは素晴らしいものを持っていて、学ばせてもらいました。私がだめで彼女が優勝したときに、私は滑走後のクーリングダウンで泣いていて、彼女は一緒に泣いてくれたので、私も気持ちに寄り添いたいなと思いましたし、彼女のお陰で次のステップに進めることがあったので、彼女との友情は深まってきたのかなと思います」

 ――(今年1月に亡くなった)住吉都選手への思いがあったら教えてください。

 「(目を赤くしながら)正直、彼女のことは何度も何度も思い出すことが多くて、やっぱり考えないようにしていても、常に頭に浮かんでしまっていたので。それでも主将として、レースに集中して臨まなければいけないと考えていました。これは言っていいか分からないですが、住吉選手が『奈緒が金を取ったら私が取ったのと同じ』と言っていて、救われたような思いだったのですが、こうやって金メダルを取ることができて、本当は本人に報告したかったのですが、できないのは残念だと思います」

 ――(海外メディアから)五輪は選手の物語が現れる場だと思います。他国の選手との友情や、国を代表する誇りなどがあります。それぞれについて、どう思っていますか?

 「そうですね。国に対しての誇りは、やはり日本でスポーツの専門家がたくさんいたり、独特の知恵で高めようとしているところに日本らしさがあると思っています。それは日本人の勤勉さのようなところには誇りを持っています。また、他国の選手とは、スポーツは言葉のいらないコミュニケーションだと思っています。世界の人たちの心を動かしますし、競い合って高め合っていく中で、スポーツの究極の姿が人々を動かすと思うので。競い合うことも大事なんですけど、国の文化や言葉を知ることで、さらにスポーツの楽しさが増すといいますか。他の国の選手はどんな思いを持っているのか、どんな文化を持っているのか知ることは、その競技を高めるために必要だと思っています」

 ――今回の五輪、どんなアプローチがあったから金メダルを取れたと思いますか?

 「やはり大学1年生から結城匡啓先生、チームメートと積み上げてきたものが鍵になったと思います。気づきや発見をしっかり共有しながら、お互いにいいところ、悪いところを指摘しながら自分たちの発見を伸ばしてきたというか。そういったところがつながったのかと思います」

 ――(メダルを取れない)主将のジンクスもありました。どのように主将を受け入れましたか?

 「正直、主将の打診を受けた時には恥ずかしがり屋ですし、人前に出るのは苦手なので、金メダルを取れないという話も聞いていたんですけど、先生に説得されて、『奈緒にしかできない』と言ってもらえた。将来に生きてくることを納得できたので、その後はジンクスはあまり気にせず、気にならないぐらいやるべきことに集中できたと思う。自分自身の競技を終えて、チームの応援に回りたいと思っている。男子500メートルを応援しに行きたいと思っています」

 ――ノートに記録していると聞きました。どんなことを記録しましたか?

 「まだ書いていません。滑りのビデオを振り返りで見ていたんですけど、まだ書いていません。これからゆっくり振り返りたいと思っています。1500、1000メートルの学びは多くて、500メートルに向けて修正しなければいけない点は、1000メートルで得ることができたので。ノートに書いて次の挑戦につなげたいと考えています」

続きを読む

『村主章枝さん 羽生が金メダル獲得したポイントにスケートシューズの軽量化』 ~ みんなの感想まとめ

 冬季五輪に2度出場した元フィギュアスケーターの村主章枝さん(37)が18日、TBS系「サンデージャポン」に出演し、平昌五輪フィギュア男子で羽生結弦が金メダルをとれたポイントの1つに「スケートシューズの進化」をあげた。

 村主さんはシューズが進化した点について、「底に使われているもの」と指摘。自身が使っていた古いタイプのシューズを持参し、底が皮革製であることを示した。村主さんは「羽生選手のものはカーボンです。靴の部分も私の時代は皮だけだった。羽生選手たちはプラスチックが入っている。皮は重い。私のものだと靴だけで片方が800グラム。エッジの重さは含んでいないので両方で1・6キロ以上です」と語った。

 村主さんは「羽生選手の軽量化されたものは300とか400グラムなので、500グラム近く軽くなっている。両足で1キロくらい軽くなっている」と解説した。

 出演した杉村太蔵が、「人類は何回転できるのか」と質問。村主さんは「5回転できると言われています」と答えた。村主さんは、フィギュアスケート女子の1992年アルベールビル五輪銀メダリストの伊藤みどりさんの名前をあげ、「伊藤みどりさんは私より前の世代なのでもっと重い。それでも今の方たちと同じくらいの高さを跳んでいた。今の靴をはいたら5回転…」と先輩の偉大さをたたえることを忘れなかった。

続きを読む

「くまのプーさん」も味方に 羽生と金メダルを争うチェン 《なか、激しい金メダル争い、羽生結弦》

【AFP=時事】平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子に出場するネイサン・チェン(Nathan Chen、米国)は15日、羽生結弦(Yuzuru Hanyu)との激しい金メダル争いが予想されるなか、たくさんの「くまのプーさん(Winnie-the-Pooh)」がリンクに投げ込まれる時間を有効活用すると語った。

 16日に行われる男子シングル・ショートプログラム(SP)の滑走順抽選で、羽生の直後に滑ることが決まった18歳のチェンは会見に臨み、「ユヅ(羽生)の次に滑ったことは何度かある。プーさんが観客席から雨のように降り注ぐ間、自分にできることは準備をしておくことだけ。ぬいぐるみが片づけられる間、準備の時間が増えるのは良いことだ」とコメントした。

「滑走順についてはそのまま受け止めるし、以前にも彼の次に滑って良いスケートができた。彼が滑った直後は、いつも観客が熱狂しているから、それを有効活用するつもりだ」と話したチェンはまた、平昌五輪で最大のライバルとなる羽生が、重傷に見舞われた昨年11月から久しぶりに復帰を果たしたことを喜んでいる。

 昨シーズンでは、羽生との直接対決を制して優勝した経験を持つ唯一のスケーターであるチェンは、「ユヅが練習に戻ってきてくれて最高にうれしい。ハビエル(・フェルナンデス〈Javier Fernandez、スペイン〉)、ショウマ(宇野昌磨〈Shoma Uno〉)、ボーヤン(金博洋〈Boyang Jin、ジン・ボーヤン、中国〉)たちが一緒にそろった途端、全体的に雰囲気が高揚して全員の気合が増した」と明かした。

「氷上でのユヅルの存在感は圧倒的だ。それが自分たちを鼓舞し、気合を入れてくれる。彼には本当に刺激を受けているし、この数年間は新しい4回転や、新たな挑戦、そして別のレイアウトを出すモチベーションになっている」

 米国が銅メダルに輝いた団体戦の男子シングルSPで緊張感をみせ、ミスを連発してしまったチェンは、16日にリンクに上がることが待ちきれない様子で、「団体戦に続いて、もう一つメダルがほしい。団体戦が自分のモチベーションになっているし、個人戦でももらえるように願っている」と話した。【翻訳編集】 AFPBB News

続きを読む

辻希美、長女から金メダル「10年間育ててくれてありがとう」2分の1成人式で 《半分、一成人式、二分》

 元「モーニング娘」の辻希美(30)が15日夜、自身のインスタグラムを更新し、長女の希空(のあ)さん(10)が「二分の一成人式」を行ったことを報告した。

 「二分の一成人式」とは成人の半分の年齢である10歳を迎えたことを記念する行事で、近年は多くの学校で行われている。

 辻は「今日はnoaの二分の一成人式でした」とコメントし、希空さんとのツーショットと「パパ・ママ 10年間育ててくれてありがとう」との文字が入った金色のメダルの写真を掲載。ハッシュタグでは「noa」「ありがとう」「愛してるよ」とつづった。

 また、ブログでも「二分の一成人式のお祝いでnoaに何食べたいって聞いたら『回転寿司行きたい』って事で最近駅に新しくできた、がってん寿司に」とつづり、お寿司を食べてお祝いしたことを明かしていた。

続きを読む

金メダル宣言したが…渡部暁「完敗かな」 「僕、独、エリック・フレンツェル」

 ノルディックスキー複合個人ノーマルヒル(NH)で2大会連続の銀メダルに輝いた渡部暁斗(北野建設)は、優勝を争ったエリック・フレンツェル(独)について、「僕も行くつもりでいたが、彼のほうがスピードがあった。完敗かな」と振り返った。

 「今回は金メダルをとると宣言しているので、気持ちを切らさず、頭を切り替えて、ラージヒルと団体でベストを尽くしたい」と意気込みを語った。

続きを読む

暁斗「金メダル第1号になれれば」複合個人NH公式練習でも順調 《山元豪、渡部善斗、ほか》

 ノルディックスキー複合個人ノーマルヒルの出場選手が13日に発表され、日本はソチ冬季五輪銀メダルの渡部暁斗(29=北野建設)のほか、渡部善斗(26=北野建設)山元豪(23=ダイチ)永井秀昭(34=岐阜日野自動車)で臨むことになった。渡部剛弘(24=ガリウム)が外れた。

 13日には公式練習が行われ、ジャンプは強風のため中断を挟みながら実施。3回目に102・5メートルを飛んで全体2位と、順調な仕上がりをアピール。「日本チームにいい流れが来ている。それに僕も乗っていけるようにしたい。まだ金メダルを獲っている人がいないので、第1号になれれば」と語った。

 今季はW杯でシーズン自己最多の5勝をマークし、個人総合は首位。これまでW杯個人総合は2位3度。14年ソチ五輪でも個人ノーマルヒルで銀とあり、悲願の金メダルへの思いも強い。

 鍵は前半飛躍の出来。この日も風が荒れ、条件の当たり外れが大きかっただけに「(影響が)ないとは言い切れない」と苦笑しつつ「いいジャンプをすれば、それなりの位置につけられる」と自信をのぞかせた。

 個人ノーマルヒルは14日午後3時から前半飛躍、同5時45分から後半距離(10キロ)が行われる。

続きを読む

金メダル最有力、スピードスケート高木姉妹。五輪同時出場までの“光と影”の歴史 「団体、女子チームパシュート、スピードスケート・ワールドカップ」

平昌五輪・女子スピードスケート代表、高木菜那・美帆姉妹。彼女たちは、去年11月から12月にかけ、スピードスケート・ワールドカップの女子チームパシュート(団体追い抜き)で、なんと3度にわたって世界新記録を叩き出した。

この種目は1チーム3人で構成され、2つのチームがメインストレートとバックストレートの中央から対極に分かれ同時にスタート。女子はコースを6周(男子は8周)し、3人目の選手がゴールしたタイムが速い方の勝利。2006年のトリノ大会から五輪で採用されている。

現在、このチームパシュート日本代表メンバーは、佐藤綾乃、菊池彩花、そして高木菜那・美帆姉妹の4人。なかでも高木姉妹は、3度の世界新記録レースの全てに出場するという、正に日本チームの屋台骨となっているのだ。

まもなく開幕する平昌五輪の金メダル最有力候補と目されている彼女たち。だが、ここまでの8年間、2人は互いにオリンピックの“光と影”を経験していた。

続きを読む