錦織

『錦織、完全復活は「すぐそこ」 今週ナダルと再戦の可能性<男子テニス>』 ~ ヤフーユーザーの意見まとめ

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は22日、シングルス決勝が行われ、錦織圭は第1シードのR・ナダル(スペイン)に3-6, 2-6のストレートで敗れ、四大大会に次ぐグレードの「ATPマスターズ1000」初優勝とはならなかった。

28歳の錦織は今大会、1回戦で第12シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)、2回戦でD・メドヴェデフ(ロシア)、3回戦でA・セッピ(イタリア)、準々決勝で第2シードのM・チリッチ(クロアチア)、準決勝で第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)を破り、2016年のロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)以来4度目の「ATPマスターズ1000」決勝へ進出した。

決勝では、クレーの絶対王者ナダルと対戦。序盤から両者譲らぬ展開となる中、先にブレークに成功したのは錦織だったが、そこからナダルの猛攻を許して1時間33分で敗れた。

男子プロテニス協会のATPは22日に公式サイトで、錦織のコメントを掲載。

大会を振り返った錦織は「今週はいいプレーができた。(トップレベルは)もうすぐそこだと思う。素晴らしい1週間だった。ここで決勝進出できてとても嬉しい。」

「ナダルは全てのボールを返すから、自分の調子を維持するのは難しいと分かっていた。ワンブレークアップでもタフになることは分かっていた。ガス欠状態だった、特に第2セットは。ナダルは素晴らしいテニスをしていた」とコメント。

右手首の状態については「(右手首とは)うまく向き合えていた。もしかしたら、自分の体、特に足が今日はとても重かった。3セットマッチを強力な選手たちと3日連続で戦うのは肉体的に簡単ではなかった。手首は毎週チェックしなければいけない。まだ100パーセントではない、毎週ケアしている」と明かした。

錦織は23日に発表の世界ランキングで22位に浮上。バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー 、ATP500)に第14シードで出場しており、順当に勝ち上がると3回戦でナダルと再び顔を合わせる組み合わせとなっている。

続きを読む

決勝で錦織と激突するナダル、絶対的な優勝候補との声一蹴 《Rafae、ラファエル・ナダル、大会第1シード》

【AFP=時事】男子テニス、モンテカルロ・マスターズ(Monte-Carlo Rolex Masters 2018)は21日、シングルス準決勝が行われ、大会第1シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal、スペイン)は6-4、6-1で第4シードのグリゴール・ディミトロフ(Grigor Dimitrov、ブルガリア)に勝利し、錦織圭(Kei Nishikori)との決勝に駒を進めた。ナダルは試合後、自身が絶対的な優勝候補だとは考えていないと話している。

 これが大会12回目の決勝進出となった31歳のナダルは、ロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)を抑えて世界ランキング1位を維持するには、今大会で11度目の優勝を果たすことが絶対条件となるが、アレクサンダー・ズベレフ(Alexander Zverev、ドイツ)を破って決勝に勝ち進んできた錦織に対し、下馬評では圧倒的に有利だとみられている。

 それでもナダルは「自分が優勝候補だとか、そうじゃないとかいった話にはあまり興味がない。コートに出たら全力を尽くすだけだ。自分は勝ちたい。そこに優勝候補とか、そうじゃないとかは関係ない」と話した。

 試合は第1セットは接戦だったものの、終始優勢に進めたナダルが第2セットをわずか30分で一気に奪い、ディミトロフとの12回の直接対決で11勝目を挙げた。

 敗れたディミトロフは「クレーのナダルはすごく強い。それだけの単純な話だ。戦術面でも、他のすべての面でもね。多くの選手はおそらく彼ほど体が強くないし、そういう選手にとって、ナダルのプレーはすごく厳しい」と話した。

 22日の決勝では、ナダルにとって通算31回目のマスターズ1000(ATP World Tour Masters 1000)制覇に加え、クレーでの連続獲得セット34の更新、そして大会3連覇がかかっている。

 ナダルは「12回の決勝進出と言われてもなかなか実感の湧かない話で、優勝10回も同じように実感しづらい。このスポーツでは、立ち止まって何が起こったとか、起こらなかったとか考える時間が選手にあまりないんだ。引退したら、自分がどれだけ難しいことをやってきたかをじっくり考える時間ができるのだろう」と話した。【翻訳編集】 AFPBB News

続きを読む

『【速報】錦織、ズベレフを破り決勝の舞台へ。ナダルとマスターズ初優勝をかけて対戦[男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 モンテカルロ]』 ~ みんなの感想まとめ

「男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 モンテカルロ」(モナコ・モンテカルロ/4月15~22日/クレーコート)の7日目、シングルス準決勝で錦織圭(日本/日清食品)と第3シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が対戦。3-6、6-3、6-4で錦織がフルセットの末に勝利し、決勝進出を果たした。試合時間は2時間13分。

第2セットを取り返した錦織は、第3セットでも継続していきたいところだが、自身のミスによって第1ゲームでズベレフにブレークポイントを握られてしまう。しかし、ここをしのいだ錦織は、続く第2ゲームでジャンプボレーのフォームからのドロップショットという、トリッキーな技を決めて逆にブレークポイントを握る。残念ながらブレークには至らなかったが、お互い気迫のこもったプレーが続く。

第7ゲーム、デュースに追い込まれた錦織のコードボールに対応したズベレフにブレークポイントが訪れる。しかし、直後にドロップショットを決めてここをしのぎ、キープする。

ゲームカウント5-4で迎えた第10ゲーム、錦織は長いラリーを制して1ポイントを先取すると、ズベレフのリターンがアウトになって0-30とリードする。その後、ズベレフに連続でポイントを奪われて40-30とされたが、錦織も粘ってデュースに持ち込む。錦織はズベレフとのネットプレーを制してアドバンテージを取ると、続くズベレフのリターンが大きくコートの外へ浮き、錦織の勝利が決まった。

勝利した錦織は、先に行われた準決勝第1試合でグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)を倒した第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)と対戦する。決勝は、日本時間の22日、夜に行われる予定。

(テニスデイリー編集部)

※写真はズベレフを倒して決勝進出を果たした錦織圭
(Photo by Julian Finney/Getty Images)

続きを読む

錦織4強「タフな試合」制す、準決勝は世界4位ズベレフ<男子テニス> 「第2シード、錦織圭、世界ランク36位」

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は20日、シングルス準々決勝が行われ、世界ランク36位の錦織圭が第2シードのM・チリッチ(クロアチア)を6-4, 6-7 (1-7), 6-3のフルセットで下し、2016年7月のロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)以来 約1年9カ月ぶりの「ATPマスターズ1000」ベスト4進出を果たした。

この日、好調のバックハンドを軸にポイントを重ねた錦織は1ブレークを守って第1セットを先取。錦織のサービング・フォー・ザ・マッチで迎えた第2セットの第10ゲームでは3本のマッチポイントを握ったが、驚異的な粘りを見せるチリッチにブレークを許すと、最後はタイブレークを落としてセットカウント1-1に追いつかれる。

迎えたファイナルセット、ダブルフォルトなどミスが先行したチリッチの一瞬の隙をついた錦織が第8ゲームで先にブレークに成功。直後の第9ゲームで危なげなくサービスをキープし、2時間55分の激闘に終止符を打った。

試合後に自身の公式アプリ「KEI NISHIKORI」へ動画を投稿した錦織は「タフな試合でしたけど、徐々に調子も上がっているので、また明日も頑張りたいと思います」とコメントした。

準々決勝では第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)と顔を合わせる。両者は今回が2度目の対戦で、昨年のシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)準決勝では、錦織がストレートで敗れている。

これまで「ATPマスターズ1000」2大会でタイトルを獲得している20歳のズベレフは、今年2月のアビエルト・ メキシコ・テルセル(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)で4強入り。3月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)では、決勝でJ・イズナー(アメリカ)に敗れるも準優勝を飾った。

今大会は、初戦の2回戦で世界ランク38位のG・ミュラー(ルクセンブルグ)、3回戦で同61位のJ・シュトルフ(ドイツ)、準々決勝で同34位のR・ガスケ(フランス)を破って大会初のベスト4進出を果たした。

続きを読む

【速報】錦織、ベテランのセッピにフルセットで勝利、ベスト8進出[男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 モンテカルロ] 《日清食品、日本、錦織圭》

「男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 モンテカルロ」(モナコ・モンテカルロ/4月15~22日/クレーコート)の5日目、3回戦で錦織圭(日本/日清食品)とアンドレアス・セッピ(イタリア)が対戦。6-0、2-6、6-3で錦織がフルセットの末に勝利をつかみ、ベスト8進出を決めた。試合時間は1時間46分。

第1セットでは錦織に、第2セットはセッピに流れが来ていたが、第3セットはお互いの力が正面からぶつかり合う展開となった。

第1ゲーム、錦織は序盤でセッピにリードされるが、粘りのプレーを見せてここをキープする。そして続く第2ゲームで錦織は0-40と3つのブレークポイントを得る。しかし、ここからセッピに5連続でポイントを奪われてキープされてしまった。

両者ともに一歩も譲らぬプレーを見せ、キープし合う展開が続く。そして第6ゲーム、錦織は強烈なクロスを決めて30-40としてブレークポイントを握ると、そのまま勢いに乗ってブレークに成功。第3セットで初めてのブレークとなった。

続く第7ゲーム、勢いに乗る錦織はバックハンドのエアKを見せてここをキープ。ゲームカウントを5-2とした。

第8ゲーム、セッピのサービスゲームで錦織は30-40とリードし、マッチポイントを迎える。しかし、長いラリーを粘ったセッピにデュースに持ち込まれる。そしてまたしても錦織のドロップショットがミスとなり、キープされてしまった。

迎えた第9ゲーム、錦織のサービング・フォー・ザ・マッチとなった。粘るセッピをバックのダウン・ザ・ラインで振り切った錦織は40-15とマッチポイントを迎える。最後はラリーの末にセッピのショットがベースラインをわずかに越えて6-3で第3セットを取り、6-0、2-6、6-3のフルセットで勝利をものにした。

勝利した錦織は準々決勝でマリン・チリッチ(クロアチア)と対戦する。チリッチは3回戦でミロシュ・ラオニッチ(カナダ)と対戦する予定だったが、ラオニッチが右膝の故障によって棄権、それによって不戦勝で準々決勝に進出している。

(テニスデイリー編集部)

※写真は昨年の「全豪オープン」での錦織圭
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

続きを読む

『錦織、王者ナダル、ジョコビッチ、チリッチら16強出揃う<男子テニス>』 ~ 皆さんの反応まとめ

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は18日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク36位の錦織圭や第1シードのR・ナダル(スペイン)らベスト16が出揃った。

この日、錦織はフォアハンドが好調で、世界ランク49位で22歳のD・メドヴェデフ(ロシア)を7-5, 6-2のストレートで破り、2012年以来6年ぶり2度目のベスト16進出を果たした。3回戦では、同62位のA・セッピ(イタリア)と対戦する。

11度目のモンテカルロ・マスターズ制覇を狙う王者ナダルは世界ランク58位のA・ベデネ(スロベニア)に6-1, 6-3で快勝し、危なげなく16強入りを決めた。

第9シードで元世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)は世界ランク39位のB・チョリッチ(クロアチア)に終盤苦戦したが、7-6 (7-2), 7-5のストレート勝ちをおさめた。3回戦では、第5シードのD・ティーム(オーストリア)と顔を合わせる。

その他では第2シードのM・チリッチ(クロアチア)、第11シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)、第14シードのM・ラオニッチ(カナダ)らも3回戦へ駒を進めた。第10シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)、第13シードのF・フォニーニ(イタリア)、第15シードのA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)は2回戦で敗退した。

続きを読む

錦織、今季クレー初戦白星!ベルディハに逆転勝ちで2回戦進出 《錦織圭、シングルス、モナコ・モンテカルロ》

 男子テニスのマスターズ・モンテカルロ大会は16日、モナコ・モンテカルロで行われ、シングルス1回戦で世界ランキング36位の錦織圭(28=日清食品)は同18位で第12シードのトマーシュ・ベルディハ(32=チェコ)と対戦。4―6、6―2、6―1で逆転勝ちし、2回戦へ駒を進めた。

 錦織は第1セット、いきなり第2ゲームで先にブレークを許す苦しい展開。それでも第6、8ゲームをラブゲームでキープしてリズムを取り戻すと、第9ゲームで相手のミスを誘ってブレークバックに成功した。しかし続く第10ゲームを再びブレークされ、4―6で第1セットを先取された。

 第2セットは、ベルディハのミスに乗じて第5ゲームで先にブレークに成功したが、直後に右手を気にしてトレーナーを呼ぶ場面も。それでも第7ゲームもブレークして波に乗り、続く第8ゲームはきっちりキープして5ゲーム連取でセットカウント1―1とした。

 第3ゲームは完全に錦織のペース。3度のブレークを奪って6―1であっさりものにし、フルセットの戦いを制した。錦織は試合後、「出だしの良さはなかったが、2セット目からラケットが振れ出してバックが特に良かった。クレーの戦いに体がついていかないところもあり、フォアが打てなかったがバックだけで勝てた」と振り返り、右手首については「様子を見ながらやっていく」とした。

 昨年8月に右手首を痛め、今年1月に実戦復帰、2月にはツアー大会復帰を果たした錦織。5月27日開幕の全仏オープンへ向け、今大会は全仏と同じクレーの今季初戦だった。

続きを読む

錦織、試合当日 風邪による体調不良で棄権 BNPパリバ・オープン<男子テニス> 「出場、第22シード、ツイッター」

男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、 ハード、ATP1000)は11日にツイッターで、第22シードで出場予定だった錦織圭が風邪による体調不良で棄権すると発表した。

ツイッターには「まだ試合に出れるほど強くはない。本当に申し訳ありません。来年戻ってくることを本当に楽しみにしています」 と錦織のコメントが掲載されている。

錦織は初戦で世界ランク47位のL・メイヤー(アルゼンチン)と対戦する予定だった。錦織の代わりに、ラッキールーザーでR・ベーメルマンス(ベルギー)が本戦入りした。

28歳の錦織はBNPパリバ・オープンで2016・2017年にベスト8へ進出していた。

右手首のけがでツアーを離れていた錦織は、今年2月のRBCテニスチャンピオンシップス・ オブ・ダラス(アメリカ/ダラス、室内ハード、ATPチャレンジャー)で復帰後初優勝。ツアー復帰戦のニューヨーク・オープン(アメリカ/ニューヨーク、室内ハード、ATP250)でベスト4進出、アビエルト・ メキシコ・テルセル(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)では1回戦でD・シャポバロフ(カナダ)に敗れた。

その他の日本勢では予選勝者のダニエル太郎が2回戦で第10シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。杉田祐一と西岡良仁は初戦で敗れた。

続きを読む

錦織、復帰後初V王手!世界234位にストレート勝ちで決勝進出 「日清食品、錦織圭、男子テニス」

 右手首のケガから5カ月ぶりの復帰を果たした男子テニスの錦織圭(28=日清食品)が2日(日本時間3日)、米テキサス州ダラスで行われたツアー下部大会のダラス・チャレンジャー準決勝で、世界234位の荘吉生(28=台湾)と対戦。6―4、6―4でストレート勝ちし、復帰2戦目での優勝に王手を懸けた。

 第1セット、最初のサービスゲームだった第2ゲームでいきなりブレークを許した錦織だったが、すぐに第3ゲームでブレークバック。第7ゲームをブレークしてリードしながら、第8ゲームでブレークされたが、第9ゲームで3度目のブレーク。6―4で押し切った。

 第2セットは互いにサービスゲームをキープして迎えた第7ゲームで、錦織がストローク戦を制して先にブレークに成功。そのまま押し切ってストレート勝ちを収め、決勝進出を決めた。

 錦織は昨年8月、右手首の故障を理由にマネジメント会社が年内全休を発表。今年1月23日のニューポート・チャレンジャー1回戦で実戦復帰した際にはデニス・ノビコフ(24=米国)に敗れたが、今大会1回戦での再戦でストレート勝ちを収め、リベンジを果たした。その後ティアス・バッヒンガー(30=ドイツ)、ドミニク・ケプファー(23=ドイツ)を下して順当に4強に進んでいた。

 ▼錦織圭の話 日に日にプレーは良くなっている。サーブだったり、フォアだったり、いいショットも出始めている。(決勝は)今日以上のプレーができないと勝てない相手。頑張りたい。

続きを読む